仮想通貨「ビットコイン」「ブロックチェーン」って何?に答える一冊。

おはようございます。

 

わからないことについて、新たな知識を得て学んでいくことって非常に僕にとっては楽しいことです。

今日はこの一冊についてです。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-03-24)
売り上げランキング: 70

 

ビットコインとは?

 

僕は主に投機対象のコインなのかと勘違いしていましたが、ビットコインというのは、様々な要素をもった通過であることがわかります。

 

そしてそれについては、ネットワークに参加している人たちがお互いに承認し合うシステムを取っていることも大きな特徴と言えます。

 

 

青ちゃん

今までの通貨の発送とは全く違う3点の特徴を持っているんだね。

 

僕らがビットコインを使うメリットは?

 

海外送金の手段としての利用が挙げられます。

 

銀行等の金融機関が担ってきた部分が大きいここら辺のこと。ただ同時にしがらみが強く、手数料等、利用者の負担となっていることが少なくはありません。

そのあたりにビットコインの技術が入っていこうとしているんだなというのがよくわかります。

 

青ちゃん

これからもまだまだ伸びるといわれている根拠がここにあるんだね!

 

 

 

ビットコインへの信用

 

 

 

ビットコインへの信用は次の3つによって保たれています。

  1. 誰も偽造・改変できないはず
  2. 特定の国や企業の思惑に左右されない
  3. 有限であること

このあたりは、過去にあった取引所の閉鎖等の事例も出しながらくわしく説明されています。本を読むと本当によくわかりますよ。それを担うのが次のブロックチェーンと言われる技術です。

 

ブロックチェーンという技術

 

 

この過去の取引については、遡ってみることはできるけど、全てつながっているため、一つでもどこかを修正したりした場合、即座にわかるような仕組みになっているということです。

ブロックチェーンがなんたるかを知っておかないとわからないことが非常に多いですね。

 

これからの使われ方

 


この本には他にもイーサリアム等の技術の中身についても詳しく説明がされています。

僕らが理不尽だ、ややこしいと感じていた、金融機関を中心とするあらゆる面において、仮想通貨という技術が入ることによって、社会的な革新が進んでいくということがよくわかりました。

 

これからもこの市場が伸びていくゆえんはここにあるのでしょう。単に海外送金の手段としてだけでは無く、他のコインは他の分野についたエキスパートとして伸びていくのだと思います。

だからこそ、投機の際には、何についてのコインなのか、どういう技術を持っているのか、英語で書いてあるホワイトペーパーを読む必要があるということか…

 

注意
この本はちょうど一年前に書かれたものなので、それ以降更に情報は更新されているものと思われます。

 

ここについては、ちゃんと勉強しておかないと…

相対して価値が下がっているとも言える日本円をため込んでいるだけでは苦しくなると思われます。

 

青ちゃん

これからも、たくさんの勉強が必要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です