手書きの学級通信にチャレンジしてます!

おはようございます。

 

前回話した「みち」の話。

 

手書きの学級通信にチャレンジしてます!

 

奥野木先生の本「wonder」に刺激をいただき、手描きの学級通信にチャレンジ中です。

 

 

実は字もイラストも、ボクはすこぶる苦手。

 

子どもたちの意見が最高のフィードバック!

 

でもでも、挑戦をしていく次第であります!

 

そもそも苦手って決めたのは、自分自身。イラストだって体験がないだけ。

 

やってみることでいくらでも克服できると思っているんです。

 

そういう「未知」なことにチャレンジしていくのが自分自身もすごく楽しい。まずはそこからスタートしていきたいと思っています。

 

ウクレレだってできたんだし!

 

聴くのもいいけど弾いてみよう!ウクレレを冬休みに習得!

 

 

手描きは、奥野木先生の学級通信を見ながら、コツを学んでいます。

 

 

簡単にできそうなところから…

それは

影をつけること

 

 

 

薄墨で影をつける。それだけなのに、上手いように見えてしまいます。

ステキ!

 

 

 

ボクのキャラクターだってこの通り。

 

 

なんかこれだけで上手に見えませんか!!??

 

 

そして文字については、これは前から言われているのですが、漢字を大きく書き、ひらがなは小さめ。これが基本になります。特にひらがなは「こ」「と」「め」「る」の4文字は、小さく書くことで全体のバランスが整います。

 

 

 

 

これでも先生になる前に2,3ヶ月習字に通い、まだましになった方です。

 

 

ボクらは毎日書くのが仕事。黒板にたくさんの文字を書きます。そこで文字やイラストの練習ができます。書くという行為に楽しく取り組んでいけば、毎日振り返りにも生かされると思うのです。だから毎日板書をiPadでパシャリ。それを基本として取り組んでいきましょう!

 

苦手なことだからこそ、チャレンジしていこう。何かの強みとつながる可能性も。

まーくん

 

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です