理念①「個の信頼の積み重ね」でクラスを創る

おはようございます。正月も早起きの感覚が戻りつつある青ちゃんです。食べ過ぎて飲み過ぎてるので自宅に帰った後は減量です。

さて、今日は「先生としての理念」についてお話しします。

 

ビジョンは最初の記事で話しました。

 

自分に力を与えてくれる「ビジョン」について

 

今日は「理念」についてお話しします。ビジョンをもうちょっと具体化したものが「理念」です。僕が先生をやる中での理念は次の3つです。

 

  1. 「個の信頼の積み重ね」でクラスを創る
  2. 体験学習サイクルを軸とする
  3. 実体験を伴う責任移行モデルの生き生きとした学びをDesignする

 

 

今日はその中で「個の信頼の積み重ね」でクラスを創るについて見ていきましょう。

 

どうして「個の信頼の積み重ね」でクラスを創るのか?

 

以前は、先生がぐいぐい引っ張ってクラスを創っていた時期もありました。その後、後ろから支える形でクラスを創っていた時期もありました。

 

少しプロフィール記事に書いたので、こちらもお読みください!

プロフィールを紹介します!

 

 

振り返ってみて言えることは、どちらも同じように「先生がクラス全体を引っ張る」形で、僕は考えていたことに気がつきました。

 

そうすると、何か違和感を感じるんですよ。こっちが手綱を持っていて、その手綱を締めたり、緩めたりしていることで成り立っているように勘違いしてしまう。

まとまりがあって団結して学級目標に一直線!成果ももちろんあがっている。

でも、どこか窮屈

 

そういうクラスを創り出していたのは、先生である僕自身でした。

 

しかも、個人面談等で話すときに、よく覚えている子とそうでない子がいる。

 

僕は本当に一人ひとりと話をしているのだろうか?

一人ひとりの成長を支えられているのだろうか?

 

自問自答の日々でした。

 

 

たくさんの実践を重ねる中で、ようやくわかってきたことがあります。

それは、

全体へのアプローチがクラスを創るんじゃなくて、個へのアプローチがクラスを創るんだということ。

 

全体指導は少なめにして、ひたすら個へのアプローチを繰り返した昨年の4年生、いざというときの団結力にも力がありましたし、何より日常がとても自然でした。子どもたちの表情が緩やかで、安心した表情で毎日を過ごしていること。

先生への信頼、お互いの信頼がベースとなるから、友達へもいろいろなアプローチができるんだ、とその時実感しました。

 

どうやって「個の信頼の積み重ね」をデザインするか。

 

こちらはいくつかアプローチしていく方法があります。僕がやっている実践は次の通り。

 

  1. 1日2回全員と話す!
  2. 振り返りジャーナル
  3. ファンレター
  4. ペア作り
  5. サークルタイム

 

 

4と5は全体へのアプローチとなりますが、最初は1〜3を大切に。4は年間通じて行い、それを生かして5のサークルタイムへと移行していきます。今のところそういう流れですね。

 

詳しくは別の記事をご覧ください。

記事へのリンクについて
こちらについては、新しいブログでリライトしていく予定ですが、今は過去記事へのリンクを貼っておきます。

 

先生と児童との「つながりづくり」①声かけ

 

参考

振り返りジャーナル先生のための働き方Design研究所

 

参考

ファンレター先生のための働き方Design研究所

 

参考

ペアづくり①先生のための働き方Design研究所

 

参考

ペアづくり②先生のための働き方Design研究所

 

参考

サークルタイム先生のための働き方Design研究所

 

ちなみに「少しやってみました」という実践では無く、いずれも数年かけて形にして、改善している実践です。

これらについてはまたの機会に詳しく書いていきますね!

 

今、クラスはどんな状態か

 

個の信頼の積み重ねで創っていくことによって、僕自身もクラスも非常に安心して過ごすことができています。

 

もちろん、問題は0ではありません。でも、解決に至るまでの道のりがスムーズだし、任せておいても問題を解決して言っちゃう強さが見られるようになりました。

 

ある子のジャーナル

僕は今日学校にいる時間がすごく短いように感じました。

それは面白いからです。

みんなでワイワイガヤガヤやってみたり、静かに勉強したり、やっと楽しく思えるようになったのに1年と少し過去の楽しい時間を過ごせないと考えるととても悲しいです。

 

でも少ない時間でも最後まで楽しい学校生活にしていきたいです。

 

 

この子は「学校がつまらない」と年度初めに話していた子。そんな子がジャーナルの中でこういう風に話してくれるようになりました。

 

今日は理念1について説明しました。

 

青ちゃん

ありがとうございました!他の二つについても記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です