先生をしているヒミツキチ森学園はこちら!

先生のためのライティング講座2期募集スタート!

4 min 296 views
あお先生

あお先生

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|みんなのオンライン職員室スタッフ|振り返り・ライティングスキルなど1on1 の実績多数|雑誌・書籍への寄稿等、ブログの他にも執筆活動多数

FOLLOW

おはようございます!
学年の子が描いた似顔絵に腹を抱えて笑い転げたヒミツキチ森学園のあおです。

さて、今日は「先生のためのライティング講座2期募集スタート!」という話題でお届けします。

久々に先生の皆さんに向けた記事です。

皆さんは、ライティングを習ったことはありますか?

先生のお仕事と書くことはとっても深い関係になります。

通知表、学級通信、指導案…書くスキルが必要なものって多いですよね?

だけど、先生はライティングスキルを習うことってないんです。なんとなくの感覚で進めてしまっていることが多いと思います。

この感覚の部分を探究して、書くことを学ぶことができれば、たくさんの効果があります。

  • 学級通信の時間が半分になった
  • わかりやすい通知表と言われるようになった
  • 自分のやっていることを発信できるようになった
あお

あお

これ、全部ボクに当てはまることです。

「先生のためのライティング講座」ぜひ一緒に学んでみませんか?

ライティング講座1期の概要

ライティング講座1期の概要

ライティング講座1期では全8回の講座全てで、ボクが模造紙に書きながら講座を進めていくチャレンジをしました。

1期の全8回を、どのようなテーマで進めたかについては、こちらのnoteをご参考にしてもらえればと思います。

講座の概要とともに、参加者のライティングスキルがどのように上がったかも確認することができます。

この講座では、noteに書くことを中心として、実際にライティングを進めながら技術を向上していきます。

次回への課題もあり、自分自身が書き進まないといけないプレッシャーもありますが、そこで後押ししてくれるのが、一緒に書く仲間の存在です。

  • 読んでくれる仲間がいるから書くことができた。
  • コメントし合うのが非常に嬉しかった。

書く仲間との交流が、自分一人では続かないことでも、グッと背中を押し合って、書き切れるようになります。

サポートとして、ライターとして活躍する建石さんにも入っていただいているので、ボクや建石さんからのアドバイスをもらえることも講座の強みだと思っています。

ライティング講座1期をやってみて感じること

ライティング講座1期をやってみて感じること

1期をやってみて講師として感じたことをいくつか挙げさせていただきます!

  • 参加者のライティングの伸びがすごい!
  • 書くことだけに目を向けるのではない

参加者は、今まで積極的に情報発信をしてきていない人も多かったです。

ブログやnoteに初めて触れる人もいたよね!

まーくん

まーくん

この講座では、情報発信することが前提になるので、そのためにnoteを開設したという人も多かったんですね。

ただ回を重ねていくたびに、書くスキルが格段に上がっていくのを感じました。

参加者の成長が著しいんです。

そんなこと言いながら書かない人もいるんじゃないの??

まーくん

まーくん

あお

あお

そうなることを見越して、期間中に2度1on1のミーティングを取ることができるんです。

講師と1対1でのMTGって

「大変じゃないですか?」

って言われるんですが、本当にそんなことなくて、むしろ1対1でエネルギーをもらっているのは自分の方です。

1on1ならいくらでもできる自信があります。

ライティングだけじゃなくて、今の自分の方向性や全く違う分野のことなど、ほぼほぼ人生相談に使ってもらっていました。

あお

あお

スッキリした顔で帰っていくのは、本当に嬉しいですね。

1期で感じたのは、書くことを教える講座なんですが、書くこと以外にも目を向ける必要があるなぁということ。

書くためには自分の生活の中に時間を捻出しなくてはいけません。

ボク自身、ブログを書くのに、最初は毎日30分の時間をとっていました。それがだんだん伸びて、「1記事分」になったり、今の「1時間」になったりしました。

今の生活にプラスすることになるので、どこかで引き算をしなければ、睡眠時間を削ることになります。

ここで、自分にとって何が必要で、何が不要なのかを考えるきっかけが生まれます

ただ漠然と情報発信をやっていた人も、それが本当に必要なのかをもう一度考える必要があることに気づきました。

  • タスク管理
  • マインドフルネス
  • インプットの仕方

なども含めて、自分自身を深く見つめる機会が生まれるのです。自分の生活を丸ごと見直すイメージです。

書くことを通じてではありますが、書くことだけじゃない自分の在り方を考える講座でもあります。

あお

あお

ここめっちゃ大事だと思いました!

ライティング講座2期で得られるもの

いよいよ2期の募集がスタートしました。

プレ講座の募集です。

あお

あお

前回プレ講座前に、本講座へのチケットが全て売り切れてしまったので、反省を活かしています。。。

このプレ講座では無料で講座概要が聞けるのと、1期の卒業生が来てくれます。

みん職の会員でもそうでない方でも無料で参加できるので、話だけでも聞きに来ませんか??

2期での変更点は「書く期間について」です。

3回目までは毎週、その後実際に書く課題が出始めてからは隔週で書くことに向き合ってもらおうと思っています。4月から6月という忙しいスケジュールの中だからこそ、そうしてみました。

ライティング講座で得られるものはなんでしょうか??

ボクは、次の3点を挙げています。

ライティング講座で得られるもの
  1. 限定コミュニティの中での濃い仲間
  2. 自分を深く見つめる時間
  3. 思考の広がり

①と②はここまでも説明してきていますので、③についてです。

若手だった頃は、初めてのことにワクワクして、自分の思考というのも否が応でも広がっていくものです。未知のことに触れて、できないことができるに変わるのは嬉しいものです。

しかし、5年、10年と続けていくうちに、思考の広がりはだんだん狭くなってきませんか

あお

あお

ボクはその頃から本格的に外で学び始めました。学校教育の外です。

先生としての成長を第一に考えるのは当たり前ですが、学校教育の外にある学びに触れることで、思考の幅がぐーんと広がるのを感じました。

具体的には、

  • 社会人の方が学ぶ学びの場に参加する
  • 新しく違う分野のことを始めてみる

ヨガ、タスク管理、ランニング、筋トレ、瞑想などなど、自分の人生に根付くことに興味を持ち本格的に学んでいったのもそこからです。

そこで学んだブログのおかげで、今オルタナティブスクールで先生をしながら生きていくことができています。

ライティングを学べば、先生としての経験が何年目であろうと、新しい挑戦が待っています。

ぜひぜひ一緒に学びませんか?

4月だから始めるライティング講座

4月だから始めるライティング講座

4月からの参加は難しいので3期に始めます!

先生方

先生方

そんな声も聞かれます。

あお

あお

忙しい4月ですもんね。

ただ、ボクは忙しいからこそ挑戦するものだと思っています。

  • 時間ができたら…
  • 余裕が持ててから…

経験から話させてもらうと、そんな日は一生来ません。

余裕があったら始めるってことで、あなたの中に続いたものはありますか?

余裕って生まれるものじゃなくて、作るものなんです。

あお

あお

逆にいうと、4月に始められたら、ずっと書き続けることもできるのではないでしょうか?

あの忙しい4月から始めることができたんだから、書く習慣って続くよね!

そんな自信が生まれるはずです。

それぐらい自分の人生を見つめてみないと、変化する自分は得られません。

春は心機一転!ぜひぜひこの機会にライティング、学んでみませんか?

あお

あお

それでは今日も良い一日を!

併せて読んでほしい記事はこちら!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください