娘を入れたい学校「ヒミツキチ森学園」募集要項発表!

おはようございます。

市町村の授業研をやり抜いてほっと一息。娘が発熱のため、学校と家を何往復したかわからない「あお@aosenn」です。1日ずれなくてよかった(笑)

さて、今日は「娘の進学」について真剣に考えてみようと思います。

友人

私立とか考えてるのー?

とたまに友人に聞かれます。

正直いうと、全く考えておりません(笑)

ボクの娘は公立の学校にものすごくフィットしています。15年働いてきたボクが思うのも怖いくらい、学校に最適化している娘です。きっと担任の先生の指導が素晴らしいのだと思います。

金曜日の夜に

早く月曜日にならないかなぁ。

長女

って言ってる娘です(笑)

でも、きっとこれから先、学校で苦しむこともあるんだろうなぁ。社会に出たときのズレを感じこともあるんだろうなぁ。そんなふうに思うんですね。

ボクらの世代ではなく、「これからの学校」を考えた上で、どんなところで過ごすことが幸せになるのか…

今日はそれを考えてみようと思うんです。

カリキュラムにワクワクする学校

ここがすごく大事だと思うんですが、その学校が「カリキュラムをどう捉えているか」です。

現状、通常の学校でもカリキュラムは作成されています。

しかしながら、その中身はというと、学習指導要領に則った「教科書会社」のデザインが基礎になっているのではないでしょうか。

学習指導要領は素晴らしい資料です。しかしながら、それをぶつ切りにして誰かが作ったものの上に載せたカリキュラムは、果たして目の前の子たちに合っているでしょうか。

そうか各学校が自分たちの教育のもと、つくっているわけではないもんね。

まーくん

あお先生

料理の材料は決まっているから、本来メニューを考えて食事を用意したいところ。でも先生たちも、食事のメニューまで決まっていると思い込んでいるのかもしれないね。

ここで間違っちゃいけないのは、現役の先生たちは、本当に熱心な方が多くて、ボクの周りもそういう熱意に溢れる先生ばかりなんです。

しかしながら必要とされているのは、もしかしたら熱意の方向を自分で決められる先生なのかもしれません。

学習指導要領を、目の前の子たちに合わせて、今の時代に合わせて、子ども自身がワクワクする自分の「ど真ん中」に合わせて作っていくのが、本当の学校なのではないでしょうか。

プロジェクトチームで動く、スピード感がある学校

さて、今の社会はどのようなチームで動くのが、いいのでしょうか。

今の学校はどのようなチームになるのがいいのでしょうか。

来春開校!ヒミツキチ森学園とその創立にかける想い

ここでも書きましたが、大企業でも少数精鋭のスタートアップでもなく、多くの人がプロジェクトごとに自律的に責任をもって動いていくチームこそ、これからの社会に求められているのではないのでしょうか。

「普段は別の場所で働いていても、気になるプロジェクトがあったら参加する」

「他の部署と有機的につながり、その一つ一つに決定権がある」

企業の方とお会いしたり、書籍で読む限り、そんなチーム、会社こそ強いなぁと。

たくさんの共通点!企業の人事の方とのワークショップ

学校もそうであってほしいですよね。

何年も同じメンバーがいいか、いろんなメンバーがコロコロと異動で変わっていくのがいいか、そのどちらかじゃないと思うんですよね。

先生であったりスタッフが、その時の自分を大事にしながら、この学校のために参加度を自由に選べるとしたら…

先生という枠を超えて、本物の建築家がいたり、デザインの担当者がいたり…開校に携わりながら、すぐそばにプロフェッショナルがいたりするとしたら…

そういう「本物の大人」がそばにいる学校、面白いと思いませんか?

イベントや企画が子どもの手で創られていく!

子どもたちが生き生きと活動する姿、見たいですよね。ボクも公立の学校でいろいろな形で取り組んできました。

子どもたちのすごい力を見ることができました!

長縄3分間の八の字跳び、最高記録を生み出した本番までのプロセス! 子どもたちと「最後の授業参観」を創る!

それでも、学校の外に飛び出して、社会とのつながりを自分たちで企画するという視点が今の学校には弱いなぁと感じています。

学校の枠を飛び出して、社会に触れる機会ですね。

そこには厳しさもあり、また喜びもあり、学ぶ機会が豊富にあるのだと思います。

学校としての稼働の幅のようなものを壊して、社会に出たときに自分で考え企画していく力。そういう力はどういう教育だと育っていくのでしょうか。

これは教えることではないと思うんですね。企画するためには、企画した経験がモノを言うはずです。

N高がそういう経験を積むためのいろいろな学びの場を用意しているのも納得です。

参考 N高等学校 | 通信制高校(広域)・単位制N高公式HP

では、今の学校の中に、自分のやりたいことを企画する機会はどのくらいあるのでしょうか。それが社会に出てまで役立つ体験というところまで高めるためには?

イベントや企画を子どもたちが社会に向けて創っている

ボクはそういうことをやっている学校を知っています。

その一つが「箕面子どもの森学園」です。

今読んでいる最新の本の中でも、それに触れられていて、感動しました。

きっとこの本も、もうすぐ届くはず。

ワクワクしながら読んでみようと思います。

神奈川にもこういう学校が生まれようとしている!

実はここまで読んでお気づきかもしれませんが、今、神奈川にも横須賀という地にこのような学校が生まれようとしています。上に書いたことが全部つまったステキな学校です。

それは「ヒミツキチ森学園」です。

参考 ヒミツキチ森学園 |ヒミツキチ森学園

学校の募集要項がこの度、アップされました。

参考 入学をご希望の方へ | ヒミツキチ森学園ヒミツキチ森学園

ボクの娘もこういう学校に通えたらと、ボクも微力ながらこの学校のお手伝いをしているところです。

神奈川に住んでいる皆さんにこの記事と、この素晴らしい学校の存在が届くことを祈って。

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください