夏休みの作品展示会は必要か

おはようございます。完全復活してきた「あお@aosenn」です。仕事も元に戻り、すっかりと夏休みの記憶も遠ざかる一方…寂しくなりますね。

今日は、夏休みの作品展示会についてです。

皆さんの学校では、自由研究の作品展示を行いますか?行うけれど、期間も入れて大々的に行なっていますでしょうか?

ボクは娘の作品作りから、少々、展示会というあり方に疑問を持ちました。

アンケートから考えること

Twitterでアンケートを取ってみました。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?w=880&ssl=1あお先生

続けていける自信がない…

結果はこの通りです。

やはり圧倒的に展示会タイプが多いですね。しかしながら全く展示していない学校もあるようで、やはり必要ないというかこういう文化がない地域もあるのでしょうか。

ボクの学校は①なので、ちょっとどうにかできるように動いていこうと思います。

価値があるのは創ることであって、飾ることではない

娘は沖縄旅行の際に、シーサーの絵付け体験を行いました。

我が娘ながら本当に熱心に色付けをしていきます。彼女の凄いところはその細かさ。ボクには全くない資質です。やろうと思えば20分で終わろうというその工程を彼女は1時間半ぐらいかけながら、考えて手を動かしてはまた考えて…色をつけていきます。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?w=880&ssl=1あお先生

その細やかさに、感動しました!!

その時強く思ったのは、創るプロセスに価値があるってことです。

うちの娘としても、その創るプロセスを最大限、楽しんでいるのがよく伝わってきました。もちろん友達からの評価も嬉しいとは思いますが、創作自体が素晴らしい体験になっているのは一目瞭然。

そこで終わりでいいんじゃないかなぁというのが、親になっての感想で

家の玄関に飾りたいと話していますし。

作品が壊れるリスクをとる必要があるか

それと同時に思う浮かんでしまったもう一つのこと。それは…

「これ、壊されたら悲しいだろうなぁ」

でした。

夏休みの展示会、特に低学年なんかは、触ってしまって壊れることも多いです。

だから、

「本タイプ以外は、触るの禁止」なんて取り組みをする場合もあるのですが…

それでも触っちゃいたくなるのが小さな子ども。

目の前にあったらそうですよね。

ボクのクラスも、以前1回ぐらいはあったかもしれません。

その度に電話をするのは心苦しくて…。

いたたまれない気持ちでいっぱいです。

まーくん

あお先生

そこは本当に苦しいところです。

ボクも最大限、気をつけながら展示をしているところです。

でも気をつけていても起こってしまうのが、小学生。

のリスクって結構大きいなって思うんです。

色々な環境の子どもがいるということ

そして地域によっては、色々な家庭があるという事情というのもあります。

仕事が忙しくなかなか旅行に連れて行ってもらえない家庭もあります。旅行記一つにしても、色々と違いが出てしまうところです。

発表をしっかりやればやるほど、少し「自慢」のように聞こえてくることもあるんですよね。

そういう環境に配慮すれば、ボクは班で見せ合って、もしくはクラスの中で見合って終わりぐらいでもいいかなぁと思っているところです。

自由研究の「研究」の指導もできないものですから、ただの作品作り、図工のような形のものが年々増えているのも、肌で感じるところです。

無くしていった前例もある

Tweetしてみたところ、以下のような反応をいただきました。

会議して、見直して無くしている学校もあると聞いて、そうだよなぁと納得です。

もうちょい詳しく聞いてみればー!

まーくん

あお先生

かいぴーには直接コンタクトとれるからね!

うちも提案してみようと思います。

娘が小学生になって考えること

今回のようなことは、娘が小学生になったからこそ、思い浮かんだことです。

やっぱり親になるとちょっとずついろんなところに思考が飛び出ていくんだと思います。その断片を拾って、何か自分自身の行動につなげていくこと、それが親になって先生の在り方が変わるってことなのでしょうか。

貴重な経験をさせてもらっています。

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください