先生の筆箱の中身を大公開!!

おはようございます。

雨がしとしと降り続く中、ようやくクラスも仕事も軌道に乗ってきました。ふぅーー。

 

さて今日は筆箱の中身を公開します。

 

実はボクは文具マニアなんですよ。一時期は本当にはまって1万円のボールペンとか持っていました。

 

 

万年筆は泥沼だと聞いたことがあるので、LAMYの軽いやつでストップしてからは、少し熱が冷めていましたが、手描きの学級通信に合わせて随分中身も変わったなぁと思ったので、記録しておこうと思います。

 

青ちゃん

先生の筆箱の中身を大公開です!

 

全てを入れる筆箱は…

 

 

土屋鞄の筆箱です。今は売られていないタイプみたいです。定期的にクリーム塗って、大切に使っています。

 

参考 ステーショナリー 土屋鞄製造所

 

 

筆記具について

 

書く道具についてご紹介。

 

メインで使うペン

 

これは事務仕事や、ノートへのコメントなど、日中メインで使うペンです。

 

パイロットへの信頼が厚いです。

 

ゲルインキのドクターグリップは子どものノートへの記述や、様々な書類にメインで使っていて、色違いを常に持っています。美容師さんがつけるような腰巻のようなものに、2本挟んでいます。

緑色のペンは使わずに、太さが違う赤のリフィルをさしています。丸付けにも大活躍。

 

フリクションの方は手帳用に使っています。ウッドのシリーズが濃く出て描きやすいです。普通の3色のものより「ウッド」が断然が描きやすくてオススメです。

 

文字を書く通信用筆ペン

 

そしてここからは最近購入した通信用の描くペンをご紹介します。

 

手書きの学級通信にチャレンジしてます!    イラストを学ぶ1冊、みちを学ぶ楽しさがある

 

今年度は、手書きの通信にチャレンジしています。

 

 

 

メインで文字を書く筆ペン。とても書きやすく文字が上手く見えるんです。しかもリフィルでインクがなくなっても詰め替えできるのがいい。一本300円ぐらいでした。

 

 

 

 

見出しはこちら。

 

 

 

硬筆でも十分柔らかい気がします。見出しの文字に最適。何本か使って、これが一番しっくりきました。

 

絵を描くペン

 

こちらは絵を描いているペンです。

まずは、Uーteacherに教えていただいた次の二本から。

 

 

 

こちらのあかしやの毛筆は、U先生イチオシだけあって、とても書き心地がたまらない。イラストとしても描けるし、墨色なので影にもいける。本当に魔法のペンだなぁって思います。

昔スラムダンクの井上先生が、バガボンドあたりから墨で書くようになって、ボクはこういうペンに心の底では憧れていたんだなぁと実感しました。

 

運動会の応援団の挿絵、ボンボンの流れる感じをこの魔法のペンでこの通り。

 

 

ボクにしては上出来!ちょっとずつ練習していきたいです。

 

 

無印のペンはデザインも最高。

 

参考 水性六角ツインペンクロ 無印良品 | 水性六角ツインペンクロ 通販

 

金曜日は無印良品週間が始まるので、メンバーなボクは10パーセントオフで購入しちゃおうかなぁ。

イラストはこちらの細字で書いています。

 

このペンも試してみる予定。

 

 

 

 

影や吹き出しなど、サブのイラストには、こちらのパイロットのペンもすごくいいです。

 

その他のこと

 

 

 

番外編でこちらも!

 

 

実は昔、トニーブザンの教員向けのマインドマップ講座を受けたことがありまして…

 

そこで勢いで買ったペンセット。10年ほど書き続けていますが、いまだにどの色も買い足したことがない優れものです。あの講座、無料に近かった気がして、子どものマインドマップの書き方のDVDまでついてきていた。

 

今年はそれで学んでみようかな!

 

 

ボクもイラスト、のんびり練習していきます。そして5月の運動会までは、のんびり発行していきたいと思います。とにかく今は手書きで描くのがとても楽しい。1年後には学級通信が見違えるように変わっているといいなぁって思います。

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です