【保存版】2018夏休みに読んだ本

おはようございます。昨日の水泳大会、感動しました!

 

 

さて、今日は夏休みに実際に読んだ本をご紹介!

 

読む前と比べて、予定変更、たくさんありました(笑)読む前に書いた記事はこちら!

 

 

それでは一気に17冊、どうぞ!

 

 

1冊目〜8冊目

StockSnap / Pixabay

 

1冊目

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
学び
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

職場の効率アップにつながった一冊でした!

 

2冊目

 

評価
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(5.0)
学び
(5.0)
総合評価
(5.0)

 

 

 

今後の生き方を考える上でもかなり参考になった一冊。

 

3冊目

評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(5.0)
学び
(5.0)
総合評価
(5.0)

徹底して個に応じる社長の姿があった。ボクもここまで徹底したい!こんな会社で働きたいなぁと思った。

 

4冊目が見つからず…何読んだっけ?

 

5冊目

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
学び
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

教室に置きたい一冊。これはいい。メンタリティという側面でも、伝えたいことが本にまとまっている。クラスの保護者がオススメしてくれた一冊でした。

 

 

6冊目

 

評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.0)
学び
(3.0)
総合評価
(3.0)

 

これはこれで良かったです。でもこっちの方がオススメ。

 

うちの奥さんもはまっています!

 

7冊目

 

評価
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.5)
学び
(5.0)
総合評価
(4.5)

こちらは記事も書きました。

 

教室に早速置きたい素敵な一冊でしたよ!

 

8冊目

 

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
学び
(5.0)
総合評価
(5.0)

有名な著者の方と聞きましたが、ボクは今回初めて触れることができました。非常に学びが深かったです。

 

9〜17冊目

 

続いて後半の本たちです。

 

9冊目

 

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
学び
(3.0)
総合評価
(4.0)

 

池井戸さんの作品はkindleで読めるのがいいですね。下巻と言われる次の作品につながる展開ですが、これまた楽しみ。

 

 

10冊目

 

 

評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
学び
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

ライフハックはボクが外のことを学び始めた原点でもあります。それによって新たな出会いがあったり、学びが深まったり、今でもこの分野のことを学ぶのは、自分が好きなんです。

 

2000年代にできた造語である「ライフハック」もそろそろ一区切りなのかもしれません。

 

11冊目

 

 

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
学び
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

さすが本屋大賞!伏線の回収は見事。それをこういう「不登校」を題材とした物語にまとめるところもさすがです。とても楽しかった!

 

12冊目

 

 

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
学び
(3.0)
総合評価
(4.0)

 

 

町の図書館で出会った一冊。大好きな松浦弥太郎さんの本。

 

 

13冊目

 

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
学び
(3.0)
総合評価
(4.5)

 

サクッと読める短編集。うん、読みやすく、楽しかった。

 

14冊目

 

 

評価
読みやすさ
(3.0)
面白さ
(4.0)
学び
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

単純にここまでできたらいいなぁという憧れを感じました。学級通信のネタ本としてもかなり有益。素晴らしい一冊です。

 

 

15冊目

 

 

評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
学び
(5.0)
総合評価
(5.0)

 

素晴らしい一冊でした。本屋で手に取った一冊。もっと早く出会いたかった。児童養護施設が舞台なんだけど、ぼくらの仕事に通じること、そして知らない考え方、捉え、そして実話だった…

 

出会えてよかった一冊。

 

16冊目

 

 

評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
学び
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

翻訳の仕方?なのだろうか。このシリーズ期待値が高いからか、ちょっと…なんです。なんでだろう。イエナプランのこと全く知らない方が読んだら、かなり学びになるのかも。基本的なことが学べる本。

 

17冊目

 

 

評価
読みやすさ
(2.0)
面白さ
(3.0)
学び
(4.0)
総合評価
(3.0)

 

大本命だったのですが、そこまで響かなかった。でもまた改めて再読したい。未来に必要な時に。

 

夏に読んだ本ベスト3

 

あお先生

この中でベスト3に輝くのは??

 

第3位

 

 

 

 

 

物語としての完成度が高く、読み応えがありました。6年生なら読めるかも。

 

 

一気に読み進めていたもんね。

まーくん

 

第2位

 

 

 

 

 

こちらも学ぶところが多かったです。再読候補!

 

 

Twitterのつぶやきへの反響も大きかった!

まーくん

 

 

第1位

 

 

 

 

この一冊!先生必読の一冊ですよ!

 

 

本屋での偶然の出会いが嬉しかったね。

まーくん

 

 

まとめ

naobim / Pixabay

 

 

冊数を競っているわけじゃありませんが、過去では一番読んだとしかもしれません。子育てしながらこれくらいの本を読めるのは夏休みのありがたさ。

 

でも、普段からこれくらい読んでいきたいものです。

 

また、ベスト3が全部電子書籍ではない!というのがびっくりしました。

実物の本から学ぶことが最近多い気がします。それはただ単に読みたいと心から思う本が電子書籍にない場合に、紙の本を買ってるからかもしれません。ただ全部電子書籍に向かっていくかもしれないという流れは、しるし書店やメルカリの登場で少し変わっていくかもしれませんね。

 

さて、夏休みに読んだ本、いかがだったでしょうか?

 

読み終わった本は次のようにまとめていますので、よかったらご一読ください!

 

 

 

あお先生

それでは良い一日を!

 

読書についてのまとめページはこちら!

先生として影響を受けた本の数々 まとめページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください