ブログを書く前、書いた後にやるべきこと「新しい文章力の教室」を読んで

おはようございます。

昨日は、1日大会役員で過ごしたのち、家族とビュッフェバイキングで食べ過ぎたあお先生です。

さて、ブログを書く上で素敵な一冊に出会ったのでご紹介します。ブログ本の中でも、かなり上位にランクイン(ボクの中で)した一冊です。

 

 

ブログを書く前、構成シートを作ってから!

congerdesign / Pixabay

 

何も考えずに、いきなり文章を書き始めていませんか??

 

ボクも最初はそうでした。

でも、学校で言ったら、この行為は何の準備もせずに授業を始めるのと一緒です。指導書片手にやるなんて、子どもたちは不幸ですよ。

 

「PCの前に座れば、勝手に文章が降りてくるって?」

 

ボクは天才ではありません。何もないところから書けるほど色々な引き出しがあるわけではないんです。そこで、ある程度の構成メモが必要になります。

 

この本では、その構成メモのやり方を詳しく説明してくれています。

 

  1. 書きたい内容を箇条書きで書く。
  2. 主眼(テーマ)を箇条書きの内容から決める。
  3. 順番と優先度を決める。

 

簡単に言うとこのようになります。

書きたい内容について棚卸しのつもりで、箇条書きをしていきます。

その後、それらを眺めながらテーマを決定します。主眼と言う切り口をしっかりと作ることによって、後の構成が変わってくることも、最近実感し始めました。

最後にABCで優先度を決めます。どこに重きを置くかと言うことです。

 

ちなみにこのブログの構成メモはこちら。

 

メモする時間とブログを書く時間を分けることで、朝は執筆に専念できることも実感しました。

 

構成の基本は「サビ頭」!

geralt / Pixabay

 

構成の時に大切にしたいことは、「サビ頭」による構成です。著者は8割の記事をこの「サビ頭」で書いているようです。

 

「大事なことから先に言う」

これは小学校の国語では、あまり習ってきていないことです。最後に持ってくることも多いかと思います。ただし、メディアやブログ等の記事では、別の話。最初に魅力的な一段落を持ってくるのです。

 

  1. 結論
  2. 問題提起
  3. 状況説明
  4. 付帯情報

 

そのような流れで、最初に結論を持ってくることを意識してみることにします。

 

ブログを書いた後、文章の読み直しで大切なこと

geralt / Pixabay

 

ブログを書いた後には実際に読み直してみましょう。

 

本の中で参考になった点がいくつかあります。

 

  • 重複チェック
  • 文末バリエーション
  • 時刻を混在させるテクニック
  • 漢字とかなのバランス
  • 点の位置

 

これらの内容については、ぜひ本を一読することをお勧めします。上記の5つだけではなく、実に詳細に校正のテクニックが載っていてるのです。折をみてボクも読み直してみようかと思います。

 

 

いかがだったでしょうか。

ブログを書く上で重要なことが詰まった一冊でした。ぜひぜひ読んでみてくださいね!

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください