イラストを学ぶ1冊、みちを学ぶ楽しさがある

おはようございます。昨日は、ふたせんさんオススメのしゃぶ葉にいってきました!

 

青ちゃん

サイコーでした。

 

参考

しゃぶ葉ヘビーユーザーな3つの理由 【たまにはファミリー向け】 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

 

 

さてさて、たっぷりと眠った後は、「みち」に挑戦している話。

今日もイラストの話です。

 

いい一冊に出会えました。

 

 

こちらの本を、おとといの飲み会の前に買ったので、昨日はそれで娘と練習していました。

 

 

程よく描く楽しさがだんだん生まれてきました。

 

1日1つ描いてみよう

 

これはぜひ実践して行こうと思います。一日1つ描いていく事。

そこでは一つのものを角度を変えて描いていきます。横から見た図、上から見た図…そういう練習をすると、いずれそれが統合されて絵が描けるようになる…

 

まずは試してみようと思います!

 

何よりもやってみること。大事にします。

 

 

線の方向にまでこだわる

 

今までの自分は、○ならいつも同じ方向で描いていました。でもそうではなくて、線の方向にまでこだわって描いていくことが大切です。

 

いつもと線の方向を逆にすると、それだけで脳は「あれっ?」って違和感を覚えます。でもこの違和感が今は心地よくて、いつもと違う線が生まれてきます。

 

あぁこうやって絵を描くことで、たくさんの気づきがあるんだなぁというのがわかりました。

 

ボクはスポーツ一本でやってきた男なので、こういう気づきが楽しい。

 

ポップの文字に変化を

 

これは板書にもノートにも通信にも役立つこと。

 

見出しの文字だけ他と変えるようにするということ。

 

これだけで変化が生まれます。ボクが昨日学んだことを手帳に書いてみたのですが…

 

 

これだけで、読みやすくなっているのがわかります。

 

見出しの文字をちょっとこだわって変えてあげると、きっと板書もわかりやすくなる。文字の書き方を変えていくこと、やってみようと思います。

 

オススメのペン

 

これはこの本読んでのお楽しみです。

 

色々買ってみようと思います。

 

U先生が色々とボクに紹介してくれたペンを始め、色々と試している段階です。ボクがサイコーだ!と思えるペンに出会えるように、久々の文具熱が発動中。

netmaru / Pixabay

 

文具好きなんですよ、1万円するペンとか使っていました。

 

絵を描くってこと自体の先生は妻と娘、共通の趣味ができて嬉しいです。

 

学級通信も無理せず、とりあえず4号までは描けました。それだけで描く楽しさ、感じる事ができています。

 

一歩ずつ挑戦してきます。

 

青ちゃん

それでは良い休日を!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です