先生としての教育方針③子どもが生き生きする学びをDesignする

おはようございます。

 

先生としての方針については、2つ、このブログにも書きました。

 

学級経営について

小学校の先生としての教育方針①「個の信頼の積み重ね」でクラスを創る

 

自分の実践軸について

先生としての方針②体験学習サイクルを軸とする

 

 

最後は学習のことについてです。今、自分が大切にしていること、考えていることを書いていこうと思います。

 

青ちゃん

これが一番書きたかった!

 

学習実践の過去

 

色々と取り組んできたからね

まーくん

 

そうなんです。

本当に色々と取り組んできました。

 

きっかけは初任の時、少人数で分かれた算数の授業、隣のクラスの女の子に言われました。

 

先生の授業ってつまらない!

女子

 

青ちゃん

……頑張るね

 

これしか言えなかったなぁ。悔しくて悔しくて。

 

 

でもこの一言で「やってやろう!」って気になりました。

 

 

無知なボクは、まずはインターネットでひいて、TOSSの存在を知りました。

 

 

そして授業実践してみて、手応えを掴みます。

 

青ちゃん

これなら子どもたちも、授業が楽しいって思えるはず!!

 

 

予想通り、授業が面白くなってきて、子どもたちの目の色が変わってきました。

 

影山先生の100マス計算やら、辞書引きやら、とにかく効果がありそうなものはどんどん取り入れていくことに。。。

 

「授業が面白い先生」という子どもたちの声も上がるようになりました。

 

 

でも、

 

青ちゃん

なんか違うなぁ。。。

 

 

ずっとその考えがくすぶっていたのです。

 

準備をしっかりして授業に臨むことは良いのですが、授業中もフルパワーで頑張っているのは先生であるボク、

子どもたちは、それを受け取るだけ。。。

 

ここに違和感を感じていたのです。

 

受け身の姿勢が気になっていたの?

まーくん

 

青ちゃん

そうなんだ、学びって受け取るんじゃなくて、自ら得ていくものでしょ?そういう自発的な姿が足りないんじゃないかって…

 

 

岩瀬先生の授業を見て衝撃を受ける!

 

 

そんな中、2年目のこと。同僚の誘いで、岩瀬先生の授業を見に行けることになったんです。

 

青ちゃん

今思うと、よく年休で授業見に行かせてくれたなぁ、当時の校長先生

 

 

もう12年以上前になりますが、当時の岩瀬先生の教室に見に行きました。

 

 

超満員のクラスでの国語の授業。

 

子どもたちの姿に衝撃を受けました!

 

 

なんじゃこりゃ!!

 

小学6年生の子どもたちが、自分たちが読んだ本について生き生きと語っているのです。途切れることなく20分の話し合いの時間が進んでいきます。

 

どうして子どもたちがこんなに生き生きしているんだろう…

 

 

自分が考えていた「自ら学ぶ」とぴったり重なる姿がその教室にはありました。そしてそれは、ボクの教室の子どもたちとは程遠い姿でした。

 

授業はブッククラブの授業でした。

 

 

 

 

青ちゃん

どうしたら、こういう授業ができるんだろう。

 

その後、本からも学ぶようになりましたし、岩瀬先生とともに学ぶ機会もいただきました。そんな中で、少しずつ子どもたちの姿に手応えをつかみ、実践していけるようになったのです。

 

自分の実践を丁寧に振り返り、記録を取るようにしていったのもこのあたりからです。

 

 

ワークショップ型の学習の虜に…

 

そこから、ワークショップ型の授業に取り組んでいきます。

 

ボク自身、2校目に移動して、ガシガシ実践を重ねていきました。

子どもたちは国語の時間は、作家の時間や読書家の時間として、生き生き書くこと、読むことに取り組みました。

子ども自身が学びを味わい、自発的な姿がそこにはありました。嫌いな教科の1位だった国語が、好きな教科の1位に変わったのもこの辺りです。

 

また、算数、社会では『学び合い』を進め、自主学習などにも取り組んでいました。

 

 

しかし、

歴代の校長先生には、丁寧にこの学習の価値ややっていることを説明するものの、理解してもらえはしませんでした。

 

そのうち、難しいクラスを持つことになり…

その時の様子は、こちらの記事をお読みください!

先生であるボクのプロフィールをご紹介!

 

とうとう「ワークショップ型の授業を控えるように」という話が出てきました。

 

色々と悔しさを味わったのを覚えています。

 

 

ただ、冷静に考えてみると、それは必要なことだったのかもしれません。

 

青ちゃん

目の前の子に合わせることなく、自分のやりたい実践をやってしまっていた。。。もっと子どもたちの反応を大事にして、やることを絞っていこう。

 

 

それ以降は、ボク自身、やりたいことと、子どもの様子のバランスをとって行うようにしています。

 

 

 

今のボクが大切にしていること

 

ボクは、学びにおいても体験学習サイクルを活用しながら、実践は絞って行うようにしています。

 

体験学習サイクルはこちら!

 

そのために、どの単元でも、学習する上で大切なものは何なのか、評価はどうするのか、子どもたちにつけてほしい力は何なのかをはっきりさせたDESIGNをして臨むようにしています。

 

DESIGNについてはこちら!

その日暮らしからの授業から脱却しよう!「単元DESIGN」

 

詳しくは、上の記事を読んでいただければ、ボクがどのように学びを進めているかはわかってもらえると思います。

 

 

 

 

また、ボク自身が、D-OODAのモデルで毎回の授業を組み立てることは意識しています。

 

DーOODAって? 

学校教育に必要なのは、PDCAではなくD-OODAモデルだ!

 

そして個の力だけではなく、クラスやグループの力をどう生かすかは常に意識しています。

 

 

学年、学校全体のバランスをとって、一斉授業も行いますし、ワークショップ型の授業を行います。

 

その時々にベストなものを、目の前の子どもたちに合わせて選択し、進めているところです。

 

今年の6年生の学び合いも、だいぶ活発になってきたので、後期は、ちゃんと「学びの個別化」に進んでいけそうです。

 

長文、お読みいただきありがとうございました!

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください