先生は手帳をどう使う?「ほぼ日weeks MEGA」使い方編

おはようございます。

みなさん、手帳は何を使っていますか??

一人ひとりのニーズが違うために、自分にぴったり合うものがなくて、困っていませんか。

 

ボクはようやく、ぴったりあう手帳に今年出会うことができました。

その名も、「ほぼ日手帳weeksMEGA」。

今日はこの手帳について、書いていこうと思います。

 

 

昨年の「ほぼ日手帳カズンavec」の問題点

 

ボクの手帳術には、あれこれと長い歴史があります。

 

詳しくはこちらをどうぞ!

 

 

先生は手帳をどう使う?その歴史と「ほぼ日手帳カズン」の使い方をご紹介!!!

 

 

昨年は、分冊の「ほぼ日手帳カズンavec」を使用しておりました。

 

参考 ほぼ日手帳カズンavecほぼ日手帳

 

 

 

カズンが大きさ的にもやっぱり一番!

ただ重さがなぁ…

を解消してくれる素晴らしい手帳でした。

 

今年も使おうと、10月にほぼ日ストアで購入。

準備万端のはずでしたが…

 

新製品が、ほぼ日から登場!

 

参考 weeks MEGAほぼ日手帳

 

こちらが出てくると、カズンの問題点がいろいろと浮かんでくるのでした。

 

 

結局重くない?

 

分冊にして「軽い!」と思ったけれど、使っていくたびに「あれ?やっぱりカズンって重いな」と思ってしますんです。使っていくと、膨らんでいく手帳の宿命ですね。

 

この「あれ?」という違和感はなかなかとれず…

 

持ち運ぶ機会が多く、自転車通勤時にはその重さが命取りに…再び手帳に軽さを求めるようになったのです。

 

1日1ページの問題点

 

1日1ページ。ほぼ日手帳の代名詞とも言えるこの構造。書きやすいのですが、問題点がいくつかあります。

 

  1. 閲覧性が低い
  2. 1日の枠が限定的

 

1つめは閲覧性が低いところ。やはり情報が散ってしまうということです。

日々の情報を振り返る際に、まとめて考えたり、週単位、月単位の思考が必要となります。その際に、1日1ページだと、全てのページをめくっていかなくてはいけません。それよりかは、週ごとにまとまっていた方がいい…長期休みの振り返りを通じて考えたことです。

 

その日その日は大事だけれど、「手帳に書く」「振り返る」という視点においては、週単位や月単位を大事にしたいのです。

 

 

 

2つ目は、毎日の予習はこのページで済むのだろうか…という疑問です。この限られた枠の中で、デザインしきれるのか…枠が制限を生んでないだろうかという想いがわいてきたのです。

 

どうしていも1日1ページ以上のものは書けない。力を入れたい授業の予習だって、1ページという制限がかかるのです。こちらは、普段創っている教科ごとの単元ブックの中で、十分に予習するスペースを取れば、手帳に毎回書く必要がないのではないか。。。

そういう風にできそうだと、手応えをつかみ始めました。

 

 

 

 

少しずつ「ほぼ日weeks」へと、心が動き始めたのです。

 

 

LOFTへ視察!

 

昨日LOFTに行く時間が空いたので、家族を連れて楽しく視察!「ほぼ日手帳weeksMEGA」を見に行きました。

 

 

LOFTの限定版を見て、触ってみました。中身は素晴らしかったです。想像以上!

カラーは青い方が好きだったので、ネットに注文することに。

とうとう、今年の手帳が決定しました。

 

参考 weeks MEGAウルトラマリンほぼ日手帳

 

 

12月から使用可能!

 

驚くことに1ヶ月前から使用が可能なんですね。これも1日1ページではない利点です。早速12月から使い始めています。

 

 

ボクの使い方

 

細かく見ていこうと思います。

 

月のページ

 

月間のページです。

 

 

2017年の12月〜2018年の3月まで付いています。

4月始まりのない分、3月までというのが嬉しい!未来のこと、残しておかなくてはいけないメモ等残しておくことができるんです。

あまり使用機会がないこのページですが、ボクは主にログとして使用。週のページにある大切な情報をさっと引き出せるように、特に振り返る可能性が高いものを記述しておきます。

 

  1. かけた電話番号
  2. 特別なできごと
  3. 人とのやりとりの情報

 

 

予定としてはデジタルで扱っているため、大きなもの以外は書きません。

下の段にはこの月の目標を記入しています。

こんな使い方も面白いなぁと思っています。

 

週のページ

 

メインで使うページになります。

 

青色の□に主な予定を書き込みます。

赤色の□には、その日にやらなくてはいけないちょっとしたタスクを書きます。タスク自体はたすくまで扱っていますので、ここでは本当にちょっとしたものみ。「○○委員会、中休みに集まる」など、タスクにするまでもない、連絡事項などを書き込みます。

ちなみに予定後に発生したタスクはペンの色を青(ブルーブラック)に変えて書き込んでいます。

 

たすくまについてはこちらをどうぞ!

 

 

効果抜群!先生のためのタスクマネジメント②「たすくまTasukuma編」

 

右側の方眼のページは振り返りが中心となります。

 

簡単なメモ程度でこのページは書き、次にご紹介するメモのページに、清書をします。

また、週の振り返りは、週次レビューの際にまとめてここに残します。

 

週次レビューについてはこちら!

 

 

先生のためのタスクマネジメント「週次レビュー」編

 

 

3倍になったメモのページ

この方眼メモ、MEGAになってからは212ページあります。素晴らしい量!

ここは様々な使い方がありそう。清書する感覚でまとめていきたいと思います。

 

自分にとって学びを「清書する」という感覚は、カズンavecの時には無かったものです。

でも実はこれが一番しっくりきているんです。モレスキンのノートに清書していた時期があって、その時期の学びが、一番振り返ろうとしていました。それがずっと残っていて、いつかノートに清書するように手帳を使いたい!と思うようになりました。

それが今回の手帳を使うことで、かないそうです!

 

こうやってメモは、自分の思考を整理したり、統合したりするページになりそうです。

 

おまけのページも充実

 

2018年の目標をかけるページ。

 

早速書き込みました。

 

目標についてはこちら!

 

 

年始だから1年の目標を立てよう!大切な2つのポイントは?

 

 

何食べようか迷ってしまう!

 

 

まとめ 使い方は無限大!

 

2018年に入った今も、順調に使い始めています。

 

思ったより週のページに記録することは少ないかなぁという時と、足りないと感じる時があり、どう使い分けようかは試行錯誤中です。

 

MEMO

その後も順調に使い続け、半年たった今では、全く不満がありません。使い方もボクにフィットしています。

 

 

青ちゃん

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください