先生だったら作ってみよう!自分のキャラ・マーク

おはようございます。

 

さて、先生である皆さん、そしてこれから先生になる皆さんは、自分のキャラ・マークを持っていますか?

 

お、ボクのことだねー!!

まーくん

 

あお先生

そうそう、君に光をあてる時がついにきたのさー!

 

ボクはこの「まーくん」にたくさん救われてきました!今日は先生にとってのキャラクターの重要性を話していきたいと思います。

 

 

 

キャラを持っている先生はどれくらいいるの?

ijmaki / Pixabay

 

早速ですが、Twitterでアンケートを取ってみました。

 


約半数の先生が自分のキャラクターを「持っていない」という結果が出ました。意外でしたね、もうちょっと使っているのかと予想してはいました。

 

もしかして、ボクみたいなのってレアキャラなの!?

まーくん

 

ボクの知る中では、なるさわばしこ先生のキャラクター「かいとうキャット」とか、かなり可愛いし、活用されていますよね。

 

 

参考 「かいとうキャット」制作秘話 - なるさわばしこLABOなるさわばしこLABO

 

キャラクターを学級経営にまで活用されていて、すごいなぁと感心しています。ボクも久々に低学年を持ったら、いろいろとやってみたい!

 

 

ボクのマークが生まれたのは…

 

教員3年目、5年生の担任をしていた時でした。ある子が放課後の黒板の前で絵を描いていました。

 

あお先生

何描いているのー?

 

これ描いてみたんだけど、先生のマークにしてよ!

女子

 

その時描いてくれたのがこちらのマークでした。

 

このマークの特徴は、

  • 細い目…当時は若くて切れ長の目をしていました。
  • 山の形…名前にちなんだものでした。
  • ニヤッとした口…よく笑うからだそうです。

 

何気なく描いてくれたこのマーク。

 

あお先生

嬉しい!これをボクのマークにするね!

 

まーくんが生まれた瞬間でもありました。

 

キャラクターとして、学校のいろんな場面に馴染んでいる

Pezibear / Pixabay

 

ボクのキャラクターが生まれてからは、高学年、低学年問わず、クラスのいろいろなところに姿を現すようになりました。

 

ジャーナルの表紙にもいます。

 

子どもたちの自主学習の1ページにも。

 

卒業文集なんかにもちゃっかり登場。描きやすいからって載せすぎです。

 

学級通信にももちろん描いてあります。

 

 

キャラクターはさらに広がり…

 

裁縫好きの子によって、こんな風に人形になるなんてことも。平面からついに立体に進出!3次元への進化は、色々な可能性を生みます。こうなると、愛着が湧いてきますよね。

 

その他にも、教室のマグネットになっているなど多数。

 

さらにはハンコになって毎年登場。

 

 

 

こんな風に日常のあらゆる場面にキャラクターが登場するようになるんです。

 

 

キャラへの馴染みは、先生への馴染み

Alexas_Fotos / Pixabay

 

初めての男の先生、低学年の子にとっては、近寄りがたい存在だとも思います。でもそんな時に人形がそばにあることで、ボクに関われる子もいるんです。

 

キャラへの馴染みは先生への馴染み、間にこのキャラクターを挟むことによって、コミュニケーションが円滑になることが多かった。ボクは本当にたくさんの場面で、その恩恵を受けました。

 

自分の分身がいることは、まーくんで保健の授業をするなど、ふわっと直接じゃないコミュニケーションを可能にしてくれるんです。

 

注意するときなど、低学年だったら、まーくんに注意させるんです。そうすると、ボクが直接注意するよりゆるやかに伝わります。男性の先生っているだけで威圧感(笑)。それがいいように作用するときもあれば、そうでないときもあるんだということは、自覚しておかなくてはいけません。

 

ボクがいて本当に良かったね!

まーくん

 

 

SNSなど活用の幅は広がる!

 

長年使い始めていることもあって、ボク自身も愛着が湧いています。今ではこうしてブログに登場するなど、幅が広がっていきます。

 

思えば最初のツイッターアイコンは、まーくんでしたね。

 

多くの場面で活躍してきたよねー、ボク。

まーくん

 

今や当たり前のように、このブログにも欠かせない存在になりました。

 

身バレはあるけれど、いつかこのブログも当時の子どもたちが読んでてくれると嬉しいなぁ。

 

 

キャラクターが使える範囲を決める!

Engin_Akyurt / Pixabay

 

 

こんな質問がTwitterでありました!ボクのブログ仲間のハピペンさんからです。

 

 

何もしないと、「まーくん」は侵入してくるんでしょうね。でもきっとこれは1年生からのどこかの段階で、「キャラクターは使わない」っていう指導があったんだと思います。4年生からはボクが担任しているので、それ以前なんでしょうね。

 

1年生をもっていた時は、キャラクターの侵入があった気もします。夏休みの作品に作ってくれた子もいましたっけ。

 

 

まーくんは基本的には自由に使っていいことにしています。 そうすることで、クラスに馴染んでいきますからね。自主学習ノートに様々なバージョンのまーくんを描いてくる子もいます。

 

本当に何度救われたことか。

 

皆さんもぜひ自分のキャラクターを作ってみてはいかがでしょうか??

 

あお先生

それでは良い一日を!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください