学級目標・クラス目標の決め方・つくり方【意味を問う発展編】

5 min 399 views
プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父家族 (男性、女性、男の子、男の子)|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おはようございます。shoku-yaboでの閉校期間開放を利用して娘たちを連れて行ったら、2歳の次女が絵の具で手や服を塗りたくってて、笑い転げた「あお@aosenn」です。

さて、今日は「学級目標の意味」について話したいと思います。

1つの結論として、学級目標は、個人の目標の集合体と捉えるというのはどうでしょうか?

その理由は、やはり子どもたち個人の成長が一番大事だからです。集団としての成長があれば、個人としての成長はそれに伴うこともあるでしょう。

でも、伴うぐらいでいいのでしょうか?

ボクは最初から狙うべきなのは個人の成長であると思います。個人の成長が先にあって、そのために集団があるんです。この順番は非常に大事だと思うんですね。

個人の成長が第一になり、目標を集合体として捉えたから、この年の6年生は最高学年としても、素晴らしいクラスになりました。

個人の目標の集合体としての学級目標・クラス目標の作り方やデザインの仕方をこの年の子どもたちの具体例を述べながら、話していきます。

読んでほしい
  • 学級目標ってもっとシンプルに考えられないのかな?と思っている
  • 最高学年にふさわしい学級目標ってあるのかな?と探している
  • 今の学級目標にしっくりきていない

そんな方に向けて書きました!

初任者の方にも、こんな目標の作り方もあるんだというのを知ってもらいたいですね。いい意味で固定概念が崩れると思います。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/03/03_finaldata.png?ssl=1

あお

それではどうぞ!

これまでの目標の作り方はこちら!

プロモーション上

学級目標・クラス目標を作る理由を問い直す

terimakasih0 / Pixabay

そもそもクラス目標って必要なのでしょうか?

ボクらのクラスの話し合いもそこからスタートしました。

「いや、絶対必要でしょ!」

「でも、窮屈な気がしない?」

そんな本音の意見の中、進んでいきます。

ボクもこんな意見を出しました。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/03/03_finaldata.png?ssl=1

あお

ボク個人としては、一人一人を大切にしたいんだよね。クラスが先にあって、個が目立たないクラスじゃなくて、一人一人が際立つクラス…そういうの目指したいんだよね。

子どもたちとの話し合いはワイワイ続いていきます。

1つの目標をみんなで、1年目指すのに意味はあるの?

一人の意見をきっかけに、みんなも「うーん」と悩みます。

今まで当たり前にあったものを見直す」ってすごく大切なことだと思うんですよね。でも学校の中でもなかなかそれがない。言われたからやる、昔からあるものだからやる。

こういう当たり前に従うことを教え続けたら、この変化の多い時代に対応できるでしょうか。

ボクは、当たり前を疑い、どうしたら良いか一緒に考える先生でありたいなって思うんです。

学級は、チームというか共同体なんですよね。普段はバラバラでもOK。

でも何かあるときは一緒に動く。

お互いの大事にしたいものがあって、それをうっすら知っていて、一人一人がそれに向かっている感じ。

この状態をボクは自然だと思っています。

時には、大人から見たら不要なことにひたすら向かっている子もいる。それもOK。

子どもらしくいるってこういうこと。

先生の仕事はっていうと、

何か力をあわせる必要があった時に、

「オラー集まれー!」

って煽るんじゃなくて、

一つのことが決まったら、それにみんなが向かいやすいように、調整する役割。

どうでしょうか。

ボクはそんな肩の力が抜けた、でもなんか期待感を持たせるそんなクラスにしたいと思っています。

今のクラスはまさにそんなクラスだって、保護者からも言われてたね。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/03/IMG_3638.png?ssl=1

まーくん

6年生になると、こういう話もできる。

話し合いの積み重ねではなく、対話の積み重ねが方向性を決定していくんです。

学級目標・クラス目標のデザインが決定

TeroVesalainen / Pixabay

そんな中、一人の子からこんな意見が上がりました。

「個人の目標をそこに飾ろう。でもそれだけじゃなんか目標って感じしないから、みんなの個人の目標を集めて、何かの形になるようにしよう!」

「おぉーーーーーーー!!」

そこまでの話し合いがあったから、うまく納得できた瞬間でした。

それにしても子どもたちの発想は素晴らしい。ボクなんかの想像をはるかに超えていきます。

6年生の面白さってこういうところ

個人目標を集めて何の集合体にするかを話し合いました。

いくつかの意見の中から、最終的に決まったのは…

未来へ羽ばたく鳥 でした。

一人一人の目標は羽根に書こうということになりました。

すごいアイディア!

https://i1.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/03/IMG_3640.png?ssl=1

まーくん

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/03/03_finaldata.png?ssl=1

あお

先生としてもワクワクしました!

そして卒業を迎える時に桜が満開になるように、目標を進めていこうってみんなで約束したんです。

学校事情に合わせて学級目標の言葉を設定

Free-Photos / Pixabay

とは言え、行事ごとや卒業アルバム、PTAの卒業特別号などには、学級目標の言葉がしっかりと載っていることも考えると、やはり言葉も必要かなぁと子どもたちに伝えました。

「そうだよね、作ろう、作ろう!!」

ノリノリで応えてくれる子どもたち。

30分ほどで一つにまとめることができました。

笑顔の桜 輝く未来へ step up!

ステキな学級目標の言葉が完成しました!

学校事情に合わせていくことも大切だよね。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/03/IMG_3638.png?ssl=1

まーくん

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/03/04_finaldata.jpg?ssl=1

異端はいつも叩かれるからね…

 学級目標・クラス目標のエンジンは、ミッションとビーイング

学級目標として、昨年度作ったものとの違いを生みたいと考えていました。

先生の中では大切にされている

成長を視覚化して、子どもたちと共有したい

にはボクも賛成です。

学級目標を成長する何か、例えば「ひまわり」だったり、「海賊船の乗組員」だったり…

そういったものに設定することで、成長を可視化することができて、子どもたちとそれが祝えるのです。

そこにボクらは「ミッション」を取り入れることにしました。

ミッションはこの本に詳しく載っています!

達成できた分だけ桜に添えて目標を増やしていこうということになりました。

そして桜の幹の中には、行事で重ねてきた「個人の目標を達成するために、集団で大切にすること」を記入していきます。

最終的に、大切にしたいものは、白い桜で書いているもので、その桜をピンク色に卒業まで染めよう!という子どもたちのアイディアを採用しました。

いわゆる「ビーイング」というやつです。

ここまでの構想はすごくいいんですが…

問題点は、この桜を増やすこと自体が停滞してしまっていたことがありました。

ミッションを増やし、桜を増やすこと自体にいまいち価値を感じることができなかったようでした。低学年のビー玉貯金ぐらいのシンプルさが必要かもしれません。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/03/03_finaldata.png?ssl=1

あお

日常的に学級目標を無理なく走らせることが難しさでもあり、面白さでもあります。そこはまたチャレンジしていきます!

学級目標の当たり前を問い直す!

今年度の学級目標から学んだことは次のこと。

目標からの振り返り
  • 個人の目標をうまく表現できたこと!
  • ビーイングと視覚化の相性はいいということ。
  • 違和感なく噛み合っていること。

しかしながら問題点は次のこと。

問題点
  • 子どもたちに目標が浸透していないときもあった
  • 先生側が桜を増やしていく手立てが足りない。

もっとシンプルなものにしていくことが必要なのかもしれません。

色々と学びながら学級目標やクラス目標について、もう一度考えていこうと思います。

ただ、学級目標やクラス目標を「個人の目標の集合体」として捉えるということに関しては、しっかりとした手応えを感じました。

クラスで1つを唱えるのが目標でなくていい

いつでも強く結び合っている必要はない

一度当たり前を疑ってみてはいかがでしょうか??

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/03/03_finaldata.png?ssl=1

あお

それでは良い1日を!

翌年にできた学級目標がこちら!

プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父家族 (男性、女性、男の子、男の子)|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください