道徳の授業に使いたい!オススメの絵本5選

3 min 7 views
あお

あお

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する15年目の小学校教諭|子育てしてる先生なのに、ブログ書き続けて800日、月90000pv達成|今年度は育児を優先した働き方をしています|

FOLLOW

おはようございます。

個人面談期間中ですが、ちょっと風邪気味の「あお@aosenn」です。

さて、今日は道徳に使える絵本5作品を選んでみました。ボクは道徳の授業を絵本で行うのがとても好きなんです。

https://i1.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/03_finaldata.jpg?ssl=1あお先生

絵本が持つ力って、本当に大きいですよ!

それではいってみましょー!

絵本で道徳をするわけは?

Alexas_Fotos / Pixabay

道徳科として教科になったことで、指定の「教科書」も生まれた近年。

正直、この教科書、使いづらさもありますよね?

確実に言えることは、「価値が1つに絞られる」ということ。

1つのものに価値を絞ること、それも大切な場面もあるんですが、「道徳=そういうもの」と子どもたちに捉えて欲しくないんですね。

いろいろな見方に触れるような授業であってほしい、将来このことについて考えるときの種を蒔きたい、というのが正直な感想です。

ですが、道徳の「読み物」だけではなく「活用」という教科書まであることで、非常に狭まってしまう教材が多かったのも事実です。

この辺りのことを考え、教科書と絵本による道徳を並行しておこないました。

絵本による道徳」それによって子どもたちは多様な見方を養うことができます。教科書の教材以上に絵本の持つ力は大きいんです。

これは一度やってもらえばわかります。

事実、教科書の中にも絵本からの教材が増えていることからも、その力はいろいろな人に伝わっているんだなぁと思っています。

オススメの絵本①「たいせつなきみ」

created by Rinker
¥1,760 (2020/03/29 09:52:50時点 Amazon調べ-詳細)

この本は、ボクにとって一番のオススメの本です。

【amazonによる紹介文】

木でできた小人たちの村では、誰もが同じことに夢中になっていた。ほめたい人にはお星さまシールを、けなしたい人には、だめじるしシールをはること。だめじるしばかりベタベタはられたパンチネロは、外出するのもいやになってしまう毎日。そんな時、どちらのシールもはられていない不思議な小人ルシアに会う。すべてのパンチネロに贈る心を癒すメッセージ。

だめじるしシールを貼られないルシアは、どういう生き方をしているか。その生き方の源泉は自分たちを手作りで作る職人エリとの関係にあったのです。

さて、エリの元に向かうパンチネロ。

一体何が起きるでしょうか。

実際の授業では、最後のシーンで「だめじるしシール」がパンチネロからはがれる場面があるのですが、「どうして剥がれたと思う?」から話し合いが深まっていきました。

「自分を愛す」「自分を信じる」という自己肯定感の根源になるものについて、読むたびにエネルギーをもらう一冊です。

卒業させた学年も4年生の授業参観でこの本を読みましたが、何かあるたびに、読み返している子が多かった一冊です。

この本には続編もあるようなので、購入して読んでいきたいです。

オススメの絵本②「さかさま」

created by Rinker
¥2,115 (2020/03/29 09:52:51時点 Amazon調べ-詳細)

この絵本は保護者が読み聞かせの時間に読んでくれた絵本です。

それを教材化できないかと考え、即購入しました。

【amasonの紹介文】

「赤い星」と「青い星」の人々は、それぞれ幸せに暮らしていました。
しかし、しだいに隣の星からくる匂いや煙が気になってきました。
幸せな生活を取り戻すために、どうすればいいのーー?
親子で向かい合ってそれぞれの物語を読み、
そのあとひっくり返してもう1つのストーリーを読むという体験を通じて、
お互いの立場や主張について思いやり、考えることができる本です。

紹介動画もあります!

2つの世界の話を読み終えた後、「結末がこうならないためには、2つの星の人はどうすればよかった?」の問いで話し合いました。

「相手のことを知る」

「こうじゃないかなと考えてみる」

「自分が見えていることだけが全てじゃない」

そんな意見が多数出てきて、視点を変えることの大切さを考えることができました。

「こういったことで争いがなくなるね。」

なんていう国際的な視点にもつながる一冊です。

本当にオススメです。

早速この著者の別の物語を注文。

created by Rinker
¥1,980 (2020/03/29 09:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

絵本のオススメ③「わたしのせいじゃない」

created by Rinker
¥1,210 (2020/03/29 09:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも人権週間で扱うことが多かったです。

記事にしてますのでこちらをどうぞ![card2 id=”2718″ target=”_blank”]

オススメの一冊です。

絵本のオススメ④「ヤクーバとライオン」

created by Rinker
講談社
¥1,650 (2020/03/29 09:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
講談社
¥1,650 (2020/03/29 09:52:54時点 Amazon調べ-詳細)

6年生の道徳で今年度扱うことができました。

記事にしてますのでこちらをどうぞ![card2 id=”2284″ target=”_blank”]

道徳の教科書にも載っている本です。

オススメの絵本⑤「みえるとかみえないとか」

created by Rinker
¥1,540 (2020/03/29 09:52:55時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはヨシタケシンスケさんが、新書の著者とともに作った1冊です。

created by Rinker
¥836 (2020/03/29 09:52:56時点 Amazon調べ-詳細)

目が見えない人と見える人の違いについて捉えながら、それって少し感じ方が違うだけで普段の場面にもあるよね。そういう時って、同じところを探して共感して、違うところを面白がればいいよね!っていうメッセージが込められています。

https://i1.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/01/03_finaldata.jpg?ssl=1あお先生

2年生の人権週間で取り扱ってみました!

まだ2年生には難しかったかもしれませんが、どの学年にも読んであげたい1札ですね。

絵本で道徳を考えられる参考図書はこちら!

Alexas_Fotos / Pixabay

絵本の道徳については、読み聞かせと併せて、いくつかの本を参考にしています。

created by Rinker
¥2,029 (2020/03/29 09:52:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,760 (2020/03/29 09:52:58時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの3冊はかなり参考になります。非常に良い本に出会えたと確信しています。

created by Rinker
¥2,090 (2020/03/29 09:52:58時点 Amazon調べ-詳細)

新さんが訳した本、これも非常に良いですね。娘を育てる上でも視点をいただきました。

今年度は、読み聞かせを軸に学級経営をしています。

こちらに書きました!

[card2 id=”4553″ target=”_blank”]

[card2 id=”5674″ target=”_blank”]

読み聞かせでクラスにいろんな変化が起きてきました。あと1ヶ月、読み続けていきたいです。

[say]それでは良い一日を![/say]

学習指導のまとめ記事です!
[card2 id=”2193″]
あお

あお

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する15年目の小学校教諭|子育てしてる先生なのに、ブログ書き続けて800日、月90000pv達成|今年度は育児を優先した働き方をしています|

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください