退勤記録は意味が無いなんて、バカげている!ログを取ることの価値

おはようございます。

 

僕の市町村でも4月から、タイムカードは退勤時も押すようになるそうです。

 

青ちゃん

出勤時だけ押すことがもはや意味不明

 

今までが出勤時だけだったのが未だに謎です。何を隠そうとしているのだか…って感じだったので、退勤時も押すことに対しては当然の措置だと思っています。

 

ただ最近ネット上でも、職場でも…

 

「退勤時に押しても給料は変わらない」

だとか

「退勤時に押すことの無意味さ」を熱く語っている意見もあるようなので、反論しておきます。

 

退勤記録に価値がないなんてバカげている!と。

 

珍しく熱いじゃないか!?どーした?

まーくん

 

その答えとなることとして…

 

記録を可視化しない限り、行動は改善されない

 

という大原則があるからです。

 

それってどういうこと?

まーくん

 

青ちゃん

順に説明していくね

 

可視化がいかに大切か

 

ログを可視化することは本当に大切です。

例を挙げると、私の日常的に行っていることは、たすくまというアプリを通じて、Googleカレンダーにこのように可視化されていきます。

 

 

 

自分の行ったことが可視化され残っていくこと、これを週に一度振り返っています。

赤が仕事、黄色が生活、緑が自己や家族のこととなっています。全体のバランスを考えて、今週は、来週は…とまたあらかじめタスクを打ち込んでいく必要があります。

 

「今週働きすぎたら、休日には休養や家族との時間をたっぷり入れよう!」

 

そういうこともログを振り返らないと感覚になってしまいます。もちろん感覚も大切ですが、ログのような客観的な視点もすごく大切です。

 

僕が尊敬する先生のひとり「ふたせん」さんもこのように挙げています。

 

参考 数字で見る2018年1月小学校教師ふたせんの朝三時からの教育現場

ログを取ることが改善する第一歩ですよね。

 

ログを残しているもの

 

睡眠については、ぼくはしっかりと可視化しています。

 

睡眠

 

 

うーん、今週は少し少なめですね。今日もぐっすり8時間眠るはずが、娘に蹴られて12時あたりに起きるし…。

 

睡眠のログの取り方についてはこちらの記事でどうぞ。

「Autosleep」、これはApple Watchを語る上で外せないアプリだ!

 

家計簿

 

こちらは次のアプリで管理しています。

 

参考 moneytreeitunes app store

 

クレジットカード情報も自動で入る優れもののアプリです。全資産が可視化されるのはとても怖いですが…。

touch IDにも対応しているので、セキュリティも安心です。

 

読書記録

 

 

こちらは総合的に見ると、ブクログがオススメです。

 

参考 ブクログ本棚webサービス

 

自分の月の読書が可視化されて、読書傾向が探れます。

 

行動に移すためのエネルギーに

 

このようにしてログを取っています。

 

ログを取り可視化することで、その記録を見て、自分の行動を取ることができます。ログを取ることが、行動へのエネルギーになるんですね。

 

今はログの自動化が楽になった時代。ちゃんと使うことで、僕の行動力をぐぐっと高めてくれます。

 

退勤記録も非常に大切なんじゃないかと思います。若手の先生がこれを見て、「どうしたら時間をかけずに効果が上げられるか」を考えて欲しいと思います。

 

青ちゃん

教育は効率より効果です!

 

効果が大切です。いくら早く帰っていても、生産性が高くても、効果が上がっていない先生は少なくありません。

子どもたちと接するときは効果を、それ以外は効率を。そして効果を生む、効率の良さを追究していきましょう!

 

青ちゃん

良い一日を!今日は教え子たちの一年間の成果を見に行きます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です