長期服用だけじゃなく短期でも!「漢方」のすヽめ

おはようございます。

 

 

さて、今日も栄養ドリンクを飲んで学校へ…

そんな先生も多いんじゃないでしょうか。ボクも数年前までは、よくリアルゴールドやRedBull を買いつつ、学校へ向かっていました。。。

 

Alexas_Fotos / Pixabay

 

でも今は違います!

 

身体のためにもよくて、効果がある…そんなものを見つけたからです。

 

 

 

それは…

 

 

 

漢方!

 

 

それって、おじいちゃんとかが飲むあの「漢方」?

まーくん

 

青ちゃん

いやいや、漢方は身体に、とってもいいんだよ!

 

風邪薬をやめたい!

 

 

きっかけは風邪をひいたことからです。

 

近くにできた新しい内科は、いつも風邪を引くと錠剤を4種類以上。

なんか身体に悪そうなんです。

 

stevepb / Pixabay

 

青ちゃん

本当に4種類も必要なのかな…

 

せっかく治っても、また1週間後に同じ症状になることも。

 

 

もう少し身体の中から、健康的に治すものはないだろうか。

 

そんなふうに考えていました。

 

 

 

ふと、奥さんが

 

「漢方いいんじゃない?」

 

とアドバイスをくれました。

 

 

 

そこで試してみたのが、小児科医の漢方のお医者さんだったのです。

 

 

漢方処方のお医者さんなんで、最初は大丈夫かなと心配していました。ボク自身、正直「漢方」はおとしよりが飲む薬だと思っていましたし…

 

でも、

 

これがよく効くんです。

 

葛根湯が身体に効く!

 

まずは身体の冷えに効く漢方ということで「葛根湯(かっこんとう)」を処方。

 

これがすごく効きました!

 

ちょっとぐらい体調がいまいちでも、飲むとじわじわと効いてきて元気に過ごせるんです。

 

Skitterphoto / Pixabay

 

身体が喜びを感じています。

 

 

何より、薬によって無理やり押さえ込まれた感じがしない!

これが一番です。

 

 

漢方のすごいところは、予防にもなるところ

健康な時も飲むことができるんです。

 

普段から、体調を整えていきたいと考えていたボクにはぴったりだったのです。

 

 

漢方の新書より

 

 

さて、漢方について一冊の本から学んでみました。

 

 

処方量について

 

漢方ってこういう歴史があるんですね。だから今の処方量が少なすぎるということは知っていおいて損はないでしょう。

 

この著者は、「東洋由来からくる未知なモノ」という漢方のイメージは正しくなく、正しい処方によって、「様々な症状を治せる素晴らしいモノ」になるというとらえの転換を、何度も主張していました。

漢方の効能

 

 

僕はまだ葛根湯しか飲んでいないのですが、本当に様々な症状に素早く効いています。

 

漢方は、「2、3ヶ月飲み続けて効果が出るもの」…そういう先入観は捨てるべきかも知れませんね。

 

 

様々な部位に効く漢方

 

 

僕の場合、これが非常に多いんです。慢性緊張型頭痛。

 

体温が低くなることも原因なのかも…これに葛根湯が超有効!速効で治るのが本当にありがたいです。

 

 

小青竜湯もちゃんと処方してもらいました。

 

 

お医者さんの方が安く手に入りますよ!

 

 

こちらも試してみたい。

 

著者が実際に、日常的に飲んでいるものがあるそうです。

 

 

 

 

お医者さんに処方を受けながらですが、試してみたいのはいくつかあります。

 

注意

漢方は効き過ぎてしまうなど、個人の身体にとっては、マイナスに働いてしまうこともあるそうです。ボクのかかりつけのお医者さんでも、初めて飲む漢方の場合は、飲むテストをしてもらっています。お医者さんで処方してもらうのが一番です。

 

飲み方には注意しながら、お医者さんに相談して、長くつきあう薬になりそうです。

 

 

 

青ちゃん

それでは、健康に気をつけて、良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください