春休みに先生であるボクが読もうと思っている重厚な3冊!

おはようございます。

 

春休み突入中の「あお@aosenn」です。

 

今日は前任校の卒業式に参加します。1年生だったあの子達の締めくくりに出会えるなんて…嬉しい限りです。

 

さて、今日はボクが春休みに読もうと思っている重厚な5冊をご紹介!

 

せっかくの長い春休み!普段なかなか読めない本にも挑戦するんだね。

まーくん

あお先生

うん、その5冊を紹介します!

 

イン・ザ・ミドル

 

この本は、ライティングワークショップ、リーディングワークショップの創設者、実践者であるナンシーアトウェルさんが書いたものです。

生涯をかけて指導にあたり、内容を大幅に改編しての第3版の訳となっています。

 

国語の他の本とは全く異なり、どうやったら読む力、書く力を伸ばすことができるか、その真髄が書いてあります。

 

「わらぐつの中の神様」をどう教えるかではなくて、もっと根本的な読み書きができる自立した学び手を育てるための方法が書いてあります。

 

実践向きの日本版はこちら!

 

この根本となっている一冊が、インザミドルになります。

 

ボクは読み終えましたが、本当に読んでよかった。やっぱりこの学び方が国語においては一番だなぁと思いました。

 

 

 

ティール組織

 

あんなに話題になったにも関わらず、Kindleに積読状態でした。

 

 

原書に当たることが大事。そこから生まれてくることをメモしていきます。

 

学級経営、学校経営を考える上で、しっかりと読んでいきたいと思っています。

 

スイスイ読めるといいね!

まーくん

 

シンプルな方法で学校は変わる

 

この本、まだ手元にありませんが、すごくオススメです。

 

ゴリさん(岩瀬直樹さん)自身が、この本の続編だと語っていたからです。

 

 

10年前にこの本に出会った時は衝撃でした。

 

こういう方法で学びを変えていこうとしている人たちがいると知って、お会いしに行ったのが最初のきっかけです。

幸運なことにその後著者のお二人ともたくさんお話しする機会をいただき、ボクの学びは加速度的に伸びていったのでした。

 

 

大きな意味を持った1冊だったんだね

まーくん

 

あお先生

そうなんです、早速ポチりました!

 

春休みに読んでみます。

 

その他の読んでみたい本

StockSnap / Pixabay

 

重厚ではないのですが、この機会に読んでみたい本はたくさんあります。実際に読み始めています。

 

 

ボクの学校の若手がこの本を買っていました。他の後輩にも推しておきました!

 

 

読み始めました。スイスイ読めます。

 

 

地方移住の予定はないけれど、西村さんの本は、手元に置いておきたくなります。

 

 

これも読む、コーチングで習った以上のことが書いてあり、面白いです!

 

 

前田さんの前作も良かった。こちらもオススメ。もうすぐ読み終わります。

 

 

昔読んだ本の現代版。楽しみ!

 

 

ブログのために!

 

 

この辺は趣味の世界。

 

さてさて、ちゃんと積ん読にならないように、そして春休み以降も読む時間を朝に確保していきたいと思います。

 

 

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください