2018年のブログを振り返ろう。アクセストップ5もご紹介!

おはようございます。

ついに大晦日ですね。ボクは今日は「ボヘミアン・ラプソディ」観てきます!

 

 

さて、2018年も最終日ということで、今年の1月1日からスタートしたこのブログを振り返っていきたいと思います。

 

2018年アクセスランキングベスト5!

janjf93 / Pixabay

 

さて1年間のアクセスランキングを軽いコメントとともに振り返っていこうと思います。

 

第5位 2071pv

 

運動会が近い今、先生のリレー指導の仕方を確認しよう

 

総アクセス数は2701です。

こちらは運動会シーズンの5月、9月にとてもよく読まれています。来年度以降もこのペースが続くようにリライトもしていきましょう。ただ、ボクはリレー指導からは外れそうな気がします。

 

 

第4位 4046pv

 

学級目標・クラス目標のつくり方

 

総アクセス数は、4046pvです。

3月から5月にかけてよく読まれました。書く書く詐欺になっている今年度の学級目標についても、ちゃんと記事にしていきます。

 

 

 

第3位 4660pv

 

運動会演技「南中ソーラン」の指導法、振り付けはこうだ!

 

総アクセス数は4660PVです。

 

これもリレーと同様、5月と9月に非常によく読まれました。ソーランの手描きの演技図入れてから、さらに伸びた感じです。検索では、「南中ソーラン」でYoutubeの次、ブログではトップで出てくるのも強みかな。

こうやって誰かのお役に立てているなら、非常に嬉しいことです。

 

 

第2位 4758pv

 

先生は手帳をどう使う?その歴史と「ほぼ日手帳カズン」の使い方をご紹介!!!

 

こちらは1年を通して人気の記事です。特に10月からはよく読まれました。ほぼ日のカズンだけではなく、ボクの手帳の歴史も入っています。どれだけこだわってきたか…文具や手帳が好きなボクのこだわりが詰まった記事です。ぜひぜひ読んでみてください!

 

 

第1位 7264pv

 

断トツですね!

先生は手帳をどう使う?「ほぼ日weeks MEGA」使い方編

 

他に大差をつけて勝利です!

「weeksMEGA 使い方」で検索1位を獲得しています。

きっとビジネスマンの方などにも読まれているのでしょう。先生からの支持も厚い記事だと思っています。

 

今年度の手帳へのこだわりが詰まっています。

 

1位、2位は手帳の記事なのね!

まーくん

あお先生

そうそう、2019年は先生の記事で、トップを獲りたいね!

 

 

継続は力なり!

 

PV数については夏以降、右肩上がりとまではいきませんが、だいぶ伸ばすことができました。記事を書き続けてきたことで、少しずつGoogleさんの信用も得ているようです。

 

 

訪問者50000人というのが嬉しいですね。160記事を書くことができました。

 


およそ2日に1回ペースで記事を書くことができました。

実際は毎日書いています。

ただ1記事にかかる時間は平均して50分ほどなので、50分を使って一気に書くことはしません。2日目に1日目の下書き記事を読み直し、直す箇所も多く見つかるという利点もあります。1日に30分以上ブログに割くのは、専業でもないのでできないことです。できないことはしない、それが大前提としてあるんです。

 

あお先生

さて、ここまではPV数を中心に見てきました。次は、ボクの内面での変化です。

 

 

 

読者とつながれること

cocoparisienne / Pixabay

 

ボクが嬉しかったのは、Watcha TOKYOでも、Otchaでもかけられた「ブログ読んでます!」の一言でした。

 

「卒業文集についての記事が助かった」と言ってくださる方がいたのも本当に嬉しかった。

 

こういうのはきっとボクのルーツによるものだと思います。初任の時に苦労したこと、だから最初は大学での教師教育の分野に憧れを持ちました。

ただ、そこまでの力はなかった。どうにかして学校の外にいる若手の先生を助けられないか。そこにボクの得意なことを絡めて…

そんな思いで閃いたのがブログでした。ボクは教員としては珍しい部類に入る理系の人間です。

 

その辺りのことは、こちらに詳しく書きました!

ボクが先生になったわけ あお先生のプロフィールを紹介します!

 

そうやって自分の得意なことを使って、書き連ねるうちに、2017年のはてなブログにはなかったつながりが生まれました。色々な場で「読んでるよー!」と言ってもらえるようになったのです。

 

遠くの先生のお役に立てていることが本当に嬉しかった。

 

そんなボクにあった貢献の仕方を実行できた…それが今年の一番の成果です。

 

テクノロジーを使ってデザインする楽しさ

kreatikar / Pixabay

 

他の人にはない感覚だと思っています。

ボク自身がブログに対して持っている感覚…それはデザインすることが楽しいんです。

 

自分が書いたことが、Web上で形になって現れる、それが喜びなんですよね。

「先生だったら内容にこだわれ!」「ブログって思考を整理する場」なんて言われることもあるでしょう。でもボクにとってはデザインして何かを伝える場なんですよね。

 

単純にPCに触れたかった高校生の頃、漠然とこういう仕事に就くのだと考えていました。その頃、楽しいと感じていた原体験はどこにあるのでしょうか。ボク自身、本当にMacbookに触れているのが好きなんですよね。

 

先生の仕事、本当にむいているの(笑)??

まーくん

 

ボクにもわかりません。ボクの妹はアパレルやったりWEBデザインやったりしています。そんな妹に話を聞くと、ボクの適正ってなんだろうなぁって思ってしまうほどです。

 

単純にDesignされていくのが楽しい。そうやってデジタルで創っていくことはボクにとってのやりがいでもありました。

 

ブログはオワコン?名刺がわりにもなる資産づくり

 

イケハヤさんの指摘は示唆に富んでいます。

結局ブログって一方向のコミュニティしか生むことができていませんから。これから来るであろう動画の文化、そしてあらゆる生活の中のモノにまでネットが繋がることで、ライブストリーミングも爆発的に普及してくのだと思います。

 

でもそこでブログが消えるのでしょうか??文字の文化が廃れていくのでしょうか??

そこは正直わかりません。

 

ボク自身も2019年、どのような活動をしているのかはまだ不明瞭です。少なくとも先生を続けながら、できることをしているというのが今のところの予想ですが…

 

ただ、2018年のこの一年間、ブログを書くことでボクにとってはそれが名刺代わりになり、多くの人と繋がることができました。

そんなことができるようになったのも、「ブログ」でつながったふたせんさんに、WatchaTOKYOに誘われたからです。ふたせんさんには、感謝しても感謝しきれません。

 

ブログ単体では、これからコミュニティも生まれず、オンラインサロン等にのまれていくでしょう。でもそれを通じて人とのつながりは確実に生まれています。

 

2018年、一年間書き続けてきたブログ、多くの方に読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

2019年も「未来を担う子どもたちが生き生きとする社会を創る」をミッションに、大事な人たちと共にワクワクすることを仕掛けていきます。

 

これからもよろしくお願いします!

まーくん

 

あお先生

それでは良いお年をお過ごしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください