「たったひとつを変えるだけ」質問づくりは思考法だ!

おはようございます。

 

 

「質問づくり」については、今回の授業を通して、あれこれと悩んでいるところです。

 

 

昨年、友人のけんじを呼んでワークショップを開きました。今日はその時の気づきも含めてお伝えしようと思います。

 

質問づくりについて

 

この時、ボクはいくつかの課題をもってのぞみました。

 

  • 身につけるのに時間がかかる?
  • 質問を作った後が大事ではないか?
  • 焦点はどう絞る?

 

 

「質問づくり」の一連の流れは、次の通り。

 

 

再読するとわかるんだけど、一つ一つのステップに大きな価値があります。

 

質問を作ることは、価値観をすり合わせていくこと

 

特に(4)の「質問に優先順位をつける」ことでそれがよくわかります。

 

優先順位をつけるには、価値観のすり合わせが必要になる。

どれを残すのか、どれに付け加えて新しい質問をつくるのか…価値観をすり合わせていく必要があるんですね。

 

そのためには(3)の改善するステップも重要。閉じた質問と開いた質問の行き来が自在にできないと、「どれを残すか」に終始してしまいます。

閉じた質問の中に、鍵となる質問がある場合は、それを開いた質問に変えることで、良い質問が生まれることがある

その行き来が自在にできることによって、質問の価値が変わることがあります。書き換えは、良い質問を作れるかが鍵となることがわかりました。

 

優先順位づけの質問の種類で、先生主導が見える

 

 

「グループで重要だと思う質問を3つ選んでください」

「個人が重要だと思う質問を3つ選んでください」

 

 

この2つでは問い方が違う。次に個人の活動につなげていくなら個人のものを問えばいいのです。

また別の問い方もできます。

 

「自分がクラスにとって大切だなぁと思う質問を選んでください」
「自分が答えを得たい質問を3つ選んでください」
 「質問の焦点」「優先順位づけの質問」「その後のアクション」
この3つに教師の意図が出てくるはずです。そこは意図をしっかりともつべきなんだと言うこともわかりました。

タスクの前にどんな情報があるか練ること

 

質問が絞れた後は、このようにして、次のステップを話していくことがわかりました。

 

  1. 何を知っている必要があるだろう?(情報3つ)
  2. 情報を得るために何をする必要があるだろう?(タスク3つ)
この流れを間違いないようにしたい。

 

先にどんな情報が得たいかがあって、その後にそのためのタスクがある。これを逆にしちゃうと限定的になってしまう。

 

大人でもそうですよね、タスクは最後に決めるもの。得たい情報をはっきりさせることで、次のタスクは無数にある。

常に良いクラスっていうのは存在しない

 

今回の質問の焦点は「私のクラスは良いクラスだ」という焦点で、先生たちが質問づくりを体験しました。

 

4人で話しながら、自分が考えたこと。

それは常に良いクラスは存在しないってこと。

PAJの研修を前に受けた時のこと。

 

「個人個人が自分の目標を持って取り組む中で、ちょっと仲間に手を貸すっていうことはできるのか。」という問いを持ったことがあって、それを実際にアクティビティを通してやってみたときに、気持ちよく達成できたことがありました。

 

お互いの目標を知っていれば、自分の目標を大切にしながら相手の目標を手助けできる。「あぁ、個を犠牲にするする必要ってないんだな。」って納得した覚えがあります。

今回、話しながらそれを思い出しました。

個の成長が最優先。だけどクラスに手を貸す必要な場面もある。そんときに結果的に良いクラスになれればいいなぁって思うんです。普段は知らん顔の子も、普段から友達思いな子も、ある目標が生まれたときに、ちゃんと手を貸せる。。。そういう間柄がボクにとっては自然なんです。

 

これって初任校の時には全くなかった感覚です。

 

あの頃はいいクラスを作るんだって毎日躍起になっていたもんね。

まーくん

 

先生が「自分のクラスは良いクラスだ」って熱弁してても、じゃあそうじゃない状況が生まれたとき、すごく焦っちゃう。

そうじゃなくて、いざって時には力を合わせられるはずだよね、ぐらいがちょうどいい。ボクはいつもそんな風に思っています。

 

 

クラスでもやってみました!

 

4年生の社会科見学で、自動車工場に出かけるときのこと。質問づくりを実際に行ってみました。

 

社会科の授業では、「自分が10年後に乗りたい自動車」の機能を発表した上で、教科書で自動車工場の工程を確認し、質問づくりを行いました。

 

自ら学習へ取り組んでいく意欲、そして自ら学びの質問を考えることが、学習の価値を高めていきます。

 

 

質問の焦点を用意した上で、基本的なルールは4つ。

 

  1. できるだけたくさんの質問をすること
  2. 疑問形の形で書くこと
  3. 質問は発言どおりに書くこと
  4. 話し合ったり評価したりしないこと

 

4が一番難しく子どもたちは質問が出されるたびに「それは〇〇だよ」「そうじゃないんじゃない?」「でもさ…」などと、評価したり話し合ったりしがち…でもそれは排除して、ちょっとしたアイディアが繋がっていく可能性も含め、「質問のみを発言」していきます。

 

シーンとしている沈黙も、大事な塾考の場。

 

すごくスムーズに、たくさんの質問が出てきました。

 

 

 

その後、こんな風に、優先順位をつけます。この優先順位をつける過程も非常に重要で、話し合いのもとで一人一人の納得感をもって決まっていくことで、自らの課題となってくることがわかりました。

 

ただ、焦点が「工場見学で知りたいこと」では、弱いと感じました。

 

そうではないんだと、もう一回再読していきます。

 

 

 

総合的な学習の時間での授業

 

今、総合について考えています。

 

それは、インタビュー前の質問をイメージしていましたが、インタビュー後の方が面白そう。むしろ下調べをして、「ある事実」が質問の焦点になって、質問が深まっていくのかなぁと考えています。

 

アメリカで「質問づくり」の活動をしている方とお話する機会があったので、メールであれこれ聞いてみようと思います。

 

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください