先生をしているヒミツキチ森学園はこちら!

教員から退職・転職したいと悩む人へ まとめ

3 min 241 views
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おはようございます。
花粉症からの打撃で布団に入って10秒しないうちに寝落ちするあお@aosennです。

さて、今日は「教員からの転職・退職まとめ」記事です。

読んでほしい
  • 教員という仕事に疑問を持っている先生
  • 別の生き方を考える可能性を探りたい先生
  • 先生を続けながら、新しい働き方を考えたい先生
この記事の信用性
  • ボク自身が教員から転職をして今を豊かに生きている
  • 先生を続けながら新しい働き方を模索している仲間が多い
あお

あお

では早速いってみましょう!

15年の教員生活、幸せだった家族がいる男の転職理由

まずは、ボク自身の転職理由です。

最初に伝えたいことは、ネガティブな気持ちで飛び出したわけではないということ。教員という仕事にやりがいを感じ、学年の先生たちとも一緒に働く楽しさがあった。若い先生が増えてきて、それなりに大事なことを伝えながら、学校の中に貢献している感覚があったんです。

じゃ、どうして??

まーくん

まーくん

あお

あお

そのことが、この記事を読むと書かれているよ!

難しいと言われる教員からの転職を可能にしたブログ

ボクは、ブログの力で転職したといっても過言ではありません!!

えーそんなことが可能なの!?

まーくん

まーくん

あお

あお

はい、結果的にブログを書き続けていたことが今の生き方につながっているんです。

2018年から継続しているこのブログも3年を経過しました。書いた記事は500本ほど。

安定して多くの方に知っていただけるようになりました。

名刺がわりになればと思いスタートしたこのブログですが、本当に名刺がわりになり、

ブログ読んでいます!!

と声をかけられることが大変多くなりました。

あお

あお

本当に、ありがとうございます!

これがどうつながったか、この記事を読むとわかります。ぜひぜひ!

転職したい教員が登録!サイト・エージェント

次に、転職の際に使用したサイト・エージェントについて記事にまとめたこちらをぜひご覧ください。

転職サイトをフル活用しての転職ってわけではありませんでしたが、自分の可能性を広げる上でも、一歩目として登録をおすすめします。

サイトに登録して、エージェントに話を聞くこと

  • 自分の市場価値がわかる
  • 興味関心を持ってもらえる企業がわかる

こんな利点があります。

今までなんとなく描いていた転職に関するイメージがよりくっきりしてくる感じです。

さらに転職エージェントの方に添削してもらいながら書いた職務経歴書はこちらです!

ボクの体験談もこちらに載せてありますので、ぜひどうぞ!

教員から退職・転職したいと願った3人の体験談

ここでは、ボクも含めた3人の体験談をご紹介します。

同時期に退職した3人。今でも先生を続けながら必死に学び続け、自分の生き方をつくっていっています。

ずっと一緒に学んできた仲間だったんだよねー!

まーくん

まーくん

心から尊敬する二人が、転職してどうだったかも書いてありますので、ぜひぜひお読みいただければと思います。

あお

あお

先生をしながら転職をする三者三様がよく伝わりますよ!

こちらもどうぞ!

転職・退職したいけど、後悔はあるの?

こちらに今のこと、本心から書かせてもらいました。

体験談の記事と併せて読むといいかと思います。

後悔するかは気になるところですよね。

でもそうではなくて、本当に大切なことは?という問いに答えるように記事にしています。

ボクもいろんな不安定さの中で、転職を決断しました

その葛藤を読んでもらえればと思います。

教員から退職・転職したいと願う方へ

ボクの場合は転職の要素が大きいと思います。

実質的に、ヒミツキチ森学園というオルタナティブスクールに先生の場を移したとも言えるからです。

退職・転職したいと願う前に、今の仕事、本当にめいいっぱいやりきりましたか??

ボクは15年という日々の中で、試行錯誤も続け、苦しい思いも楽しい思いもいっぱいさせてもらっての決断でした。

  • 前向きに新しい世界へ飛び出すこと
  • ネガティブな理由でしないこと

この2つが、もし公立現場を辞めるとしたら…そう考える自分に課したルールで、その強い気持ちを持って教員の日々を過ごしていました。

今から5年前の話です。

  • 本当に自分にとってプラスになる決断なのか
  • 自分自身の手は打ち尽くしたのか

自分と向き合う時間が増え、惑うからこそ、あなたはこの記事にたどり着いているのだと思います。

これらを考えながら、ちょっとずつ行動をしてみてはどうでしょうか?

最後にどれか一記事を勧めるのなら、自分の可能性を考えられる教員が登録したい転職サイト・サービス・エージェントって? をおすすめします。

迷ったら、コンタクトフォームから連絡をください。何かの力になれればと思います。

あお

あお

それでは、今日も良い1日を!

併せて読んでほしい記事はこちら!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください