経験年数関係なくオススメ!奥野木優くん著「WONDERな教室環境のつくり方」を読もう!

おはようございます。

怒涛のような忙しい日々を送っている「あお@aosenn」です。

 

今日は大好きなU君の渾身の一冊についてご紹介!

 

 

ボクは、この本、学級を、学校を変えてくれる一冊になると思っています。

 

 

強みが教室環境に生きている

azboomer / Pixabay

 

あなたの持っている強みってなんですか?

 

そんなことをブログセミナーでのばしこさんやともはるさんとの会話から考えています。

 

著者のU君はこちら!

 

Watcha Tokyoでも一緒に登壇させていただきました。

 

ボクからみたU君の強みって、

  1. イラストが得意なこと
  2. ワクワクすることが好きで、それを人に伝染できること
  3. 戦略家だけど、細かな配慮もできること

 

だと思うんです。

 

3の細かな配慮は、この一冊を読んでみると、よくわかります。

「そのまま実践するだけじゃ…」とか出典の明記とかにうかがえるんです。そして本だけじゃなく、実際に会ってみると、よくそれが伝わってくるんです。

大味なところと細かなところが同居できている、素晴らしい人なんです!

まーくん

 

強みは、1と2です。

 

イラストについてはこちらを読んでみてください。

 

 

この本はKindleでも出ているので、ボクはipadに入れて持ち歩き、通信を書く際の参考にしています。

 

今年度参考にして挑戦中!手描きの学級通信についてはこちら! 保護者に伝わる!先生も子どもも楽しい!手描きの学級通信のつくり方

 

そして、彼の最大の魅力であり強みは、ワクワクすることを描けることだと思うんです。

 

この本の中にはそのワクワクすることをどう描いたかが、彼の教室での実践で紹介されています。

 

それに触れると、不思議と自分のアイディアも刺激を受けて、いろんなことをやりたくなっていくんですよね。

 

 

新年度からのアイデアをたくさんいただきました!

Ramdlon / Pixabay

 

新年度からのアイデアとして、ドッグイヤーしたところがたくさんあります。

 

 

こんなに折り曲げたのは、初めてかもしれません(笑)。

 

例えばこんなところがいいなぁと思いました。

 

  • 04 ケッシーを復活させよう!
  • 08 HAPPY THANKYOU ポスト
  • 11  教室ゲームセンター
  • 12 ベランダリフォーム&教室グリーン
  • 15 レンタルショップ 借り屋
  • 17 手作り賞状
  • 38 黒板キャラクター
  • 42 教室レストランベル

 

これらの実践は、次年度やってみたいと思います!

 

考えただけでもワクワクするね!

まーくん

 

あお先生

こんな教室があったら、たまらないね。

 

今すぐにできることも載っている!

 

うちのクラスの「歌ボス」に採用(笑)!

 

投票で決まりました。

 

「歌ボス」いいですよね。歌が歌いやすくなるように、ちょっと笑える仕掛けを作るってすごく大切なことだと思っています。

 

こんな風にすぐに真似できることも載っていて、色々と試してみたくなる一冊なんですよ。

 

またうちのクラスには、マスクを回収してくれるキノコがいるんです。

 

 

実はこれトイレットペーパーも収納できるキノコなんですが、このキノコは今やマスク専門のゴミ箱となっています。最近、マスクは燃やすゴミではなくなり、分別しないといけなくなったためです。

 

このキノコ、最近調べると100枚ほどマスクをため込んでいました。

 

「このキノコに名前をつけてねー」と発信すると、すぐに色々なアイディアが集まりました。

 

こういう発想もUくんの本を読んだから出てきたものです。

 

早速お掃除プロジェクトさんに引き継いでもらって、あとをお願いしたいです。

こういう教室環境ってプロジェクト活動とも相性がいいので、ぜひぜひ試してみてください。

 

プロジェクト活動って何?って方はこちらをどうぞ! 係活動を「プロジェクト活動」に変えてみよう!

 

環境は緩やかに人を促す、これからの先生には絶対にこういう発想が必要!

geralt / Pixabay

 

子どもたちが動き出すのって色々な理由があります。

 

例えば、こう動いてほしいと思った時、声を荒げることで動かすことはできます。でもそれって心は同時に動いていないですよね。

 

ボクは子どもたちが行動する時、「心が先に動く」状態をつくりたいなぁって考えています。

 

やってみたいなぁ。

これって何だろう。

今どうすればいいんだろう。

 

学習でも生活でもこういう心が動く瞬間があり行動していく体験を積み重ねてほしいと思っているんです。

動かされたものは何にもならないけど、心が先に動き、自分が行動すれば、自分自身でできたことになります。それって大きな自信につながっていくんです。

 

Uくんの教室環境から考えるって発想はここにつながると思っています。

 

つい子どもの心が動いちゃうしかけがある。そんな教室ステキですよね。

 

ワクワクがある教室って本当にステキ!

まーくん

 

背中で子どもたちに伝わるはず!

WenPhotos / Pixabay

 

ワクワクしていることを考えている先生の背中。

 

それをみている子どもたちは、きっといろんな場面で心を動かされるでしょう。

次のワクワクを一緒に生み出してくれるでしょう。

 

そんな教室にあなたもしたいと思いませんか?

 

 

同じく教室環境を考えたい人にはこちらもどうぞ!

 

 

ボクの友人も執筆しています!

 

created by Rinker
¥1,037 (2019/03/26 00:25:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

あお先生

それでは良い一日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください