読んだ本は、「記録→アウトプット→管理」の3段階でまとめてみよう!

おはようございます。夏の読書が進む青ちゃんです。

 

皆さんは、読書した後、どのようにまとめをしていますか??

 

Free-Photos / Pixabay

 

ボクもこの問いについては散々迷いながら、いろいろと試してはやめ、試してはやめ、を繰り返しているところです。ただ、何年も続けているうちに、だいぶ形にはなってきました。

 

今日はそれをご紹介します!

皆さんも読書後の自分のスタイルを振り返り、自分らしいスタイルを築いていってもらえればと思います。

 

1 記録する

 

 

ボクは紙の本では、ペンで線を引きながら、特に振り返りたいところは、ページの端を折り曲げて読んでいくようにしています。

 

読み終わったら、手帳のメモページにまとめていきます。今回の手帳はメモ欄が243ページあるので、かなり余裕を持ってまとめることができるんです!

 

今使っている手帳についてはこちら!

 

先生のためのタスクマネジメント「ほぼ日weeks MEGA」使い方編

 

手帳欄にメモで書いたり、たまにはマインドマップにしたり…まとめるスタイルはその時によって様々です。

 

 

デジタルの場合だと、kindleからハイライトを引いたページを抽出して、Evernoteに保存します。

 

ハイライトからの抽出方法はこちら!

kindle voyage の衝撃!ハイライトをEvernoteに溜めていこう!

 

Evernoteについてはこちら!

先生のEvernoteの使い方・活用法を大公開!

 

改めて紙にまとめ直したい場合は、このあと手帳にメモすることもあります。この状態が第一段階です。あとで読み返せるように、工夫しながらまとめていく段階です。

 

2 アウトプットする

 

このあとを行うのがアウトプットです。

 

アウトプットというと、SNSやブログに投稿するのをイメージしがちですが、ボクの場合は、3つのアクションに落とし込むことを大事にしています。

 

 

どんな本でも、自分にとって有益な3つの情報に集約していく形にすることは可能。そうやって縛りをかけていくことで、思考を活性化させるのをねらっているんです。

 

例を出すと、最近読んだのはこの1冊。

 

 

ボクのアウトプットは、次の3つです!

 

  1. 価値観、ビジョン、信念で自分のあり方をまとめ直す→「ステイトメントを練りおなす
  2. 感情×行動を意識して、一人一人に合わせた指導→「所見とともに一人一人への夏以降の戦略を練る
  3. 辞めることを明らかにする→「この本を読んで、辞めることを確認、紙に書き出す

 

 

赤の太字で書いた3つのことは、たすくまにタスクとして入れておきます。こうすることで今すぐにではなくても行動に起こすことができるようになる…

 

これがボクのアウトプットの方法です。

 

その後、本当にTwitterやSNS等でアウトプット。反応を見たり、コメントからまた学びを得たりすることができます。

 

3 管理する

 

最後は管理です。

 

  • 1のまとめで書いた手帳のメモをスマホで撮ってEvernoteにも入れておく。
  • ブクログに書く。

 

上の2つのことをやって締めくくります。

 

 

ブクログについてはこちら! 

 

 

 

ボクの本棚についてはこちらです。よかったらのぞいてくださいね!

 

参考 aosenの本棚 (aosen) ブクログ

 

以前は読書メーターも使っていましたが、アプリとしての充実度、更新具合からブクログを使うようになりました。

読み終わって感想を書くと、Twitterへの自動アップロードもしてくれるので、オススメです。

 

 

まとめ いつかの自分に刺さるように

 

 

まずはその場で3つのタスクへアウトプット。

その後いつか読み返した時に、アイディアが生まれるように。

 

ボクはそこを意識して今のスタイルでやっています。

 

Twitterでリプをくれた @metchi0906  kana_sen さんのまとめ方

 

こちらも参考になりますね。ボクもamazonの書評は頑張って書いていきたい!

 

 

皆さんは読書の後、どのようにまとめていますか??よかったら教えてください。

 

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください