軸ずらし、スライド思考ってのが、どうやらいいらしい!

おはようございます。2期制最終日を迎える「あお@aosenn」です。どうやら今日が最終日の学校は近隣でうちだけらしく、間違えてんじゃねえかと疑っております(笑)

さて、今日は「軸ずらし」「スライド思考」ってのがいいらしいってお話をしたいと思います。

軸ずらし?それって何なのさー??

まーくん

あお先生

最近、入ってくる情報についてもこれをすると上手くいったってものが多いんだよね。

さて、順に見ていきましょう。

学びも軸ずらし・スライド思考で上手くいく!

ボクはいろんなことを「軸ずらし」することで学んできました。

初任の時から、社会との学びの接点を考えていて、日経assosie(現在は廃刊)などの雑誌を読みあさっていました。

特に手帳、PCスキル、タスク管理なんかは、外部の学びから学ぶことが多かったです。

この辺りで学んだことはこちらをご覧ください! 先生は手帳をどう使う?「ほぼ日weeks MEGA」使い方編 先生の生産性を上げる!GTDを活用したタスクマネジメント⓪

ここで大事なのは、他から学ぶスキルを「先生にも生かせないかな?」と軸をずらして考えること。軸ずらしで考えることは非常に面白く、自分の働き方以外にも学級に生かせるものがたくさんあったのです。

初任の頃には、本からしか知識を得ることができなかったのですが、実際にセミナーなどが近くで開かれることになり、学びの幅もうんと広がりました。

特に「ライフハック研究会」で、講師の佐々木先生、北先生から学んだことは、大変大きかったです。

参考 佐々木正悟 公式サイトサイトより 参考 Hacks for Creative Life! - ライフハックで明日をちょっぴりクリエイティブに -Hacks for Creative Life!

そこで習った「たすくま」、「ブログ」、「workflowy」は、その後学びに欠かせないものとなりました。

軸をずらしたからこそ、新しい学びをたくさん得たんだね。

まーくん

あお先生

そうそう、人との出会いも大きかったよ。地元で研究会が開かれるのも大きかった。

学校でも軸ずらしで貢献できる!

学校の仕事の中でも軸ずらしで貢献していることがたくさんあります。

ボクは学校の先生の仕事の大きな魅力の一つは、何にでもなれる、体験できるってことだと考えてきました

例えば、文化祭で劇をすれば劇場作家にもなれる。体育の道を極めていけばスポーツインストラクターにもなれる。

映像を編集すれば、映画監督にもなれる。

いろんな職業のことを、ちょっとずつ学んでいけるっていう感覚は初任校、2校目ですごく大切にしていて、楽しさを感じる瞬間でした。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?w=880&ssl=1あお先生

もともとそういう変化を好んでいるっていう特性はありますが。

教師っていう教える存在から離れたこういった瞬間もすごく好きで、スキルは色々見につけました。

映像編集や音楽編集など、PCを使いながらやることは、たいていできるようになったので、大きく同僚に貢献することができます。

こちらにも書きました! 非公開: 根回しなんか必要ない!学校の中で信頼を稼ぐ4つの方法

また、運動のことについては、身体の動きを分解したり、ヨガで柔軟性を磨いたり、呼吸のことについて深く知ることによって、多面的に学び、教えることができるようになりました。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?w=880&ssl=1あお先生

この辺りも軸をずらして学んでいるから、ってことですね!

転職も軸ずらし・スライド思考で

最近、転職に関してTwitterで活躍しているmotoさんの本を読みました。

motoさんは、自分の軸を少しずつずらしながら、年収を高める転職を繰り返すことで、理想の生活を手に入れている人です。業界や専門の軸をずらしながら成長していく転職には今注目が集まっています。

今読んでいる別の本からは、

「収入じゃなくて、何を学べるかで仕事を変えろ!」

というアドバイスもあります。

転職の世界でも軸ずらしで上手くいく人が今後増えていくのではないでしょうか。

軸ずらしの転職を、先生に当てはめてみると…

さて、今の転職の話を今の自分に当てはめてみます。こっからは先生の皆さんにも当てはまることなんで、自分ごとでお楽しみください。

軸をずらすにしても縦にずらすのか、横にずらすのかで違ってきます

縦にずらす場合は、例えば教務主任や管理職を目指すルートです。上の立場を経験することで、また学校の先生の仕事を違う視点から味わったり、責任ある立場で地域に貢献することができるでしょう。

https://i0.wp.com/ao-labo.com/wp-content/uploads/2018/04/490f6159dcd598927e243da3827a0fe3.png?w=880&ssl=1あお先生

ボクがこの話を秒で断ったことは内緒です。

ただ、上司や管理職のことは尊敬しております。

また上方向だけではなく、下にずらすことも可能です。例えば非常勤講師になることで、学校の職務を減らしながら、イチ先生としてやっていくということも可能なんだと思います。

ボクの友人にも何人かそういう人がいます。

次に横にずらしてみましょう。

職を変えることになるのですが、例えば私立の学校に行くことも一つの横ずらしですよね。大きくはズレないのかもしれませんが、色々とやれることは増えそうです。

または違うタイプの学校に行くこと。

シュタイナーやオルタナティブスクールなど、横にずらすことで、自分の教育観を変える経験を得ることができます。

さらに言えば「教える」を中心に塾業界に入っていくことも可能ですし、コンサルタントとして違う知識を得ながら働くこともできそうです。

motoさんの本にも書いてありましたが、転職の適切なタイミングは、「絶好調のとき」です。今の場所が嫌で動くことはあまり良い結果を生まないとよく言われていますもんね。

あお先生もどっかに動くの??

まーくん

さてさて、ボクがどんな風に動いていくのか…楽しみにしていてくださいね。

まとめ

今日のポイント
  • 軸ずらしは学びに有効!
  • 軸ずらしで学校にも貢献!
  • 軸ずらしの転職は先生にも当てはまりそう!

いかがだったでしょうか。一つの価値観、一つの専門性を極めていくことも大切かと思いますが、ボクはこれからの時代、「軸ずらし」を上手に使って幅広く学び活躍していくほうが、キャリア形成には有効なんだと思っています

実は公務員の仕事も、安泰じゃないんですよね。ボクらも本気でセルフブランディングしていかないといけません!

あお先生

それでは良い一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください