先生だって勉強しよう!積立NISAとiDeCoについて学んできた

おはようございます。

 

今日も朝からしっかりとヨガをやり、暗闇の中で2箇所、蚊に刺された「あお@aosenn」です。新しい虫除けスプレーは、あまり効かないようです。

 

さて、今日はこの間行ってきた「はじめての資産運用」で学んだことを、自分の振り返りを込めて書きたいと思っています。

 

それではどうぞ!

 

信頼している2人からつみたてNISAとiDeCoを学びたい!

参考 *満席*【FUNDAVIのマネー勉強会】会社員とフリーランスの資産運用、iDeCoとつみたてNISAを一日で学ぼう | PeatixPeatix

 

ブロガーの小林亮平さんは、ずっと以前からブログを読み、学ばせてもらっている方です。ブログの内容がとてもわかりやすいく、以前他のお話を聞く機会に、

「何時間でもブログを書いていられる。1日の中で、6、7時間ぐらい書く」

とお話されていて、とてもまっすぐで丁寧な方だなぁと。

小林さんのブログはこちら!

参考 Bank Academy|資産運用とお金を学ぶアカデミーBank Academy

 

そこに税理士の大河内さんが加われば、間違いない!と思い、以前からわからなかった積立NISAとiDeCoのことを学びに行くことにしました。

この2つ全然わかっていないもんね。

まーくん

あお先生

基本的に、苦手な分野なんだよね。制度がわかりにくいやつって。本読んでもスラスラ入らないのは、学びに行っちゃうのが早い!

お二人が話した内容を見ていきたいと思います。

 

メモ
ちなみに、講座で用いた画像等は、ブログに載せていいという許可がありましたので、存分に使わせていただいています。

 

積立NISAって?

さて最初は、小林さんによる積立NISAの説明から。

 

積立NISAとは、「少額投資非課税制度」です。

 

これじゃわかりにくいので、つみたてNISA=箱だと言う説明がありました。箱なので、商品ではない。投資の商品を入れておく箱です。

 

この箱に入れておくと、利益の税収分が非課税になるのがポイントです。利益を丸々もらえちゃうイメージですかね。普通のNISAとの違いもまとめてくれました。

 

次にメリットとデメリットです。

 

 

これはほぼ予想通り。デメリットもそんなに大きくはないイメージです。

 

②は投資信託を売却しない限り起こらないことですので、売らないことが前提なら問題ないでしょう。③の損益通算もプラマイにできる制度なので、ボクには関係なさそうです。

さて、次につみたてNISAの始め方です。

 

 

時間がかかるようなので興味がある場合は、早めに申し込むのがいいんですね。

 

そしてオススメはネット証券だというお話がありました。投資信託の数も豊富です。

ボクは楽天証券に入っているので、そのままスタートかな。

 

そしてオススメの投資信託についてもリスクの取り方に応じて、示してくれました。

 

亮平さんが購入しているのも、教えてくれるこの親切さ、素晴らしいですね!

出口戦略も非常に大切になります。

 

まとめです。

 

iDeCoについて 大河内薫さんのお話

マネーリテラシーは学校の中で排除されている、それは戦後からのサラリーマン構想の中では、そっちの方が都合がいいから。

これは当たっています。小学校でマネーのことについて教えるのはほとんどないです。「貯金しなさい」と家庭科で触れるぐらいかと思います。

この辺は税理士さんならではの説明です。

 

iDeCoとは、私的年金制度です。それぞれの職業に応じて、上限があるんですね。先生は月1.2万円か。

 

大河内さんが話の中でずっと言っていたのは、

iDeCoは無理してやるもんじゃない。

ということ。

手数料も高いし、受け取り時に税金もかかるので。

 

次にメリットとデメリットです。

60歳まで引き出せないのは、ボクとしてはかなりマイナスかなぁと。

 

始め方は次の通りです。

 

知られていないようですが、落とし穴があります。

 

 

税金が減った分は、必ずどこかでかかってくるのがこういう仕組み。受け取り時に元本部分にも税金がかかります。

 

受け取り時には、まぁ年収は下がっているはずだから、税率も下がっているよねってことらしいです。つまり自分の収入が今より下がっているときに、受け取るのが基本になります

最後にiDeCoに向いている人という視点まで説明してくれました。

 

うーんよくわかる。

 

あおはどう動くかというと…

 

いろいろとわかったね、で、あお先生はどう動くの?

まーくん

あお先生

ボクが聞いて行動に移すことをまとめていくね。

ボクは今、保険の形で積み立てているのが月3万円、ひふみ投信への積立が月1万円あります。

保険は45歳まで積み立てると、プラスが膨らんでいくので、それはそのまま置いておいて、ひふみ分をつみたてNISAに回そうかなぁと企んでおります。

 

保険の話は受け取り時に増えた分には税金がかかると思われるので、その辺が大きなマイナスにならないように、準備していきます。この仕組み次第では、早めに積立NISAに移動かな。

 

ボクは公務員をずっと続けるかはわからないので、iDeCoは一旦おいておこうかな。奥さんに入ってもらうかも。

 

そんな戦略になりそうです。

まずは銀行さんに今の保険契約の詳しい話を聞きに行って、そのあとNISAについて動いていこうかなぁと思いました。

 

まとめ

geralt / Pixabay

 

今回、二人の話を聞けて、具体的なつみたてNISAとiDeCoに対するアクションを取ることができそうです。この実行部分まで考えることができたのは、まさにお二人のお話がわかりやすかったからです!

 

先生の同僚や友人に話をすると、

「NISA、iDeCo?なにその怪しいの?」

っていう返事がよく帰ってきます(笑)

 

公務員もちゃんとこういうお金のこと学んでいかなくてはいけませんね。

 

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください