先生と児童との「つながりづくり」①声かけ

理念のところで話した「先生とのつながりをデザインする」について書いてみます!

 

僕の4月のつながりづくり、昨年度からここを徹底しています。今年度も5年生ですが、ほぼほぼ同じように進めてきました。

 

野中信行先生という横浜の先生だった方が、「縦糸・横糸理論」でわかりやすくお話しされていますが、「縦糸」=教師との信頼関係があってからこその「横糸」=子どもたち同士の信頼関係が成り立つことは、その通りだと思っています。

 

参考

野中先生のブログ風にふかれて

 

子どもと教師の信頼関係が無いのに、友達同士には信頼関係がしっかりとできているというのは、なかなか無いことだなと。「縦糸」→「横糸」という流れは、大枠として言えるのでは無いでしょうか。

 

縦糸を紡いでいくために、自分が毎日の中で取り組んでいることを紹介します。

 

毎日2回のハイタッチ!

 

子どもとのつながりのスタートは、「ハイタッチ」を大切にしてきました。

 

朝と帰り毎日2回、子どもたちとハイタッチします。

 

朝は、宿題を出しながらハイタッチ。

子どもはぼくの机に宿題を持ってきて、自分で宿題のチェック表に丸をつけて帰っていきます。ぼくはその場で丸付けをして、子どもに返して「頑張ったね」の意味でのハイタッチ。同時に表情、具合等を確認しながら、何かしらの声をかけるようにします

 

宿題のない日は「土日何してた?」と質問して、子どもの話を聞いてからハイタッチ。毎朝続けました。

 

帰りは「振り返りジャーナル」を提出してハイタッチ!なるべく一日にあったことで、その子が輝いていたことを一言かけながらハイタッチをします。全員に声をかけるのは難しいので、「また明日」だけでもOK。お互いが無理の無いようにやっています。

 

注意
ハイタッチは学年にもよると思います。僕は4年生以下なら必ずやります。昨年度末に「もし5年生になっても…」っていうアンケートをとり、「続けた方がいい」が圧倒的だったので、今年もやっていますが、高学年は「接触が苦手な人は言ってね」と最初に話しておくなど、配慮が必要です。

 

全員と毎日2回話すこと

 

一番は、全員の子と話すことがいかに大切かを実感したからです。

実は教員2年目こんなやりとりがありました。

 

先生、忙しいと思うんだけど、毎日全員と、ひとり一言は話してください!

保護者

 

笑顔で保護者に言われたことがありました。

 

その時は「はい」と言いながら、正直「うーん難しいなぁ」と思っていました。物理的に無理だとそのときは思ったからです。それが理想だけど、現実には難しい…

 

しかし、今ではやり方次第でいくらでも関われると思っています。

 

そして当時は気がつかなかったけど、その保護者の方は、ぼくの子どもたちへの関わり方の少なさ、公平に関われていないことを優しく指摘してくれていたんだと思います。

 

ジャーナルを受け取る帰りには、時間がある時はその場で読んでコメントを返すこともあります。

 

 

効率より効果

 

少し前までは、宿題は提出ボックスに出してもらっていました。班ごとにきれいに整頓、全員出ている化は、班の人同士がチェックをします。

 

一見素晴らしい仕組みにみえるこの方法。

 

でも立ち止まって欲しいんです。

 

それは効率的になりすぎていないかと

 

僕も宿題の把握はしやすいし、子どもたちの時間を取らないんだけれど、先生との接触は0。そこには忘れた子が言いに来るというマイナスの関わりしか生まれません。

 

いろいろと経験してきて間違いなく言えること、それは、

子どもとの関わりは「効率ではなく効果」

です。数年前の自分に言ってやりたい(笑)。

 

実は若い先生はここを履き違えることが多いと思います。仕事が早いことがいいこと…そりゃそうなんだけど、子どもの前ではそれは違うぞと言うことが多々あります。

もちろんこれだけやればOKではないですよ

 

気をつけなくてはいけないのは、これだけやれば大丈夫ということではないと言うことです。

子どもたちのこと、一人ひとりを看取り、良いこと中心にフィードバックを常にしていく、先生が良いところを見ているよというメッセージを言葉や行動で伝えていくことが大切です。

 

また一週間じゃなく、1ヶ月でもなく、1年続けていくこと。この地道な取り組みをどれだけ続けていけるか…そこが肝だと思っています。

 

他の場面で先生とのつながりを創っていくために、僕は他にも次の2つの取り組みを行っています。

  1. 振り返りジャーナル
  2. ファンレター

 

それぞれの取り組みについては次回話していこうと思います。

 

青ちゃん

最後までお読みいただきありがとうございました!毎日2回、子どもと接していきましょう。続けることが大きな効果につながります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です