先生と児童とのつながりづくり②「ファンレター」

今日は保護者との結びつきも視野に入れた実践「ファンレター」のこと。

 

この記事は…
以前の記事をリライトしたものです。ただ、今でも大切にしている実践なので…

 

ぼくが28年度、一年間やり通したことの一つである「ファンレター」の実践。元々は、ちょんせいこさんと、岩瀬直樹さんのこの本に「一筆箋」として書いてありました。

 

どうしてこの実践をするのか

一番大切なのは、「なぜこの実践を昨年度続けたのか」ですよね。

ぼくは「子どものFanであること」を大切にしたかったからです。その前の年は、子どもとの関係づくりが上手くいきませんでした。異動初年度、それまでいた学校が単級だったこともあり、そのままその時の流れを持ち込んでしまったのが大きな原因の一つです。

 

なんとかそれを変えようと、子どもたちとの距離感を見直し、少し(いやだいぶ。。。)近くなるようにしたいなぁと考えました。

 

ぼく自身が子どもにプラスの視点を持って接すること、子どもたちのことをもっともっと知りたい!と思い続ける先生であること、それを総して「fanであること」としました。そのための「fanletter」(ファンレター)の実践として取り組んだのです。

 

また、保護者と子どもと学校、三者の「つながり」を創りたいという想いもありました。ぼくはどうやら「つながり」を作ることに喜びを感じる人なんだと最近わかってきているんです。それも大きないいみでのDesignなのかなぁと思い、ブログの名前もつけています。

 

 

ファンレターの実践の仕方

 

丁寧に一人ひとりの毎日の振り返りをとることがこの実践の元になります。放課後振り返りを書き記します。その中に、一人ひとりの児童のよかったことや、困ったこと、光っている姿などなども書いていきます。

それを元に、ぼくは次の日の朝、一筆箋を書きます。色々試したのですが、一日4枚に落ち着きました。これを振り返りと誰に書いたのかを記した名簿を見ながら、偏り過ぎないように4人分を選んで書きます。振り返りがしっかりしていれば、朝15分ほどで書くことができます。

 

今では…
朝の時間を使うことなく、子どもと接している時間の隙間時間に書くことができるようになってきました。ただ忙しさと比例して時間がとれない日もあります。そこはこれからの改善が必要。

 

書いたファンレターはその日の朝、子どもたちが登校してハイタッチする時に、内容を話しながら「お家の人に渡してね」と言って渡します。

 

 

 

今年の実践では…
しずくタイプのファンレターです。道徳で「心の中の幸福のバケツ」の実践を行いました。

 

年間一人10枚以上、満遍なく渡すことはできました。

 

学級通信より強力なツール

 

ぼくは学級通信も今年度50枚ほど書きました。(最盛期は150枚ほど書いていた時期もあります。色々考えて今は週1回にしています。)

学級通信は全員に当てて書いているもの。

 

ぼくはそうではなくて、もっと個に寄り添いたい。

 

最近は全員よりも、個へのアプローチが、児童理解においても学習においても価値を見いだし、重点をおいている部分です。

 

ぼくはファンレターは、学級通信以上のツールだと思っています。学級通信もあるに越したことはないですし、すごい実践をされている方も知っていますが、僕にとっては価値が高いのはファンレターの方ですね。

 

子どもはどの子も、ニヤッとしながら嬉しそうにもらっていました。その笑顔で、親に渡す。親と子どもをつなぐ会話の種にもなると思っています。

 

返事は数枚いただいたぐらいです。でも通知表の裏のコメント欄とか、一年間のお礼のお手紙など、端々にファンレターに触れられたお話があって、嬉しかった。

 

子どもの良さが見えるように…

 

何よりも自分自身に変化があった。子どもの良いところが見えてくるようになった。

 

これが一番大きいです。どこで書こうか、なかなか枚数が滞っている子には、その子にフォーカスを当てて一日を過ごすこともできました。

結局は自分が何に焦点を当てているか、どういう価値をもっているかが子どもの見方になっていきます。それをこの実践で大きく痛感しています。

 

最近、心のバランスを崩していた時期があってなかなか書けていませんでした。今日からまた、書いていこうと思います!

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です