先生をしているヒミツキチ森学園はこちら!

2018年度に読んだ本、部門別ベスト3はこれだ!

4 min 370 views
プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おはようございます。
昨年度、同じ学年を組んだ同僚が学園に見学に来てくれて、心から嬉しかったヒミツキチ森学園のあおです。楽しい1日でした。

今日は2018年度に読んだ本についての記事をリライトしました。今のつながりを考えながら、当時読んだ本についてまとめていきます。

あお

あお

今年度は、部門別でベスト3を発表します!

それではどうぞー!

まーくん

まーくん

プロモーション上

2018年度に読んだ本 教育書部門ベスト3

教育書、「先生のための本」について、年々減っていますが、よく読みました。こちらをどうぞ!

教育書 第3位 道徳読み

教育書部門 第2位 WONDERな教室環境のつくり方

U-teacherの一冊です。

教室環境について学べるだけではなくて、アイデアを刺激される一冊。

詳しくはこちらに書いたのでどうぞ!

あお

あお

悪く言う輩がいますが、ボクにとっては大切な友人です。

学校を面白くする発想がたくさんあり、たくさん刺激をもらいました。

翌年試した実践では、うちの学級にピタッとくるものもあり、学びになりました。

教育書部門 第1位 イン・ザ・ミドル

created by Rinker
¥2,640 (2021/01/17 00:48:59時点 Amazon調べ-詳細)

ズシリとくる重さに読み終えるか不安でしたが、一気に読みました。

この本の価値は計り知れません。

読書会を開いてもらったことで、しっかりと読むことができ、次年度へのイメージが膨らみました。

こちらにも記事を載せました。

記事見出し

2018年度に読んだ本 物語部門ベスト3

今度は物語の部門です。

頭使って読むことなしに読める物語については、寝室で読むことが多いです。

あお

あお

楽しく読む本を常に1冊持っておくことが、ボクの人生においてどれだけ重要か…。

さて2018年度のベスト3はこちらです。

物語部門 第3位 かがみの孤城

created by Rinker
¥1,980 (2021/01/17 11:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは読み応えがありました。学校に行っていない子どもたちが集まる「かがみの中の孤城」。一人ひとりの物語に触れながらその共通点を探していく…

ミステリーとしても、友情の物語としても、どちらでも面白く、物語の完成度は高かったと思います。

さすが本屋大賞!

物語部門 第2位 ツバキ文具店

created by Rinker
¥660 (2021/01/16 22:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

文具好きのボクにとってこの本の持つ雰囲気がすごく好きでした。

鎌倉にも行ってみたくなった一冊。

続編も読んでみたい!

created by Rinker
¥660 (2021/01/17 11:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

物語部門 第1位 明日の子どもたち

created by Rinker
¥847 (2021/01/17 11:03:48時点 Amazon調べ-詳細)

ボクが先生であることも関係していると思いますが、圧倒的な1位でした。

個人的に本屋大賞です。

部門を取っ払ってもこの本が2018年度の1位です。

それぐらいの価値がある一冊です。

あお

あお

文庫になっているのでぜひ教育関係者の方はお読みください。

記事見出し

2018年度に読んだ本 自己啓発書部門ベスト3

Pexels / Pixabay[/caption]

続いて、自己啓発書部門です。ボクにとっては幅広く読んだこの年、振り返ってみましょう!

自己啓発書部門 第3位 学校は行かなくてもいい

不登校を考える一冊となりました。色々な著名の方のエピソードもあり、とても参考になりました。

記事にしたのでこちらをどうぞ!

自己啓発書部門 第2位 おカネの教室

物語風でしたが、読み応えがある一冊でした。Kindleで読みましたが、折を見て読み返そうと思います。今年度はお金について学び、それが行動につながった本が多かったです。

あお

あお

実際に保険については、入り直しましたから。

自己啓発書部門 第1位 メモの魔力

created by Rinker
¥1,540 (2021/01/16 11:31:50時点 Amazon調べ-詳細)

最近読んだこの本です。

メモの取り方だけでなく、子どもたちのノートの取り方にも繋がるかなぁ。

書く思考法とも言えるこの方法、実際にボクも試しているところです。

2020年現在

今年の4月から、本格的にノートを取り始めました。メモの魔力の書き方でです。

Twitterなどを辞めて、簡単な思考でも、転用を考え深掘りすることができていて、既に7冊目。書いた項目は300を超えました。

ノートに書くことの有用性が、3年後に花開いた感じです。

まだ読んでいない方がいれば、是非どうぞ!

まーくん

まーくん

前田さんはこの本も素晴らしかった。

記事見出し

2018年度のランキングを見直してみて

この年に読んだ本も、確実にボクを形作っているなぁと思いました。

この辺りは再読してみようと思います。

created by Rinker
¥2,640 (2021/01/17 11:03:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥660 (2021/01/17 11:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

たくさんの本の紹介があったねー!!

まーくん

まーくん

あお

あお

2020年、読書数が下がってきているので、今年も頑張ります!

その他の年の読書まとめ記事はこちら!

あお

あお

それでは、今日も良い1日を!

最新の挑戦やメイキングは音声コンテンツやnoteの文章として、配信中です!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください