先生のEvernoteの使い方・活用法を大公開!

3 min 7 views
あお

あお

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する15年目の小学校教諭|子育てしてる先生なのに、ブログ書き続けて800日、月90000pv達成|今年度は育児を優先した働き方をしています|

FOLLOW

おはようございます。昨日はぐっすり眠れた「あお@aosenn」です。

やはり昼寝の長さが睡眠の質に影響するため、30分以内にしようって思います。

さて、前回イチタカさんとお話ししていた時に出てきた話題から、今日はEvernoteの話をしたいと思います。

皆さんはEvernote、どのようにお使いですか??

Evernote

無料
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ

ボクはもう8年前ぐらいから使用していて、様々な情報がこの中に集まっています。情報が入っている大きな箱という印象。このアプリがなければ生きていくことができません!

どのように活用しているかをお話ししていきたいと思います。

Evernoteは情報が集まってくる箱だ!

Evernoteに集まってくる情報は次のようなものです。

Twitter

無料
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ

ツイログにて、Evernoteへ送られる設定になっています。自動的に、自分のTweetやファボを貯めていくことができます。

Sylfeed

240円
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ

RSSを集めたものです。このアプリはFeedlyを利用しているのですが、たくさんのブログを一気に見ることができて、大変便利です。タイトルを見て仕分けしてから、目を通している中で、必要なものはEvernoteに送っています。

Taskuma --TaskChute for iPhone

3,600円
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ

ボクの中では定番のタスク管理。こちらは今日のログをEvernoteへ送る仕組みがあるので、それによって送信しています。

たすくまについてはこちら!

[card2 id=”652″]

Moneytree 家計簿より楽チン

無料
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ

家計簿も1ヵ月分のデータを送るようにしています。他の月と比べるなど、出費を抑え、お金について考える機会を与えてくれます。

さらに、読書記録については、直接打ち込むことが多いです。またメモアプリに記録して写すこともあります。

kindleだとハイライトしたページが次のページまとまっていきます。

[sanko href=”https://read.amazon.co.jp/kp/notebook” target=”_blank” title=”Kindle: メモとハイライト” site=”Kindle”]

それをEvernoteに送るようにしています。

また、紙のデータはScansnapを使ってデータ化しています。テストの答えなどもScanすることで便利に活用ができます。

こちらはかなり高額でしたが、大活躍していますね。

created by Rinker
富士通
¥49,800 (2020/03/31 08:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

最新版はこちら!

created by Rinker
ScanSnap
¥46,242 (2020/03/31 08:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

週次レビューでEvernoteを整える

週に一度集まってきたデータを整理して、次に活かす作業を行なっています。

週次レビューについては、こちら!

[card2 id=”909″]

時間はだいたい20分ほど。こちらはリネーム(ファイル名の変更)をしながら、大切な情報は手帳に書き写していきます。

リネームの際に行うのは次のことです。

[list class=”ol-circle li-pastelbc shadow nobdr strong main-bc-before”]

  1. ファイルの頭に日付をつける
  2. ノートブックに移動させる

[/list]

普段のPC内もそうなんですが、ファイルの日付は6桁でつけています。

今日だったら、「180807」。これをすることによって、簡単にいつ作ったファイルなのかがわかります。

初任者の頃から作ったファイルには日付を入れる、ことを続けてきたので、習慣になっています。この作業は大事ですね。

ノートブックは、それぞれ分かれています。しかしながらこれを次のような分類に変えようと模索中です。

次の行動につながる Evernoteの分類を!

今読んでいる本にて考えていることです。

今までは情報を集める箱として考えてきたのですが、具体的な次の行動につなげにくいなと。やはり、行動につながってこないと集めた情報も無駄になってきてしまいます。次のような分類を考えています。

[list class=”li-chevron”]

  • Think Ever(実行)
  • Clip Ever (保存)
  • Project Ever(プロジェクト)
  • Archive Ever(アーカイブ)

[/list]

Think Everは実行するべきものです。ここにはあとで実行するもの、読むもの、買うもの、いく場所などをためていきます。わりかし短期的視点に沿って、次の行動に移すものです。

行動に移したものは、次のClip Everへ貯めていきます。

Clip Everは保管場所です。ログなども全てこちらへ貯めていきます。一定期間置いて、必要なものは残し、不要なものは、Archive Everへ引っ越します。

Project Everは長期的なプロジェクトです。必要なデータをまとめて置いておくものです。ある期間が過ぎるとClip Everへ移動します。

Archive Everはこの中のゴミ箱です。一定期間過ぎて不要なのが分かれば、完全に削除します。

こんな風に、情報の鮮度と内容で分類していくのです。こちらの本から学びました。

created by Rinker
¥817 (2020/03/31 08:50:36時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ 使い方は無限!

いかがだったでしょうか。

Evernote、ちなみにボクは3年契約でプレミアムメンバーになっています。資料内にも検索が及ぶので、オススメです。

ただ今日から使い始める方は、まずは普通のメンバーで十分です。情報を一元化して、どう活用していくか、Evernoteでスタートしてみてはいかがでしょうか。

[say]それでは良い一日を![/say]

あお

あお

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する15年目の小学校教諭|子育てしてる先生なのに、ブログ書き続けて800日、月90000pv達成|今年度は育児を優先した働き方をしています|

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください