首藤久義先生を招いての学びの会、満員御礼です!!

おはようございます。

 

すごい企画が実現しました。

ボクが仲間と作っている学びの場の第61回のゲストが首藤久義先生です!

 


申し込みはこちらから!

 

参考 育つのは自分 ~プロジェクトベースの国語学習から考える~ 2018年10月28日(神奈川県) こくちーずプロ(告知'sプロ)

 

首藤先生ってどんな人?

告知ーず画像より

 

首藤久義先生 千葉大学名誉教授

国語研究のスペシャリストです。

 

著書に

created by Rinker
¥3,200 (2018/12/17 02:56:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,132 (2018/12/17 02:56:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,240 (2018/12/17 02:56:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

その他にも漢字辞典をたくさん手がけておられる方です。光村の教科書の編集委員でもあります。

 

初めて使う漢字辞典は我が家にもあり、年長の娘が最近使い始めました。楽しそうに読んでいます。

 

ゴリさんもブログで言及されていました!

参考 すごい漢字字典が発売された! 速報パート1 いわせんの仕事部屋

 

そんな首藤先生、ボクも初めてお会いします!

SuperMerrily / Pixabay

 

ボクも初対面です。たくさんのことを学びたいなぁと思っています。

 

「育つのは自分。育てるのも自分。教師が育てるのでもなく、親が育てるのでもない、というのが、私の教育観です。」

「その学習者に惚れなければ、その人への学習支援はできない。その人に嫌われたら、さっさとあきらめなければいけない。」

「出会いがすべて。別れがすべて。それが人生。それが学び。」

「成長のペースを決めるのは本人、大人はあとについて支援する。」

(首藤久義 ひさほたるの共育論より)

 

告知ーずの文面にも載っていますが、この文章を読んだだけでワクワクしませんか。漢字辞典や光村の編集委員を務めていながら、学びに関する視点に、すごい柔らかさを感じるんです。

 

また、首藤先生のライフヒストリーが興味深いと、事前に打ち合わせをさせてもらった仲間が話してくれました。

 

これは当日のお楽しみ!

 

 

主催している仲間との会について

 

あるといいながある横浜share`sについて

 

2012年から活動。次回は61回目にあたります。ガチガチの組織ありきの研究会に頼らずとも、ネットにも多数の学びの場が存在する近年。お互いの強みを持つ心強い仲間と、たくさんの学びの会を開いてきました。

時には、年間を通してブッククラブをやった年も、時には異職種の友人を招いて学んだ年も。

昨年は「リフレクション」をテーマに、上條晴夫先生や、町支大佑先生をお招きして、学びの場をつくってきました。

 

仲間とともに創る学び場「あるある会」3月はこちらの企画! リフレクションのリフレクション!上條先生と仲間との濃い1年を振り返る

 

 

今年のテーマは「研修室を抜け出そう」キャンプしたり、オンラインでやったり、色々実験しています。

 

そんな今年の特別企画、研修室に戻って(笑)でも、心は研修室を抜け出して、柔らかく学べる場を作れたらと思っています。

 

子連れOK!アットホームな学びの場です!

 

残席4ぜひぜひお待ちしております。

 

参考 育つのは自分 ~プロジェクトベースの国語学習から考える~ 2018年10月28日(神奈川県) こくちーずプロ(告知'sプロ)

 

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください