ネタ切れ?やる気ない?自主学習・自主勉強へ取り組む子へのメッセージ!

おはようございます。

 

アジアカップ決勝敗戦に落ち込む「あお@aosenn」です。

 

今日は自主学習についてです。

こちらの記事は先生目線で書きました。

 

 

 

今日は子ども目線で、どのように自主学習に取り組むと良いか考えていき、お子さんに読んでもらえるようにまとめてみました。

 

大切にしたいのは、子どもの役に立ち、子どもが困らない自主学習です。

 

自主学習は何かとの掛け算で考えてみよう!

geralt / Pixabay

 

この発想って非常に大切。

何も考えずに取り組む、ページを埋めることは簡単。でも非常に残念だし、結果的に子どもの苦悩を生み出してしまう。

だからこそ、何かとの掛け算を考えて欲しい

 

× 最近の学習

 

宿題が教室での学習とつながっていることは、非常に大切なこと。

 

一度の学習では知識が定着しないんだ。

もっと知りたいことを授業中に調べられる時間は残念ながら多くはないでしょ?

 

この日は国会のことについて授業で学習。授業で学習したことと自主学習の内容を結びつけて書いている。

 

例えば

授業で写したところは見ないで書く。

調べられなかったところを調べて書く。

 

授業と結びつけることで、ネタ切れになる事は少なくなるね。

まーくん

あお先生

知識も定着するね!

 

つながりのない、暇つぶしだけの学習は辞めよう!

 

× 自分の興味があること

 

絵が好きだったらイラストについて学ぶ時間もすごくいい。

 

 

 

これからは、自分の得意を伸ばしていく時代。

弱みを克服することに重きを置きがちな小学校。

先生も親も、もしかしたら苦手なことを指摘してくるかもしれない。

 

苦手を克服するのは大事。

でもそれにたくさんの時間をかける必要はない。

何か言われるならしなやかに、自分の得意を伸ばそう

 

オール3、オール4の人が重宝される時代は終わりをむかえる。

 

これからは、たった一つの「5」があれば生きていける時代

人との違いを色濃く出し、強く見せることが大事になってくる段階。

 

自分の強みを磨きましょう。誰に何を言われようが。

 

ボクはこういう自主学習、大歓迎です!

 

× 最近の予定

 

これから、バレーボールの学習が始まるので、ルールの確認をしています。

 

今日、明日の学習だけではなくて、学年だよりなどを確認したり、1週間分の予定を出したりして、チェックしてみよう。

 

あなたは、

先のことを予想できると落ち着くタイプ?

初めてのことをするのが苦手な子?

少しでも自主学習で準備できると、学びに自信を持つことができる?

 

そういうタイプなら、ちょっと先読みしてみよう。

毎日がずいぶん楽になるかもしれない。

 

 

なんでも試して、自分の得意、苦手を知る

geralt / Pixabay

 

自主学習メニューについて、ボクはこんな風にして示しています。

 

 

ここに書いてあることなら、まずはなんでも試してみましょう。

 

試してみると自分の得意、不得意がわかってくる。

 

  • イラスト苦手だと思ってたけど、イラストにはまった先生(ボクのことです。)
  • ローマ字練習繰り返してたら、覚えてしまった子。
  • テストの間違い直しにじっくり取り組んだら、学力が向上した子。

 

実際に試してみないと、何が起こるかわからない。

 

自分は何が好きなのかと何が得意なのかも違うこと。

 

子どもは得意に注目するし、親もそういう声かけしちゃうけれど、

 

大事なのは何が好きかということ

ずっと続けられる何かが自分でわかっていること

 

それが見つかるといいなぁといつも考えて、先生も自主学習を出しています。

 

調べたことに、自分の考えを混ぜること

 

調べ学習はやって終わりじゃない、いつも自分のフィルタを通そう。

 

ボクも口すっぱく言っています。

 

あお先生

ここに、自分の考えが加われば、さらにいいと思うんだけど…

 

自分のフィルタを通して、感じたことを残しておくことが大事。写しただけだったら、コピーして貼る方が早い。

それで止まっているのが残念。

 

あなたが書いたことの全てがオリジナルじゃない。

でもあなたが考えたことは、自分で考えたなら全てが「オリジナル」。

 

少しずつでいいから、調べ学習には考えたことを残していこう。

その積み重ねは、きっと力になる。

 

 

自学は、複数混ぜてみる

mohamed_hassan / Pixabay

 

それでも何がやったらいいかわからない?

 

そしたら複数混ぜて自主学習に取り組んでみよう。

 

1つのことをじっくりタイプもいれば、そうじゃないタイプもいる。

 

ボクのクラスにも、たくさんのことを合わせて見開き2ページやってくる子もいるんだ。

 

一つ一つの学習の質を保つのは大事だけど、まずはいくつか思いつくことやってみよう。

 

 

そして周りの友達を参考にするんだ。

 

自主学習のシステム自体は、一人でやるものではない。

振り返りも必要だし、そこにクラスメイトとの振り返りが入ると、質はどんどん向上していく。

 

定期的にクラスの子と宿題について話す機会があることは大事だと思っている。

 

複数の組み合わせは、強いアイデアを生み出す。

 

一個にこだわることはないんだ。もっと自分を信じよう。

 

自主学習ノートに書くことだけが全てじゃない

 

書くことにこだわりすぎてないか?

 

たまにはこういう組み合わせも大切。

 

全部コピーはさすがにまずい?でも一部ならたいていはOKだ。

 

書く必要がないものは書かなくていい。むしろ覚えるために書くことが一番じゃなくてもいい。

 

だからコピーも大いに活用しよう。組み合わせると、キレイに見える(笑)。

 

コピーしたのを、みないで書いてみるなんてのもいい。

 

自由にやってみよう。アイデアを組み合わせるのは楽しいんだ。

 

まとめ

 

大事なのは一つだけ。

 

埋めれば、終わり。

 

そこからの脱却です。

 

 

それは誰も幸せじゃないし、意味がない。

自分の人生に意味がないものを作るのはやめよう。

 

時に意味がないことが必要な時もある。でも自分自ら作り出す必要はない。

 

意味をもたせることの方が、はるかに楽しい。

ボクもそうやって生きてきた。

 

自主学習から小さな一歩目を切ってほしい。

 

 

いつもと違うテイストでお送りいたしました。

まーくん

あお先生

困っている誰かに届くといいな。それでは良い1日を!

 

 

ボクの学級経営についてはこちらをお読みください!全員が日替わりヒーローになる!小学校の先生に捧ぐ、あお流「学級経営」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください