小学校の先生になって良かったこと

娘にUNOが勝てなくて、空の上でイラッとした「あお@aosenn」です。

何たるUNOの弱さ…というか娘強すぎ(笑)

さて、今日は最近の先生たちのツイートのこと。
先生のツイート、だいぶネガティブなものが多くありませんか?

ネガティブなものを煽れば、いいねたくさんつくしね!

まーくん

あお先生

でもそれって、なんかねぇ。どうなんでしょうか?

もちろん、働き方改革を含め、多くの改善すべきことはあるけれど、この職業はとっても尊いものだと思っています。

今日は15年目のボクが「先生になってよかったこと」を話します。

子どもたちにエネルギーをもらえる!


なんか先生って若々しい人多くありません?
40代、50代になっても元気な人が多い。それがボクが先生になったばかりの頃の印象でした。

それを自分なりに分析してみると…

子どもたちにエネルギーをもらえるってことが大きいんじゃないかって思うんです。

いろんなことにエネルギーを持った子たちが30人集まる、それは大きなエネルギーになります。その子たちの持つエネルギーに触れていると、こちらも元気になってきます。

先生だって一人の人間だから、後ろ向きになることもあるでしょう。

でも目の前にたくさんの笑っている子どもたちがいること、その子たちから得られるものって多いんじゃないでしょうか?

小さな成長を喜べる

「○○できるようになったよ!!」

自分の成長を嬉しそうに報告してくる子の多さといったら…子どもたちは毎日、いたるところで成長していきます。

言ってくれる子だけじゃなくて、こっちが小さな成長を見つけて、価値づけることもボクらの大事な仕事です。

子どもが思っている「成長」の幅ってなんかすごく大きいことだったりするんです。なんかの大会で優勝したり、行事で大活躍したり…

でもそんなにいきなりスーパーな自分になれるわけじゃありません。そうなるためには毎日の一歩が小さな大事になってきます。

そういう続けることの価値を伝えていくためにも、子どもたちの小さな一歩を喜べる先生でありたいと思っています。

給食の苦手なものが一口食べられるようになった。

宿題を忘れずに出せるようになった。

友達が一人増えた。

誰も気づかない、もしかしたら本人も気づいていないようなことに声をかけ、価値づけていく…

そんな瞬間を大切にし、一緒に喜べる人でありたいですね。

でも、大事なのは、「先生の見えている成長なんてほんのわずかのこと」って、ボクらがわかっていることなんですよ。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?w=880&ssl=1あお先生

ここを勘違いしている先生、多い気がします。

仕事で泣けることが多い

保護者との面談

大きな行事

卒業式




涙を流す機会というのが多いのもこの仕事の良さだと思います。

涙や感動が、人にもたらす影響ってすごく大きいですよね。心揺さぶられる「感動」や「ストーリー」にこそ大きな価値が置かれる時代になんて言われているこの頃。それぐらい個人の思いやプロセスって尊いものです。

ボクは先生になってたくさんの涙を流してきました。

別の職業の方の話を聞くことも多いですが、そんな職業ってなかなかないです。

得意なことを生かせる

次は職員間のことです。

ボクは自分自身のことをよく考えています。他人の犠牲にならないように、他人の時間の上を生きないように心がけています。

アドラーの考え方だね!

まーくん

その上で大事なのは「他者に貢献していくこと」です。職員室でも誰かの役に立ちたいとは思っています。できる範囲でですが…

ボクはもともと理系ですし、こうやってブログ書いていることからもパソコン関係で頼られることが多いです。WordやExcelに少しの知識があれば、「ちょっと、あお先生」と声をかけられることは多くなってきます。

職員間で、「他者に貢献できるライン」ってかなり低いんじゃないかって思うんです。

みんなプロだから、授業のこととか学級経営のことは頼られることは多くはありません。そういうことに価値を置いて学んでいくのは前提の上で、何か自分自身の武器になることを磨いていくのはどうでしょうか?

他の先生に頼られるレベルまでそこを磨くのは、一つの目標としてはありだと思います。

今後、キャリアを横にスライドしていくことも考えている方は、武器は多く作っておく方がいいですね。

夏休みがたっぷり!

これは、もう話す必要がないですね。

小さな仕事ややるべきことはありますが、ボクは今年も17連休です。

そ、そんなに!!

まーくん

心置きなくバカンスを楽しめるのも嬉しいですね。

これだけの休みがあると、学ぶ意欲も湧いてきます。長期休みのありがたさを感じらるのは、間違いなく先生になって良かったことの1つです。

まとめ:ポジティブな面も数多い!

いかがだったでしょうか?

少しでもこの仕事をポジティブに見て欲しいなぁと思います。

どうやってマイナスをプラスに変えていくかについては、こちらの記事で書きました。

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください