なされるがまま保険に入るのはやめよう!マネーリテラシーを先生にも

4 min 163 views
プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おはようございます。

娘が運動会のリレー選手で頑張っている姿に感動した「あお@aosenn」です。それ以外にもいろいろなところ見ちゃうのが悪い先生のくせ(笑)

さて、今日は保険の話です。

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3642.png” name=”まーくん” from=”right”]保険?保健の授業の話ではなくて?[/say]

[say]今日は、自分にかける保険の方のお話なのです。[/say]

ボクは最初の10年ぐらいは、ずっと組合に勧められる保険に加入していました。しかしながら、アラフォーを迎え、いろいろなことを考慮して、考え直したんですね。

今日はそのことについてお話しいたします。

プロモーション上

組合ご推薦の保険からの脱退

上でも話した通り、組合推薦の保険にずっと加入をしていました。20代の頃の保険料は5000円以下だったのですが、最近になって5000円を上回るようになってきたのです。

よくよく考えてみると、5000円でも12ヶ月だと60000円。年60000円はなかなかの出費です。家の次にお金がかかるものなわけです。

また、この保険に入り続けると、50代の頃には月に2万円を支払うことになっていますので、他の保険についても考慮すべきだと思いました。

ではどうしたらいいか。

それについては、金額ベースの考えから脱却しなければいけないなぁと思いました。

保険について何が良くて何が必要じゃないのか、つまり、本当に必要な保険は何かを考える必要があったのです

https://i2.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?ssl=1あお先生

金額はその次でいこう、まずは何が自分にとって良い保険なのか学ぼうと決心しました!

保険についてよく学べたのは、この一冊!!

一冊では危険なので何冊も読んだり、セミナーに通ったりするべきかなぁと思ったのですが、マネーのことについては信頼できる人物がいたので、その方が紹介していないか検索していました。

その人物とは、小林亮平さん

このセミナーでもお世話になりました。

[card2 id=”5075″ target=”_blank”]

その小林さんが紹介する本は読んでみようと思ったのですが、そのうちの1冊が大ヒット!

こちらです。

この本は書き込みながら、今自分に必要な保険の形がよくわかるのです。

https://i2.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?ssl=1あお先生

ボクも書き込みながら読み込んで、よーくわかりました。

本当によくわかるので、どの保険が自分に必要か不要かを理解することができるんです。

今、加入している保険をご紹介

我が家では、ボクが亡くなると保険によって家のローンが全て無くなります。家の保険に加入してる分、死亡保険や医療保険は本当に少なくて済むことがわかりました。

2000万円プラスαで家族を助けることができます。

それ以外の保険はある程度の貯蓄があれば、制度をうまく活用して賄えることがわかりました。

さて、その中で加入している保険が次の2つです。

チューリッヒ保険 定期保険プレミアム

[sanko href=”https://www.zurichlife.co.jp/product/category_shibou” title=”チューリッヒ生命の死亡保険 | チューリッヒ生命” site=”取得できませんでした” target=”_blank” rel=”nofollow”]

現在、ボクが入った保険についてはお取り扱いがなく、「定期保険プレミアムDX」にまとめられています。

ライフネット生命 定期死亡保険(無配当・無解約返戻金型)「かぞくへの保険」

[sanko href=”https://www.lifenet-seimei.co.jp/product/life/?cid=GL_CP.002_GP.0012_LP.B_Appl.S_PC_GL071&argument=QVAPukPC&dmai=a5c8f56f0eb298&gclid=Cj0KCQjw5rbsBRCFARIsAGEYRwfm75OtK3vGDD_b91i9fkMIjS5Th3XzK7tJxmdN-DxdwTxHHxx8d4waAt_KEALw_wcB&gclsrc=aw.ds” title=”ライフネット生命の定期死亡保険「かぞくへの保険」保険内容の特長を解説” site=”ライフネット生命” target=”_blank” rel=”nofollow”]

こちらの二つになります。月々の保険料の支払いは合計で2500円ほどになります。

これで十分です。

どうしてこの2つでいいのかという金額的には2000万円を残すことで、家の保険と合わせて6000万円ほどを家族に残すことができます。だから、十分な額なんですね。

これ以上残してあげれば幸せは生まれますが、逆にいうと、今の幸せは生み出せないと思うのです。ボク自身も大きなチャレンジができないことにもつながってしまいます。

だからこそ、保険への知識と理解が必要なのです。

学校の先生こそマネーリテラシーが必要

保険について学ぶと色々なことがわかりました。

それによって固定費の削減につながりました。固定費の削減は自分が使える金額を増やすことにもつながります。

もちろんボクも現状に満足することなく学んでいきます。保証される金額は落としてもずっと保険代が変わらない保険でいくのか、今のように保証される金額を一定にするのかは難しいところですよね。

今入っている2つの保険は確実に保険料が上がっていくので、ここを考えているところです。

他にも参考になる記事もありますので、ネットで検索してみてくださいね!

[sanko href=”https://webshufu.com/high-cost-illness-insurance-2/” title=”教師や公務員に医療保険は不要!充実の福利厚生で医療費の自己負担はかなり安く済む” site=”保険” target=”_blank” rel=”nofollow”]

先生こそマネーリテラシーが必要だと思っています。

「学校では教えてくれないこと」に代表される保険。だからこそ、学校の先生は学ばなくていいのではなくて、学んでおきたいところ。

https://i2.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?ssl=1あお先生

こんなことも子どもたちに教えられたらいなぁ。

こちらはマネーリテラシーを知るのにオススメ!ボクも読んでいます。

[sanko href=”https://www.amazon.co.jp/s?k=%E9%87%91%E6%8C%81%E3%81%A1&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_2″ title=”Amazon.co.jp: 金持ち” site=”取得できませんでした” target=”_blank” rel=”nofollow”]

まとめ

今日のポイント
  • なすがままに保険に加入するのではなく、学べ!
  • 自分にあった必要十分な保険が存在する。
  • 先生こそマネーリテラシーをつけるべき!

いかがだったでしょうか。

ボク自身もさらに学んでいこうと思います。お金について勉強しておかないと、辛いことが待っていそうなので。

付き合い方が難しいですよね、お金って。

昨日書いたnoteはこちら!

[sanko href=”https://note.mu/aosen/n/n390911da6078″ title=”カンブリア宮殿 麹町中学校工藤校長の話を聞いて” site=”あお | 先生をアップデート” target=”_blank” rel=”nofollow”]

プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

カテゴリー:
クラファン挑戦中!

ボクが先生をしているヒミツキチ森学園はこんな学校です!

校舎も場所もここにいる人たちも、本当にステキな学園なんだね!

まーくん

まーくん

あお

あお

ここでグループリーダー(先生)として、過ごせて幸せです!
見学等でぜひ遊びに来てください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください