夢が叶う!働き方研究家、西村佳哲さんにお会いしてきました!

おはようございます。

 

昨日一つの夢が叶いました!

 

それは西村佳哲さんに会うこと

 

岡山市で開かれたもっと題名のない選曲会に参加し、お話を伺うことができました。

 

周りの方も豪華でした!!

  • 司 会:石川昌浩(石川硝子工藝舎)
  • 選 曲:岡本方和(Moderado Music)
  • ゲスト:西村佳哲(働き方研究家、リビングワールド代表)
  • 森山幸治(岡山市議会)

 

今日はこのイベントのお話をさせてください!!

 

西村佳哲さんって?

 

MEMO

にしむら よしあき
1964年東京生まれ プランニング・ディレクター、リビングワールド代表、働き方研究家

武蔵野美術大学卒。大手建設会社を経て、つくる・書く・教える、大きく3つの領域に取り組む。開発的な仕事の相談を受けることが多く、30代のものづくり、40代の場づくりに加え、50代以降は、建築計画やまちづくりや組織開発などの仕事が中心的。

2014年から東京と徳島県神山町での二拠点居住を始め、同町の「まちを将来世代につなぐプロジェクト」に一般社団法人 神山つなぐ公社(2016〜)理事として参画。

著書は『自分の仕事をつくる』(晶文社/ちくま文庫)他。最新刊は『一緒に冒険をする』(弘文堂・2018年4月出版予定)。
京都工芸繊維大学や桑沢デザイン研究所、東京都美術館・とびらプロジェクト等で集中講義を担当している。[Mar 4, 2018]

リビングワールドHPより

 

ボクはこの一冊に出会ったのが大きかった。

 

created by Rinker
¥821 (2018/11/20 23:38:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本に登場する方々の話、そしてそこから西村さんが考えている言葉、それがとても心地いいんです。。。うーんこれは感覚的な問題なので、ぜひ読んでみてほしい。

 

いつの間にか西村さんの本のファンになっていました!

 

created by Rinker
¥670 (2018/11/21 16:00:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

などなど。どれも自分の「在り方」「根っこ」を創ってきた一冊なんです。

 

だからどうしても直接お会いしてお話を聞きたかった。今回は帰省中にその機会を得ることができました。あぁ、本当に嬉しい!

 

岡山にあるステキなテラス!

 

 

「ヒバリ照ラス」という面白い施設。2階は旅人が格安で宿泊もできるようになっています。

 

参考 ヒバリ照ラス - HIBARI TERRACE | 岡山市表町商店街の複合ビルヒバリ照ラス

 

1階はカフェとイベントスペースが一緒になっているようです。

この日は、いつもなのか本や雑貨も置いてありました。

 

 

 

イベントのお話を聞く中で…

 

 

西村さんや前でお話しされていた方の言葉から感じたことをあげていきます!

 

学校はまちづくりの核

 


さて、ボクの学校は、まちづくりの核になっているだろうか。

 

かつて、企業の方とのワークショップの中でも同じような言葉があったんです。

 

 

ボクの学校はそういう資源という視点で見ていられるだろうか。地方の学校は資源となりうるが、都会の学校はどうか。新しいコミュニティとして学校にどのような価値があるか。

 

西村さんの話の中にもあったが、今のままではなく、他の機能も兼ね備えていくことができるだろうか。田舎だから「兼ねざるを得ない」のか。

考えるところです。

 

 

違和感をそのままにしないこと

 

これも大事な視点ですね。

 

 

次のような流れで、西村さんは変化が生まれたと話していました。

 

西村さんは、最初、すごい働きかたをしている人や企業には「自分なりのやり方」があるのだと思っていた。でも聞くうちに、「違和感を放っておかなかったこと」が共通点だということがわかった。

 

この人たちの凄さの正体は 「違和感」だと気づいたとき、「行為」じゃなく「感情」が正体なんだと思うようになった。

 

感情が正体なら、その人が何をしたかではなく、その人はどんな人なのか、どういうことを考えているのか…

 

人に焦点を絞るようになった。

 

 

西村さんの思考の柔らかさはもちろんのこと、こうやって冒険してきた経緯が聞けたのは嬉しかった。

 

青ちゃん

ボクも自分の感じる違和感を、留めたままにしておくことは難しくなってきたな。

 

最近、ボクが感じることです。

 

 

 

今年は旅先で必ずここに引っかかっているんだなぁ。

 

ということは、ボクの理想の暮らし、働き方というのは、違和感をそのままにしない先にあるこということだ。

 

 

冒険はしにいくものではなく、向こうから来るもの

 

 

タイトルのつけ方について、西村さんが語っていた。

 

 

冒険は向こうから来るもの。語源を追っていくと、そういう点があるということだ。西村さんは自分の意思で冒険していったのではない。その場その場に起こったことを大事にしていく…そういうことが、自分の人生につながっていると話していました。

 

ボクにはこの視点が足りないんじゃないか、いや計画(Design)という側面が強すぎるんじゃないか、そんな風に思っています。

 

ボクが一歩、成長するには、「今ここ」を大事にして、目の前のことと向き合っていくことなんでしょう。それが自分の人生を楽しく、豊かに変えていく。そう考えが変化してきました。

 

 

在り方を見つめ直す

 

 

サインもいただきました!

 

 

実はこの場所に来るまでに、岡山で初めて「ももチャリ」を使いました。その時のことはおいおいブログに書いていきたいのですが、 体験をしていくことって大切な気がします。

 

旅はその体験の良い機会。人に会い、自ら行動し、初めてを楽しむ…そうすることで自分の中の何かに引っかかって、トリガーとなり、アイディアが溢れてくるんですね。

 

 

ボクが聴きながら浮かんできたのが上のことです。

 

今までボクの学びは「読む」がいつも中心にありました。「読む」のは自分の中で能動的で取りにいっているイメージ。それがボクの学びのスタイルだと思っていました。

 

でも、それも思い込みだったのかもしれません。

 

聴くという一見受動的な状態を作りながら、 浮かんだことをメモしていく。そういう受動と能動の組み合わせが、とっても気持ちよかったんです。

 

そこには音楽とか美術とかARTとの親和性があるんじゃないか…

 

そんな自分の可能性にワクワクしているんです。

 

 

まとめ 西村さんの本を知ってほしい!

 

まずはこの本から読んでみてください。

 

created by Rinker
¥821 (2018/11/20 23:38:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに西村さん本人はこちらを推していました。

 

created by Rinker
¥670 (2018/11/21 16:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

自分の根っこって何か、考えさせられる本だと思います。そして今のボクにはこういう本を読んでいくこと、すごく意味のあることだと感じています。

 

早速ボクも2冊買い足しました。

 

created by Rinker
¥1,836 (2018/11/21 16:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
¥1,944 (2018/11/20 23:38:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください