学年の先生たちがチームになるために、じっくりと対話しよう!

3 min 449 views
プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おはようございます。

このコロナウィルス流行での自宅待機にあやかり、カップ麺に詳しくなりつつある「あお@aosenn」です。ぶぶかの油そばが推しです!

さて、昨日はこの記事について、仲間が「実践したよ!すごく良かった」と報告をいただきました。学年で対話するってすごく大事なことで、この4月のスタートにすることに価値があるんですよ。

昨年度の対話の様子

今なら逆に時間がたっぷり取れる!

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/03/IMG_3638.png?ssl=1

まーくん

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2020/03/03_finaldata.png?ssl=1

あお

そう、休校の今を利用して、チームビルディングに時間をかけましょう!

今日はこんな先生に読んでほしいです!

読んでほしい!
  • 学年の先生たちと一体となって1年を過ごしたい!
  • 学年主任として学年をまとめたい。
  • 若手だけど、もっと働きやすい環境を目指したい!

早速いってみましょう!

プロモーション上

どうして学年の対話が必要か

geralt / Pixabay

さてこの時期にどうして対話が必要なのでしょうか。

それは、ボクらがチームになっていくためには、相互理解、相互尊重が必要になるためです。

この時期にかかる人間関係のストレス、それはよく知らない相手と一緒に行動することもかなりの割合を占めるのではないでしょうか。

ずっといる仲間と過ごすのは楽でも、やはりお互いに気を遣いあい、緊張するもの。それを抱えたまま児童との出会いに突入するよりかは、その壁を少しでも下げられたらと思いませんか?

お互いを知ることで、相手の壁を少しずつ下げるような言動を行うことができます。お互いに相手の壁を下げ合うことで、自分の壁も下がっていきます。

この辺りはPAの考え方が詳しいです!

記事にもしたよ!

相手を理解するために、聴く姿勢を大事にしながら対話すること

チームになる第一歩として、そのことが必要になってくるのです。

どうやって学年の先生たちと対話するの?

Free-Photos / Pixabay

さてどのように対話を進めればいいのでしょうか。

ボクは尊敬するKUWAMANさんの実践を元にシートを作ってみました。

このシート本当に素晴らしいです。

項目が秀逸!

お互いの相互理解や自己開示を促してくれます。ただ対話じゃなくて、こういう対話のもとになるものがあることで、話しやすい状況を作ることができます

ボクはこの4年間、常に遠足の下見(下検と言います)の時に対話を行うようにしています。

面と向かって話すのも大切、ただ歩きながら話すことで、なんとなく初めての間柄でも話しやすくなるんですね。

目を見て話すと言いにいくいこともあるからね!

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/03/IMG_3638.png?ssl=1

まーくん

何かを一緒にしている時って、お互いの壁を少し下げることができます。ただ向き合うよりもハードルが低めです。

一緒に歩く、同じものを見る…そう言う時間がまた対話しやすい雰囲気を作ります。

学年で対話したことで得られたもの

毎年学年の対話をやって、本当に良かった。

色々な誤解が一気に解けたんです。

普段言えないことが言えたこと。

これが非常に大きい。カミングアウトとまでは言わないけど、普段仕事していると言いにくいことってあるじゃないですか。

例えば、ボクが小学生の頃、不登校だった話。

こちらをあわせてお読みください!

でも対話の中ではお互いが少しずつしていけるんですね。そうすることで話す壁が下がっていき、いくつかの大きなことを仲間に話してもらえたこと…これが非常に大きかった。

また、互いに違いはあるものの、共通点を探して喜べたこと。これも大きかった。

共通点を見つけた時に、相互理解が進み、相互尊重したいと思う雰囲気が生まれるように思うんです。

先日、6年生の終わりに道徳で扱ったこの本にもその良さが書かれていました。

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/29 09:22:26時点 Amazon調べ-詳細)

共通点がいくつも見つかった。全員B型とか(笑)

共感によってエネルギーが生まれたし、ボクたちが大切にしたい約束事がいくつか作れた。

これをビーイングにして職員室に貼っておきたいと思います。

学年の対話は、他の2つと組み合わせて本領発揮!

忙しいこの時期だからこその学年内の対話の時間。ぜひ、行ってみてください。

4月3週目にはプログラムデザインを学年で行う予定です。この対話とセットで行うと、一気に学年の先生団がチームになっていきますよ。

プログラムデザインについてはこちら!

そしてエンジンとなるのは、毎日の振り返りだということがわかりました。ぜひこちらにも挑戦してみてください!

対話を生かすための学年での振り返りはこちらを!

あお

あお

それでは、今日も良い1日を!

これらをまとめた学年主任についての記事はこちら!

プロモーション
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

カテゴリー:
クラファン挑戦中!

ボクが先生をしているヒミツキチ森学園はこんな学校です!

校舎も場所もここにいる人たちも、本当にステキな学園なんだね!

まーくん

まーくん

あお

あお

ここでグループリーダー(先生)として、過ごせて幸せです!
見学等でぜひ遊びに来てください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください