先生をしているヒミツキチ森学園はこちら!

小学生にオンライン授業!準備しておくと便利なグッズ5選

4 min 679 views
あお

あお

ヒミツキチ森学園の先生

プロフィールにもあるように新しい働き方、在り方を提案する先生|一般社団法人PLAYFUL|ヒミツキチ森学園グループリーダー兼広報|元公立小学校教諭、15年勤務全学年経験|ブロガーとして2020.3に月10万PV達成|コラムはnoteへ |2人の娘の父|横浜生まれ横浜育ち|ヨガ、筋トレ、早起き、5年間継続中

FOLLOW

おはようございます。
母の日、カーネーションを届けながら孫とのzoomセッティングを無事に終えた「あお@aosenn」です。家族でzoom飲みもいいもんですね!

さて、今日は「オンライン授業の便利グッズ5選」と題して、お話ししたいと思います。

オンライン授業、これから始める方、始めようと思っている方、何を準備したらいいのか困っている方もいるのではないのでしょうか。

今日はこんな方に届いてほしい記事になります。

読んでほしい!
  • Zoomなどのツールはなくてはならないものは準備できた…他に何かある?
  • スタートしものの何か物足りなさを感じている人
  • オンライン授業をこれから試してみたいので、どんなものが必要か考えている

ボクも約1ヶ月続けてきて、いろいろな物を試してみました。その中でこれはあると便利、いやなかったら授業が展開できない!と言ったものをご紹介します。

あお

あお

それでは早速いってみましょう!

オンライン授業に必要なツール・グッズってどういうこと?

さて、「オンライン授業に必要なグッズ」ってそもそもどんなものなんでしょうか?

Zoomとかバーチャル背景とかの景色のこと?

まーくん

まーくん

あお

あお

それも大事なんだけど、あくまでそれはPCの中でのツールのことだよね。

それ以外にもあるといいものがあるの?

まーくん

まーくん

オンラインって実はいろんなことに時間がかかるんですね

例えば、子どもたちに個別指導をしたいと考えます。

本来なら、

  1. その子のそばに行く
  2. そっと話す・聞く

で成り立つはず。

でもオンラインだと、

  1. ブレイクアウトルームに行く旨を本人伝える
  2. ブレイクアウトルームへの割り振りをする
  3. 二人がブレイクアウトルームに行くのボタンを押す
  4. ブレイクアウトルームで話す・聞く

というステップに増えてしまいます。

※zoomの場合、「ブレイクアウトルーム」という別れた部屋が個別指導に活用できます。

オンラインということで手順が増えてしまう分、サッと使えるグッズが便利に感じます

今日は100円均一でも手にはいるグッズを中心に、5つ紹介させていただきます!

オンライン授業で便利なグッズ① ホワイトボード

基本中の基本ですが、ホワイトボードはあると便利です。

特にこういうホワイトボード立てとセットであるといいですよね。

相手に伝えるメッセージだったり、今話したことを書いておくことだったり、活用方法は幅広いです。

立てかけておけば、

「次の時間は〇〇だよ!」

っていうお知らせにも使えます。

また「書いているところを見せる」ってことも1つのテクニックになります。
そこに何が書かれているんだろうっていう、集中の起点にもなります。

教室だったら、先生が話す場所を変えることで、集中の起点が変わります。ただ、オンラインだと、先生も場所を変えることができません。

画面の中で、いつもと動きを変えるなんていう変化が大事になります。

ホワイトボードは変化を生み出す道具なんだね。

まーくん

まーくん

オンライン授業で便利なグッズ② スケッチブック

同じくスケッチブックも大活躍です。

ホワイトボードは一時的なもの。

スケッチブックは保管可能なツールになります。

昔、ボクの大事な仲間であるひわちゃんがこのスケッチブックを授業で愛用していました。大事なポイントや再度掲示する可能性のあるものをスケッチブックに書いておくんですね。

ボクも真似させてもらって、体育の授業は一単元で1冊のスケッチブックを使っていました。

それにポイントも記録も評価も対戦表も書くなんて使い方をしていたっけ。

今では振り返りのための気持ちを表す言葉を書いて出すなんてこともしています。

これは便利な使い方!

まーくん

まーくん

あお

あお

保存可能な掲示物の代わりとして大活躍です。

オンライン授業で便利なグッズ③ お面

これはかなり重宝しているグッズです。

特に使うのはレクですかね。 

オンラインだからこそコミュニケーションのツールとしてレクリエーションは大事に進めているところです。

オンラインレクの記事も書こうと思っているのですが、一番の腕の見せ所は、画面をどう使うかというところ

画面から消えたり現れたりが一瞬でできるところがオンラインの面白いところですね。

プロジェクトアドベンチャーの中には、「たのもー」のように一人2役を演じるれくもあります。

プロジェクトアドベンチャー、鉄板レクはこちら!

その2役を演じるときに、お面は大活躍なんですね。

一瞬でその場の雰囲気を変えてしまうお面、ぜひオススメです。

ヒミツキチ森学園の子どもの中に大仏のお面を持っている子がいてね。サイコーだよね!

まーくん

まーくん

あお

あお

本当に一瞬で雰囲気が変わるので、試してみてください。

雰囲気変えるってことが、ずっと同じ画面を見ているオンライン授業では大事になります!

オンライン授業で便利なグッズ④ ボール

これは運動の授業などで使っています。

ボクは運動については、

  1. コーディネーショントレーニング
  2. 器械体操の基礎
  3. 親子でできる運動
  4. ヨガなどのストレッチ

という4部構成で行うことが多いです。

休校中の今、外に思いっきり出られない子どもたちが、いろんな部分を動かせるように研究中です。

この本オススメ!

created by Rinker
¥1,650 (2021/10/13 08:59:07時点 Amazon調べ-詳細)

その中のコーディネーショントレーニングでボールを使います。

ボールがあるといろんな動きができるので、1個あるだけで多彩なトレーニングになります。

ボールの代わりにクッションや新聞紙を詰めた袋をガムテープで巻いたものでもお用可能ですので、是非お試しください!

オンライン授業で便利なグッズ⑤ 振り返りカード(絵葉書)

ヒミツキチ森学園では、朝のサークルや帰りのサークルでその時の気持ちを分かち合うことが多いです。サークルでの対話は、まさに心臓部分、必要なものです。

言葉で話すことももちろん大事ですが、家にいるからこそモノを持ってきてもらいます。ボクはこのモノを持ってくるのがちょっと苦手でした。

あお

あお

もしかしたらボクと一緒の子がいるのかもね。

いろんな子がいるからね。

まーくん

まーくん

そんな時に振り返りのカードがあると便利だなぁと思いました。

具体的には数年前にお世話になったアメリカの実践者ジェニファーさんが使っていたカードがそうです。それに自分のお気に入りの写真を混ぜたものを教室でも振り返りに使っていました。

写真があるとボクは表現しやすいようです。

時にファシリテーターである自分がそうやってカードで気持ちを表すことで、他にもそういう表現が広がるかもしれません。

絵葉書や写真はあるお家も多いのではないでしょうか。

多彩な表現方法あるといいですね。

便利なツールを持つと、イレギュラーに対応できる。

でも、これらって必ず必要なモノではないよね?

まーくん

まーくん

あお

あお

そうなんです。でもオンライン授業ってのはトラブルがつきもの…

だって誰もやったことないってケースがほとんどなわけでしょ?

そんな時に落ち着いて対処できるのも、こう言った気軽に使えるツールがあるからですよね。

ぜひぜひ試してみてください。

あお

あお

ボクのブログ読んでくれる方にはiPadが好きな方もいらっしゃると思うので…

iPadも本当に便利です。

スケッチブックやホワイトボードの代わりになりますし、作っておけば、こういう枠も一瞬で出てきて、指導ができます。

PDFで送られてきたプリントを取り込んで赤ペン先生のように丸付けもできます。

iPad好きの方は、ぜひ活用してみてください。

iPadについてはこちらを!

気軽に、そして便利に使えるオンライン授業のグッズを紹介していきました。

何かの役に立つと嬉しいです!

あお

あお

それでは、今日も良い1日を!

クラファン に挑戦中です!

オンライン授業についてはこちらもどうぞ!

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください