子どもがネタ切れ、ネタ探しに困らない自主学習のいくつかのコツをご紹介!

おはようございます。

休日は家族とゆっくりできました。娘たちの成長がとっても嬉しい。

 

今日から「自主学習」をスタートしていきます。先生の立場から見た自主学習について話していきたいと思います。

 

自主学習って?

TeroVesalainen / Pixabay

 

家庭学習を、自分たちで選択して行う学習のことです。ボクにとって自主学習を初めて知ったのは、ナオトさんの本です。

 

 

 

 

 

実際に著者のナオトさんにskypeで色々と質問させていただき、相方のトミーと1年かけてじっくり向き合った年もありました。

 

この自主学習、奥が深い…

 

というか、いきなり「スタートします!見開き2ページね!」と言われたら…子どもや保護者にとってはどうでしょうか。

 

はっきりいうと、災難です。

 

しっかりと自主学習ができるレベルになるには、段階を追ってスモールステップで指導していかなくてはいけません。

 

でも日本中で、どのくらい「ほったらかしの自主学習」が行われているかというと、かなりがそうなんじゃないでしょうか。

 

ボクはトミーと数年にかけて実施して、お互いにフィードバックし合いながら、いくつかのコツを見つけたので、それを載せていきたいと思います。

 

二人でようやく「これでいいんだ!」と感じたのは、実施から3年後です。それぐらい、この実践って奥が深い。ぜひぜひじっくり取り組んでみて下さい。

 

子どものための自主学習!出しっぱなしにしないように。

まーくん

 

いきなり見開き2ページはやめよう!

13smok / Pixabay

 

スタートからそれは無理です。

 

与えられた宿題に慣れた子どもたちが、いきなり自分からやる姿には間違いなく変わりません。混乱を生むだけです。とはいえ、ボクもこういうことを普通にしてきた過去があります。

 

子どもが何をやっていいか選択するのに時間がかかるんです。

保護者

 

とたくさんの保護者に言われたこともあります。

 

「自分の学び」を選択していくのは大事なこと。ただ、いきなり全てをそうするのはよくないと思っています。

 

ボクのクラスでは、基本的には1ページは漢字練習です。こちらから、残りの半分をプリントで渡すことも多いです。まずはそれで慣れてから、徐々に1ページを「フリー」でやってくるように促しましょう。

 

そういうスモールステップを踏んだ上で、子どもたちは徐々に自分でやるべきことを考えることができるんです。

次のカレンダーもやるべきことを考える上では、子どもたちの手助けとなりますよ。

 

カレンダーと予定表の連携で、手帳の役割をもたせよう!

stevepb / Pixabay

 

これはトミーと考えた方法です。

 

 

元の本にも載っていない、二人で見つけた発想に当時はワクワクしていました。自主学習と授業との連携を図っていくには、やはり時間割との繋がりがあることが必須です。

 

 

 

上が時間割、下がカレンダーという風にしています。

 

どんなことが起きるかというと、

 

明日は算数のテストがあるぞ!だから、しっかりと自主学習で復習しておこう!

男子

 

金曜日に委員会があって、そこまでに歯磨きカレンダーを仕上げなくちゃいけない。だから水曜日と木曜日にはカレンダー作りを入れよう!

女子

 

こんな思考が生まれてくるんです。高学年で大事なのは、見通し。それが週単位でしっかりと行われるというのは重要なことです。そうすると、子どもたちが「何をやっていいかわからない」ということは激減するはずです。

 

 

努力の基準を客観的数値にしよう!

mohamed_hassan / Pixabay

 

本にも出てくる、自主学習カレンダー。これには「自分からできた」「30分以上できた」など、自分ができたことに合わせて「○」をしていく項目があります。この○は学級目標と連動しているとさらに面白く、音を奏でる「オーケストリ」が学級目標だった年は、音符をかくようにしていたこともありました。

 

この「○」の数が単純にモチベーションになるんです。子どもの考えや思考って、難しく考えすぎないのがいいと思うのですが、高学年でもこういう個数やシールがモチベーションになる子もいるから面白いんです。○の個数という客観的数値で見える形にしてあげることは非常に重要だと思います。

 

振り返る際の指針になるのであれば、きちっとつけていく必要があります。習慣づければ、まるをちゃんと描くようにな流ので、実際にやってみてください。

 

ノートを見るのはいつにするか。

ijmaki / Pixabay

 

これはかなり悩むところでしょう。いい加減には見れないし、かといって子どもたち同士でっていうのも、少し気がひけるんですよね。

 

 

ここはずっとボクたちも悩んでいました。2冊用意するというのは、放課後の仕事を増やすだけでナンセンス。そうではなくて、やはりその日のうちに見てフィードバックして返したいなぁと思ったきたんです。

今では、朝並ばせてコミュニケーションをとりながら見ていくシステムを構築しています。

 

個の信頼を育む「つながりづくり」①先生からの声かけ

 

このような形が今のところのベストです。

 

  1. 朝、算数の答えは自分で丸をしてもらうようにする(誰かのをコピーか?)
  2. 並んでもらって漢字学習を丸つけする。
  3. その際に、カレンダーにハンコを押して一言コメントで返す。

 

これで最近は回しています。

 

お家の方のサインを必ずもらってくること!

Bru-nO / Pixabay

 

これは必ずおこなってください。

 

 

高学年になっても、まだまだフィードバックは必要。プラスのフィードバックをもらえるように、学級通信等で、コメントの仕方をお願いしていきます。こちらもちゃんと伝えればいい形でやってもらえそうです。

 

カレンダーにサイン欄をつけていたが、それぞれのページにコメントをもらえるように、ページにコメントしてもらうようにお願いしています。

 

即時的なフィードバックがもらえることは、大事なことです。

 

 

 

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

 

学習指導のまとめ記事です!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください