旅の終わりに考えること

おはようございます。

 

冠婚葬祭でお休みをいただいていました。そんな中、考えていること…言葉にしていきたいと思います。

 

この本の影響を受けていることが大きいです。

 

 

 

すごく素敵な本でした。

西村さんの言葉は、僕らの体の隅々に、エネルギーをくれるようで。ボクの体もエネルギー満タンです。

 

自分の持っているものを掛け算する

 

 

人が持っているものって、思っているより多いのかもしれません。

 

ボクにとっては、得意なことや好きなことは日を追うごとに増えていくばかり。。。そういう性格らしいので、それは自然に放っておくことにします。どんどん興味関心が湧いてくる。新しいことへのチャレンジを苦にしないタイプです。

 

小さく初めて、それをコツコツと続けることにも自信あり。そのための財産って次の通り。

 

  • スポーツ全般
  • 教育
  • ウクレレ
  • ヨガ
  • 自転車
  • Apple製品
  • タスク管理
  • アウトドア

 

そういったことの掛け算で自分にできることの価値を考えていきたいなぁって思っています。

 

1対1を35回

 

 

改めて、一人一人との対話や関係性で成り立っているクラスを創りたいんだなぁと実感。

 

ボクたちは、子どもたちをカテゴリーに分けることで、対応しやすくしている気がしています。高学年女子とか、自閉症気味とか、落ち着きがない男子とか…

でもそれってやっぱり先生側の都合

 

子どもたちって一人一人なんだよなぁって思います。

 

ありきたりだけど、1対35じゃなくて、1対1を35回。

 

ボクらが考えていかないといけないのは、そういう関係性なのだと思っています。

 

日常を丁寧に言葉にする

 


アシナガバチは窓の外へ飛んでいきました。

 

こういう日常って、なんかいいよなぁって思います。やけに記憶に残っていたりして。。。ボクも小学生の時に担任の先生がやってくれた、ハチのローリング、今でも覚えています。

 

 

丁寧に言葉にしていくこと。

 

心地よさと、違和感を。

 

毎日をしっかりと記録していくこと。ボクに必要なことのような気がします。

 

そのさきに、心地よさが待っているのかも。

 

青ちゃん

今日はそんなことを、子どもたちにゆっくり話してみたいと思います。どこまで伝わるかはわかりませんが。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください