勇気づけのカウンターを持つだけで、あなたの子どもへの接し方は劇的に変化する!

今日は「カウンター」を用いた取り組みについてのお話しです。

これは僕自身が岩瀬先生の取り組みを参考にして始めた実践でもあります。

青ちゃん

効果大なので、ぜひ試してみてください!

 

注意
この記事は過去記事をリライトしたものです!

 

 

 

準備するもの

 

「勇気づけのカウンター 」と呼んでいるこのカウンターをポケットにいれて教室に向かうだけです。

 

参考 プラス カウンターAmazon

 

注意
ポケットの中に入れて使うと、自然とできます。

ちなみに僕の昨日の服装は、パタゴニアのバギーズなので、ゆるーいものをはいています。だいたいアウトドアのだらしなくないものをはいているので、このカウンターも入るのかと思います。スキニーパンツとかをはいている人は苦しいですし、子どもにもばれます。

 

 

100円均一にもありますよ。100円で準備完了です。

 

何をするのか

 


僕はもちものをなるべくシンプルにしたいんです。クリップを試したところ、だいぶポケットの中が散らかっちゃいました。散らかっちゃうといらいらしてしまう「視覚優位」の人の特徴です。カウンターを購入して試してみました。

 

青ちゃん

これが大当たりでした!

 

かちって音がするのが気持ちいい。

 

それが「励ませた、ポジティブに接することができた」という実感につながって、愛用しています。今年度はこれまで使いませんでしたが、自分の行動が荒くなってくる時期に、使うと効果が大きい。一つの修行だと思って取り組んでいます。

 

 

どんな効果があるか

 

様々な効果があると思っています。

 

ポジティブがポジティブを引っ張る

 


昨日は座席表へのメモがほぼ全員埋まった。こんなことは今年に入って初めて。

ポジティブはポジティブを生むんだ。

自分の目の前にあるフィルターがポジティブを捉えるように変えてくれるのがこのカウンター。ネガティブに反応ばかりしていると、ネガティブを見るフィルターがかかっちゃう。人間なんて誰しもこのフィルター越しに事実を捉えている。でも僕らはフィルターを少しずつ変えていける。

そういう機会を与えてくれるのがこのカウンターだと思っています。

 

抑止機能・変換機能

 


ぐぐっと我慢して、どう言ったらいいか、態度や言葉を換えられるんですね。この効果もぼくにとっては大きい。

 

ネガティブな反応をしちゃう前に、自分の中の声に気づける。カウンターを持つことで、どうすればポジティブに変えられるか…大切にするようになるんです。

 

他の実践にも波及

 

 

 

aosenn.hatenablog.com

 


ポジティブは本当にポジティブを引き寄せるんだ。その日のうちに保護者にもフィードバックしていきたい。自然とできるまでカウンター持つぞ。

ぜひぜひお試しください。100円均一に行くか、Amazonでぽちっとすれば月曜日から始められますよ。

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください