子連れで春の登山、いくつかのポイントをご紹介するよ!

5 min 234 views
プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おめでとうございます!

年号が令和に変わりましたがあまり影響を受けていない「あお@aosenn」です。

 

さて、先日は小1の娘を連れて、先生であり家族ぐるみで交流があるトミーとともに、登山に行ってまいりました!

 

 

いくつかのポイントを次の登山のために残しておこうと思います。

[say]同じくらいの子どもがいる方はぜひどうぞー![/say]

 

毎年、友人と登ってる3000m超えの登山の記録はこちら!

[card2 id=”1409″ target=”_blank”]

 

プロモーション上

初心者とは思えない今回のルート!

 

今回は初の本格登山でしたが、登った山は、鍋割山です。

 

とあるサイトにはこんなことも書かれています。

エリア:
関東
ジャンル:
日帰り
レベル:
中級者以上
歩行時間(休憩含まず):
7時間10分
歩行距離:
約14.7km
最大標高差:
1,085m

 

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3639.png” name=”まーくん” from=”right”]え、休憩なしで7時間!?[/say]

[say]うん、ボクの雑誌にも難易度が3段階で3になっているんだよね[/say]

 

そうです、いくら登り慣れている友人の娘と一緒だからとは言え、最初から無理をさせすぎたかなぁとちょっと後悔もあります。

 

最初はすいすい午前中で戻ってこられる山が無難かもしれませんね。

次はいい天気の日にそんな山に登ってみたいと思います。

 

 

ただ吊橋を楽しんだり

 

あいにくの天気でしたが、景色を楽しんだり

 

頂上では名物の鍋焼きうどんや、お手製のチキンラーメンを楽しんだり

 

最高の旅でした!

 

[say img=”http://ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/01/433519.png” name=”長女” from=”right”]こんな美味しいものは初めてー!![/say]

そんな娘が可愛かったです。

 

かかった時間はこのような感じ。

 

 

時間については余裕を持ってみておいたほうがいいようですね。

 

 

子連れ登山の持ち物

LUM3N / Pixabay

 

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3641.png” name=”まーくん” from=”right”]子連れで行く登山の時に、子どもの持ち物ってどんなものに気をつけるといいの?[/say]

[say]今回行ってみてわかったことを伝えていくね![/say]

 

[list class=”ol-circle li-pastelbc shadow nobdr strong main-bc-before”]

  1. 雨具
  2. 防寒着
  3. たくさんのお菓子

[/list]

 

雨具と防寒着は必須ですね。

うちの娘は雨具は普通のカッパしかなかったので、少し雨がぱらついた時にはどうしようかと思いました。山用のマウンテンパーカーなどが必要になると思います。

 

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3638.png” name=”まーくん” from=”right”]ワークマン、子ども用のライン、充実させて欲しいところだね![/say]

 

また山頂は春のこの時期はとても寒いですね。事前に予報でみても2℃でした。夏の3000m級の山の山頂と同じぐらいかもしれません。携帯用のダウンがあるといいです。

 

[say]大人のボクも寒かった…[/say]

 

水は必要です。600mlの水筒ともう一本ペットボトルがあればいいでしょうか。登山の時間や時期にも寄りますが、子どもの分も含めて余分に持っていきましょう。

 

そしてお菓子は何よりの楽しみです。お菓子を美味しそうに食べる我が子を見ていると、疲れも何処かにとんで行ってしまう。

スニッカーズとか初めて食べた娘は、美味しさに感動していました(笑)

 

大切なポイントは、子どもの荷物はなるべく軽くしてあげること。そのために大人も余裕があるリュックがあるといいですね。

 

子連れ登山、子どもの装備は?

Hans / Pixabay

 

子連れ登山の子どもの服装についてです。

 

 

うちの娘は、前日にモンベルでスカート風のパンツと、レギンスを購入しました。

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3640.png” name=”まーくん” from=”right”]山ガール風!![/say]

 

上はいつもの服装。

ここに本当はレインシェルも兼ねたジャケットがあるといいんだと思いました。

この日は日差しがなかったのですが、帽子は必須です。

あとできれば子ども用のリュックもあればいいんだろうと。初めてだったので、ボクのパッカブルのリュックを持たせましたが、子ども用の物の方がいいなぁと感じました。

 

今回一番考えてあげなくてはいけなかったのが登山靴です。やはり初心者でも靴は必要だと思いました。

 

[say]この後すぐにメルカリで購入しました!2000円でいいのが買えました。[/say]

 

 

登山靴って兼用できるのを購入すれば、雨の日に履いていける靴になります。こういうアウトドアと日常の両方で使える物を買うっていうのが、ボクの大事にしている視点です。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

ボクは子どもと一緒に登山するのが夢だったので、今回初めて娘を連れて行けて嬉しかったです。トミーたちには感謝しかありません。

 

何気ない子どもの話だったり、喜ぶ顔だったり、普段見せない表情を見せてくれるのが非日常の良さですね。

 

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3638.png” name=”まーくん” from=”right”]今日からのキャンプも楽しみだね![/say]

 

[say]それでは良いGWを![/say]

 

一緒に行ったトミーのブログもあわせてお読みください!

[sanko href=”http://tommyidearoom.com/2019/04/30/%E5%AD%90%E9%80%A3%E3%82%8C%E7%99%BB%E5%B1%B1%E3%81%A7%E6%B3%A8%E6%84%8F%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%94%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8/” title=”子連れ登山で注意する4つのこと | TOMMY’S IDEA ROOM” site=”TOMMY’S IDEA ROOM” target=”_blank” rel=”nofollow”]

プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

カテゴリー:
クラファン挑戦中!

ボクが先生をしているヒミツキチ森学園はこんな学校です!

校舎も場所もここにいる人たちも、本当にステキな学園なんだね!

まーくん

まーくん

あお

あお

ここでグループリーダー(先生)として、過ごせて幸せです!
見学等でぜひ遊びに来てください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください