先生が使いたいipad手描きアプリはこちら!

おはようございます。

 

最近ではipadの効果的な使い方がわかってきた「あお先生@aosenn」です。

 

Apple Pencilも買って、少し前に出た新型ipadproを買った皆さん、ところでそれ使っていますか?

10万円ぐらいかけて購入したのに、宝の持ち腐れ…なんてことはないですよね?

 

今日は先生が使いやすいipadのアプリについてご紹介します。

 

せっかく手描きペンを買っても、何に使うか迷いどころなんだよね。

まーくん

 

あお先生

すごく便利なアプリが2つあるんだ、今日はそれを説明するよ。

 

オススメしたいアプリはこの2つだ!

3dman_eu / Pixabay

 

GoodNotes 5

960円
(2019.01.20時点)
posted with ポチレバ

 

Noteshelf 2

1,200円
(2019.01.20時点)
posted with ポチレバ

 

GoodNotes5とNoteshelf2の2つです。(以下GoodNotesとNoteshelfと表記します)

この2つのアプリはアップデートも頻繁で、良くしようと切磋琢磨しあっている感もあります。あくまで個人的感想(笑)

 

有料で価格もそこそこしますが、購入して間違いありません。初めてApple Pencilを使うかたは、どちらかのアプリを購入すれば、きっとできることに感動するでしょう。

では一つ一つその特徴を見ていきましょう。

 

GoodNotesの魅力

 

ノートを書く画面になります。もちろん紙の書類は多数あり、上部を見てもらえばわかるように、多数のペンを使うことができます。(こちらはどちらのアプリも共通)

 

書き味抜群

 

何と言っても、GoodNotesの一番の魅力はこれ!

書き味が抜群にいいんです

色々なアプリを試しましたが、GoodNotesに勝るものはなかったです。とにかく書いてからのレスポンスが非常に早い。滑らかで本当に紙に書いているようです。

ボクのipadは、Proではなく普通のipad(教育用の安めのやつ)なんですが、それでも書いた後の遅れる感じはほとんどありません。

 

書き味は大きな要素です。GoodNotesの良さはアップデートのたびにそこに磨きがかかるところ。

 

Noteselfも…

1月のアップデートで、大幅に書き味が良くなりました。体感で大きな差は感じないかもしれません。

どちらも頑張っています!

 

iCloudを使うと便利

 

GoodNotesはiCloud関係を使うと、スムーズに共有することができます。iClousyncで、iPhoneとiPadのデータは自動同期されますし、MacからのデータもiCloud Drive経由で送ることができます。

 

大きなデータもiCloudを介して行き来できるので、教科書のPDFや資料もあっという間に入る…こういう使い勝手の良さもGoodnotesの魅力です。

 

GoodNotes5へのバージョンアップは神アップデート!

 

ごく最近、GoodNotesは4から5になりました。細かいところが改善され、痒いところに手が届いた感じです。

 

 

上部にたくさんのタブができることで、ペンの種類や色など、一瞬で変えることができます。また蛍光ペンの場合は自動的に線がまっすぐ引くことができるようになるなど、使いやすさが劇的に改善されました。

 

 

デメリット 写真を複数枚一気に入れられない

 

唯一のデメリットがこれ。

読書の時など、Kindleの画面をスクリーンショットして入れるのですが、一気に入れることができず、そこは不便だなぁと感じるところです。

 

本当、唯一と言っていい、欠点だね。

まーくん

 

 

Noteself2の魅力

 

年末のアップデートで書き味が追いついてきたNoteshelf。いくつかの魅力があります。

 

とにかくオシャレ!用紙の種類も豊富

 

びっくりするほどオシャレなのがこのNoteselfの魅力です。描きたいデザインにさせてくれる…見た目への強いこだわりを感じます。

 

あお先生

上の画面を見れば一目瞭然だね。アイコンもわかりやすく、押したくなるように設計されているのが素晴らしい!

 

でも、なんか使いにくいって言ってたよね。

まーくん

 

そうなんです。実はデザインは綺麗なんですが、使い勝手という面だと不便なところが多いんです。

 

写真だけをページとして挿入できない

 

これが大きな欠点なんですよね。GoodNotesの場合、写真はふた通りで挿入できます。

 

ノートに挿入する場合。

 

 

次のページに挿入する場合。

 

この場合、写真自体が丸ごとページになるんですね。

 

Noteshelfはこの2番目の使い方ができない。

つまりPDFなんかも丸ごと取り込めないんです。

 

教科書を取り込んで、一気に予習するなんてことができない。これは圧倒的に不便な点ですね。

 

 

Evernote自動保存は嬉しい

 

このアプリのすごいところは、ネットが繋がっていれば、Evernoteと自動的に同期してくれるところ。これは素晴らしい面です。

 

Evernoteを愛用しているボクには大変ありがたい機能です。バックアップを取る心配がないのは嬉しいことです。

 

 

先生の使い方として、オススメするのは…

niekverlaan / Pixabay

 

この2つを比較して、ボクが先生にオススメするのは、GoodNotesです。

人の使い勝手でDesignされているのは、GoodNotesの方だと思います。実際に使ってみるとわかります。使いやすさに基づいてデザインされているんです。

オシャレさではNoteshelfですが、細かな点を見ていくと、使い方までDesignしているGoodNotesの方がオシャレなのがわかります。

 

GoodNotes 5

960円
(2019.01.21時点)
posted with ポチレバ

 

少し値段は高いですが、勉強料だと思ってダウンロードしてみてください。iPadでここまでできるのか!と感動するはずです。

 

 

ただ、Noteshlfも今後、アップデートをしてくるはずです。

 

この二つのアプリの良さは頻繁に改良されていくところ。今後に期待したいです。

 

 

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください