授業研究にどう向き合うか

5 min 12 views
プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父家族 (男性、女性、男の子、男の子)|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おはようございます。

スマートニュースのピザMサイズ600円クーポン使い放題の衝撃に感動し食欲が止まらない「あお@aosenn」です。昨日は家族で、ジャガマヨとトロピカルを美味しく食べました。ボク史上最高に太っている冬です(笑)

さて、今日は「研究授業にどう向き合うか」ということについて書きたいと思います。

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3642.png” name=”まーくん” from=”right”]こんな記事書いているのに??[/say]

[card2 id=”311″ target=”_blank”]

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/04_finaldata.jpg” name=”あお先生” from=”left”]まぁまぁ、これは疑問を書いただけ。基本的なスタンスとしては、考えていることがあるよ。[/say]

ということで、これまでどう考え、どう向き合ってきたかを踏まえて、書きたいと思います。

注意点

ここでいう「授業研究」とは各校で実施されている重点研究会のことを指しています。ボク自身「研究発表」をするような学校にはいたことがありませんので、ご承知おきください。

プロモーション上

授業を見てもらうことの大切さ

すごく大事な点として、授業研究という手法自体については、変更しなくてはいけないと思っていますが、人に授業を見ていただくということは全面的に賛成です。

ボクでは気づかないこと、クラスの成長のために意見をたっぷりと言ってもらうことは大切。

独りよがりにならないために、自分の方向性を確かめるために、いろんな参加者の目で子どもたちを見てフィードバックをもらうために、授業を見てもらう機会は宝です。

https://i1.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/03_finaldata.jpg?ssl=1あお先生

そこはずっと変わらないんですね。

だから、区の市町村の授業も、合計5回も引き受けているわけです。

しかも、全て違う教科で(笑)

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3641.png” name=”まーくん” from=”right”]それって使い勝手がいい…[/say]

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/04_finaldata.jpg” name=”あお先生” from=”left”]こらこら![/say]

授業を見てらもう価値は、しっかりと感じているということです。

研究授業の締めくくり、講師の先生の話は正解?

授業を発表した後には、大抵「講師の先生の話」というものがあります。他校の校長さんだったり、教育委員会から来る指導主事の方だったりが、話をする場面があるのです。

ここは非常に難しいところなんですが、講師の先生の話も1つの解ぐらいで考えていていいと思います。

ボクは自分が授業をやった時の先生の話は非常にありがたいなぁと思いながら聞いています。他の人がやったらやったで、そういう考えもあるよなぁぐらいで。

「講師に何て言われるんだろう?」

は間違いなく不要です。言うことは人によって違いますし、言われることなんかは気にしすぎる必要はないですね。

あくまで1つの解として受け取るぐらいでいいのではないでしょうか。

この講師の話を最後に話すってのは、結構ボクは嫌いで、途中で入ってくれる講師の先生も最近増えてきていて、そっちの方がありがたいなぁって思うんです。議論の中に入ってきてもらえた方が一緒に話せますからね。

自分の中の経験値を貯める授業研究の価値

授業研では、経験値を貯めることを大切にしています。

https://i1.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/03_finaldata.jpg?ssl=1あお先生

そのために心がけていることを3つ挙げておきます。

自分のテーマを持つ

1つ目は、自分のテーマを持つということです。

自分としてこれをテーマにして臨むって決めるからこそ、自分に還ってくるものがあります。

ボクは、昨年度だったら「質問づくり」で取り組んでみました。どうしたら子どもたちの問いが充実するかをテーマにしました。

[card2 id=”1449″ target=”_blank”]

決してその授業だけで完結するものにはしないようにしています。今後のボクやクラスに活かすことを最大限に考えています。

手立ては具体的に分かりやすく

当たり前のことを「手立て」にしないようにしています。

指導案でもよくあるんですが、

「掲示して流れを掴む」

「振り返りを活用する」

なんてものは、手立てじゃないと思うんですよね。

[say]最近はこういう指導案が多くて…[/say]

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3640.png” name=”まーくん” from=”right”]手立てっていうか当たり前じゃないってことじゃ?ってことか[/say]

最近、どこの指導案見ても、この部分は御茶を濁す表現が増えている気がしていて…手立てなのか疑問に感じています。

だからここは具体的に「あぁここで攻めるのね!」ってことを大事にしています。

挑戦する

ボクが研究としてやりたいのは、1つの普段の授業を連続的に見るってことなんですが、なかなかその方向には動いていきそうにないので、少なくとも「1つの挑戦」をするようにしています。

正直、この年代になるとお茶を濁すこともできるのですが、そうするときっと全く学びがない授業になります。

https://i1.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/03_finaldata.jpg?ssl=1あお先生

ボクも過去に経験があります。

ですから、積極的に挑戦をしていきます。

今年度はこんな感じに

[card2 id=”5940″ target=”_blank”]

特活研で話し合いの授業をやること自体が大きな挑戦でした。終わった後にはたくさんの気づきがあり、やはりやってよかったなぁと思っています。

研究主任になるとして 意義のあるものにするには?

さて、最後にボクが研究主任になったとしたらで話していきたいと思います。

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3642.png” name=”まーくん” from=”right”]なることあんの?[/say]

[say img=”https://ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/04_finaldata.jpg” name=”あお先生” from=”left”]体育主任だからほとんどないよね。スタンスからしてもならないよね(笑)[/say]

なったらやってみたいことを想像してみるのはいいですよね。

テーマを持って長期的な授業交換や公開

1回の授業というよりは単元丸ごとだったり、他のクラスで何度かやってみたり、そういうことでの振り返りの価値が変わるんじゃないかtって思いました。

他のクラスで授業ってなかなか無いと思うんですけど、相手が違えばその時の反応がもちろん違い、その違いについて深掘りするってことも振り返りの価値につながります。

また単元丸ごとの公開でいうと、数回の授業のつながりや流れが分かり、こちらも議論していく価値があるはずです。

単元ベースで少なくとも授業は作りたいので。

[card2 id=”1145″ target=”_blank”]

いつもの授業を長期的な視点で研究はしてみたいですね。

教科担任制の研究をする

[sanko href=”https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53336090T11C19A2CR8000/” title=”小学校の教科担任制、22年度から本格導入 中教審方針  :日本経済新聞” site=”日本経済新聞 電子版” target=”_blank” rel=”nofollow”]

日経の記事にもなっているのですが、教科担任制の導入が決まりました。10年前に高学年でやったことがありますが、メリットもデメリットも両面があると思います。基本的には賛成ですが…。

この研究すればいいんですよね。ただ、本当に人数の確保がないとダメだと思っていますが。対処両方じゃ回らないんですよ、現場は。

どうしたら効果的に回せるのか。数回目の授業はどんな感じになるのか。変則的だけど学校として試してみたい形はあるのか。

この辺りは考えたいですね。

まとめ こんな授業研究にはしたくない!

いろいろ書いてきましたが、ボクがやりたくないのは、

こんな授業研究は嫌だ!!
  • 研究授業の時だけ、研究授業でしか通用しない言語でドヤるような先生にはならない。
  • 研究授業用の授業はしない。常識を疑う。
  • 子どもたちを置き去りにはしない。

ってことですね。

研究授業の時の研究会の喋りが異様にうまい人には魅力を全く感じませんでした。そこでドヤるのも大っ嫌いです。

真摯に子どもたちと授業には向き合っていきたいです。

こんな性格なので、研究主任をやることはまずないですが…。

プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父家族 (男性、女性、男の子、男の子)|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください