夫婦でやってみよう!、メルカリ活用法!

おはようございます。気圧の変化のせいで、頭痛が続く青ちゃんです。

 

今日はメルカリの活用法です。

 

 

メルカリと言えば、知らない人はいない「フリマアプリ」です。ここは説明不要でしょう。

 

メルカリの何がいいのか

 

 

やはり第一に挙げられるのは、仲介者を挟まないことだ。

厳密的には、メルカリ側には10%取られるわけだが、値段の設定や、梱包、商品の発送までほぼ自分でやることで、間に誰もいないような感覚になります。

今までだと、ものの売買には、たくさんの方がかかわる反面、色々な場面でお金を取られていました。それが10%の手数料のみで、売買が可能になる。そうなることで、まるで自分自身が商売しているような楽しさがあるんです。

 

次にあげられるのは、発送のやり取りに工夫があることです。

フリマやオークションは聞いていたけど、なんとなく敷居が高かった。でもメルカリになってうちはすごく活用するようになったんです。

 

その理由は、匿名でできることにあります。らくらくメルカリ便や、ゆうゆうメルカリ便だと、お互いの名前や住所等の個人情報を相手にさらすことなくやり取りができます。

また、発送が容易なことも大きな理由でしょう。ヤマトの集配所に持っていけば、梱包も一緒に手伝ってくれます。

そしてコンビニでの発送も可能です。特にセブンイレブンはオススメです。レジに直接持っていけば、iPhoneのQRコードを出して、読み込んでもらうだけ!

 

青ちゃん

うちには梱包のプロがいるので、妻にお願いします。

 

 

買う人のニーズの多様さ

 

 

これやる前までは考えもしなかったことです。

 

世の中には多少の値引きで購入に踏み切る人が多いということです。これは裕福かそうじゃないかではなく、購買心理なのでしょう。

中古であっても「100円でも安く買いたい!」そう考えている人は、あなたが想像しているより多いんです。

 

実際ボクもその一人です。メルカリ使うまでは、中古のものは「誰がどう使ったかわからない」という理由で避けていました。

ただ、洋服をはじめ、誰かが使ったものを買って使うことは悪いことじゃないなぁと思いました。捨てられてしまうのは、もったいないし、お財布にも優しいからです。

 

ボクが不要と感じていても、誰かがそれを必要としている場合はたくさんあるのです。不要なものは出して、必要なものはメルカリで買ってみましょう。

 

実際、欲しいものがあると、ボクはまずメルカリで調べます。本や文房具、洋服、意外と安く買えるし、新品で販売しているものもたくさんあります。

 

ロングテールに適しているメルカリ

 

 

ボクの場合は、まず「ロングテール」の発送で考えています。

 

Wikipediaより

ロングテール(英語: the long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくするものである。

 

amazonなどで有名になった方法ですよね。たとえニーズが少なくても、在庫を抱えるから切り捨てるのではなく、ネットだとあらゆる手段で検索可能になるため、価格は高めでも売れていく。

そう考えると、メルカリはこれが応用しやすい。

 

顧客の総数は、メルカリ側が増やしてくれるので、多少価格が高くても誰かのニーズに合えば売れるんです。

 

ボクはそれでいくつかのものを売ることができました。

 

 

たとえば10年ぐらい前に買ったipod nano。当時はベルトにつけると、時計のようにも使うことができました。Apple Watchが出てから全く使用していなかったのですが、7900円で売ることができました。

 

 

この本はamazonでも廃盤で10000円ぐらいで取引がされています。10年以上前に買った本で、書き込みもしていますが、それも了承済みで5000円でも買い手がつきました。

 

こういうマニアックな商品も出しておくことで、売れる時がきます。ライティングを上手くやる事で、買い手がしっかりとつくのです。

 

注意

ロングテールの恩恵にあずかるためには、すぐに値下げしない事重要です。値段を上げ下げしながら、長期的に様子を見ましょう。

 

売る時の戦略は??

 

実際に売る時にどのようなことを考えているかをお伝えしていこうと思います。

 

少し高めの価格設定からスタート

 

低い値段だとあっという間に売れることがあります。だから思っているより高めからスタートしましょう。

 

3000円が相場なら、4000円〜5000円に。

 

いいね♡のつき具合で調整していくことが必要になります。

 

ライティングの技術が必要

 

商品の紹介ページがかなり重要になります。

 

  • 商品名
  • 大きさ
  • どのくらい使ったか
  • どうして売るのか
  • 定価はいくらか

 

この辺りのことが必要になります。

 

大切なのは、買いたいと思ってもらう書きっぷりです。その品物を得ると、どのような効果があるのか、ボクはそこを大切に書いていきます。

 

 

ブログとおんなじで、ライティングの技術は、これからも磨いていきたいです。

メルカリはすごくその練習になるんですね。紹介文変えただけで、ものが売れることがある。どうして売れたかを考えて、また試していく。そういう練習になるんです。

 

注意

だまして売るのは絶対にダメです。ボクの取引も信頼第一、詐欺まがいの行為は絶対にやめましょう!

 

まとめ

 

ものを売買する、儲けるということ、必ず不快なイメージを持つ方がいます。

 

でも、その感覚って合っています??

 

これからの時代、ネットを介して色々なサービスが発展していくでしょう。その時にそれに抵抗感を持って踏み切れないのと、すっと適応していくのと、どちらが必要になるのでしょうか。

 

ボクは色々なものに、自分自身を適用させていきたいと思っていて、そのためのロードマップも作っているところです。

 

 

まずはメルカリから使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください